2020年08月03日

playlist - 8.2.2020

M1 : Omukae De Gonsu / Haruomi Hosono
M2 : Awful Pretty, Pretty Awful / Jim Campilongo
M3 : ’S Wonderful / Miharu Koshi
M4 : Last Tango in Paris / Gato Barbieri
M5 : They Can't Take That Away From Me / Beatrice Van Der Poel
M6 : Coffee and Cigarettes / Jazzinuf
M7 : Whispers In The Dark(暗闇のささやき)/ Love, Peace & Trance
M8 : Stoned Soul Picnic (Demoを含む) / Laura Nyro
M9 : Rhapsody In Blue / Brian Wilson & Van Dyke Parks



月のはじめの週は、細野さんの<手作りデイジー>です。
今回も音楽たっぷりの30分を。


Omukae De Gonsu / Haruomi Hosono


Awful Pretty, Pretty Awful / Jim Campilongo


Jim Campilongo Trio - at Rockwood Music Hall, NYC - Nov 14 2016


Pop 16 | Miharu Koshi



コシミハル/MOONRAY、CD/LP共に好評発売中!
https://lildaisy.theshop.jp

Last Tango in Paris / Gato Barbieri


Last Tango in Paris / Gato Barbieri


Fred Astaire and Ginger Rogers - They Can't Take That Away From Me


Coffee and Cigarettes / Jazzinuf


Thomas Newman - Whispers in the dark - The essence of music


Stoned Soul Picnic / Laura Nyro


Stoned Soul Picnic / Fifth Dimension


Brian Wilson and Van Dyke Parks - Orange Crate Art





選曲メモ:https://www.instagram.com/stories/hosonoharuomi_info/

01 Omukae De Gonsu / Haruomi Hosono
1989年2月9日に逝去された手塚治虫への追悼で、手塚るみ子さんプロデュースによるトリビュート・アルバム『ATOM KIDS〜Tribute To The King “O.T.”』が1998年10月26日にリリースされました。るみ子さんから依頼された際、キャラクターがとても好きだった「オムカエデゴンス(スパイダー)」を題材にしてつくった曲。
02 Awful Pretty, Pretty Awful / Jim Campilongo
ジム・カンピロンゴ(Jim Campilongo)はノラ・ジョーンズ(Nora Jones)のサポートで名を知られるようなったギタリストです。このインストは2009年のソロアルバム『Orange』の中の1曲。クレジットには「Chet Atkins style」と書かれてます。
03 ’S Wonderful / Miharu Koshi
2015年にリリースされたアルバム「MOONRAY」からの1曲。"’S Wonderful" はジョージとアイラのガーシュウィン兄弟の作品で、1927年のブロードウェイ・ミュージカル "Funny Face"でフレッドとアデール・アステアが披露した歌です。その後はジャズのスタンダードとなった名曲。
コシミハルのアプローチは今までにはない鮮烈な勢いがあり、プレイヤーの力量を感じさせます。
メンバーはPiano:フェビアン・レザ・パネ(Febian Reza Pane)/ Guitar:今堀
恒雄(Tsuneo Imahori)/ Bass:渡辺等(Hitoshi Watanabe)/ Drums:山口新語(Shingo Yamaguchi)。

04 Last Tango in Paris / Gato Barbieri
1932年にアルゼンチンで生まれたガトー・バルビエリ(Gato Barbieri)は、12歳の時にコルトレーンに影響されてサックスを吹き始め、後にローマへ移住し、その後米国で活躍、2016年に他界しました。1972年、ベルナルド・ベルトルッチ監督の映画『ラストタンゴ・イン・パリ(Last Tango in Paris)』の音楽を担当し、一躍名を馳せました。
05 They Can't Take That Away From Me / Beatrice Van Der Poel
1966年生まれのベアトリス・ファンデル・ポエル(Beatrice Van Der Poel)はオランダの女性シンガー、ライターです。1997年、オランダ映画『Gordel van smaragd』(エメラルドの帯)の音楽に参加したものがこのガーシュウィンの歌曲でした。この映画はオランダ人とオランダの植民地だったインドネシアの女性の話らしいが、詳細は不明。植民地を解放した日本兵の暴挙が出てくるのも複雑な心境で、ベアトリスの同名のアルバムには「ブンガワン・ソロ」や「蘇州夜曲」らしき歌も挿入されてます。"They Can't Take That Away From Me(「誰にも奪えぬこの想い」)"はジョージとアイラのガーシュウィン兄弟の名曲。1937年の映画『踊らん哉(Shall We Dance)』でフレッド・アステアが歌いました。
06 Coffee and Cigarettes / Jazzinuf
自分の映画「No Smoking」の時に「Coffee and Cigarettes」で検索していたら引っかかってきたのがこの音楽でした。Jazzinuf(ジャジーヌフ)は詳細が不明なローファイ+チルポップと言われるストリーミングが多いアーティストです。NYが拠点の韓国系アジア人だという情報も。アルバムの中でこの曲が何故か今のコロナ禍の都会にマッチするので、3月頃にはよく車で聴いてました。
07 Whispers In The Dark(暗闇のささやき)/ Love, Peace & Trance
1995年にEpic/Sonyの企画で生まれた女性3人のユニット「Love, Peace & Trance」を制作しました。小川美潮+甲田益也子+遊佐未森という魅力溢れるメンバーで、アルバムは1枚のみ。このアルバムでは亡き盟友だった福沢もろ君の楽曲もカバーしてます。「暗闇のささやき (Whispers In The Dark)」は1992年の未DVD化サスペンス映画で、音楽はトーマス・ニューマン (Thomas Newman)。ハリウッド映画音楽の中では作家性がある作曲家ですが、ニューマン・ファミリーの一員で、ランディー・ニューマン (Randy Newman) は従兄に当たります。この頃一世を風靡したTVシリーズの「Twin Peaks」にも共通する歌曲です。
08 Stoned Soul Picnic (Demoを含む) / Laura Nyro
ローラ・ニーロの出生名はLaura Nigroで、1947年にN.Yのユダヤ系家庭に生まれ、1997年に他界しています。1968年にリリースされた2枚目のソロアルバム、「イーライと13番目の懺悔 (Eli and the Thirteenth Confession)」に挿入されたストーンド・ソウル・ピクニック (Stoned Soul Picnic) は、フィフス•ディメンション (The Fifth Dimension) のカヴァーで大ヒットし、ニーロ自身のオリジナルも脚光を浴びました。ニーロの編曲は「フォー・シーズンス (The Four Seasons) 」のアレンジャーとして活躍したチャーリー・カレロ (Charles Calello)です。 ここでは前半にニーロのDemo Versionを編集しました。
09 Rhapsody In Blue / Brian Wilson & Van Dyke Parks
1992年当時、精神的な危機と格闘していたブライアン・ウィルソン (Brian Wilson) にアルバムを作る提案をしたのがヴァン・ダイク・パークスでした。それまで歌を忘れたカナリア状態だったブライアンが復帰するきっかけをもたらしたアルバムです。作・編曲など全てのパッケージを用意したのがパークスで、ブライアン・ウィルソンは歌うことが大事な仕事だったのです。出来上がったのが「オレンジ・クレイト・アート (Orange Crate Art) 」で、オレンジ色はパークスにとってカリフォルニアの原風景だということです。アルバムは芸術的すぎる?という評価で売り上げも伸びず、パークスは落ち込みました。しかしそれから28年後の今、そのリマスター盤が出たのです。そこには未発表の3曲が追加され、どれも素晴らしい楽曲ですが、何故当時は外されたんでしょうか。特に「ラプソディ・イン・ブルー (Rhapsody In Blue) 」はアメリカの魂のような音楽なので、これが復活したニュー・アルバムこそ完成品だと思いました。ちなみにアルバムのタイトルにもなった同名曲「Orange Crate Art」はパークスの傑作です。


告知コーナー



The Diggers (Keiichi Suzuki & Takashi Okada)
loves Sound Archives 01
Spotlight on the Columbia Symphonette
〜鈴木慶一・岡田 崇、
コロムビア・シンフォネットを探る〜
好評販売中!!

鈴木慶一&岡田崇監修日本コロムビアサウンド・アーカイヴ集シリーズ第一弾!
音楽遺産発掘ユニット・The Diggers(鈴木慶一&岡田崇)始動!
次世代に伝えたい音楽の魅力に迫る第一弾は映画音楽カバー集!

鈴木慶一と岡田崇が日本コロムビアの膨大なアーカイヴ音源から歴史に埋もれた“音"の数々に独自の選曲で光を当て、未来に伝達してゆくCDシリーズ。第一弾は、コロムビア・シンフォネットの演奏による名曲揃いの映画音楽カバーを厳選して収録。初CD化音源多数!!

<収録楽曲>
演奏:THE COLUMBIA SYMPHONETTE
01. 去年の夏《THEME FROM LAST SUMMER》
02. 太陽はひとりぼっち《ECLISSE TWIST》
03. デリカード《DELICADO》
04. ぼくの伯父さんの休暇《LES VACANCES DE M.HULOT》
05. 禁じられた恋の島《L’ISOLA DI ARTURO》
06. チコと鮫《TICO AND THE SHARK》
07. 太陽の下の18才《SUNLIGHT TWIST》
08. 北京の55日《55 DAYS AT PEKING》
09. わんぱく戦争マーチ《LA GUERRE DES BOUTONS》
10. 戦場の恋《MY HEART BELONGS TO YOU》
11. 第3の男《THE THIRD MAN THEME》
12. グリスビーのブルース《LE GRISBI》
13. ジェルソミーナ《GELSOMINA》
14. ヘッドライト《DES GENS SANS IMPORTANCE》
15. 地下室のメロディー《MELODIE EN SOUS-SOL》
16. 逢びき《LOVE AFFAIR》
17. 死ぬほど愛して《SINNO ME MORO》
18. わらの男《GIORNI E GIORNI》
19. 白銀は招くよ《ICH BIN DER GLÜCKLICHSTEMENSCH AUF DER WELT LIED》
20. パリの屋根の下《SOUS LES TOITS DE PARIS》
21. ブーベの恋人《LA RAGAZZA DI BUBE》
22. 夜は恋人《MEA CULPA》
23. アンナ《ANNA》
24. 悲しみよ今日は《BONJOUR TRISTESSE》
25. さよならをもう一度《GOOD BYE AGAIN》
26. 魅惑のワルツ《FASCINATION》

https://columbia.jp/prod-info/COCB-54297/



パーティー/終りの季節/KEEPON キーポン PV


“恐るべし10代!”KEEPON君のドーナツ盤
(HOSONO HOUSEから2曲カバー!)
好評販売中!!

“恐るべし10代!” KEEPON(16歳/高校1年生)初のドーナツ盤登場!
1973年に細野晴臣が発表した名盤『HOSONO HOUSE』から
「パーティー」と「終りの季節」をカヴァー!
自宅スタジオにてひとりで多重録音されたKEEPON(当時15歳)の音源。
その商品化にあたって、「パーティー」に細野晴臣自身が、「終りの季節」に久保田麻琴が
それぞれミックスで応援参加。
ARBAN Recordsがアナログプレスをコーディネート。
英ロンドン・アビーロードスタジオのマイルス・ショーウェルにより
ハーフ・スピードカッティングが施され、
話題の最新鋭のレコードプレス機“WarmTone”による国内プレスでお届けします。
ジャケットは、写真を『HOSONO HOUSE』も撮影した野上眞宏、
デザインを岡田崇が担当。
45回転7インチ・シングル盤+同内容のCDを同梱。
http://lildaisy.jp/keepon.html



ドラムやエレキ・ギターなどでは目につくようになった最近のマジカル・チャイルドには驚かされるが、それはただただ驚くばかりで後が無い。
で、ついに出てきたのがイマジネーションや創造性を持つ16歳の少年、KEEPONだ。
創造性は未来を繋げていく。それが楽しみだ。keep on going!
細野晴臣



KEEPON
まずこの芸名がいいね。
“生まれながらに”感たっぷり。
今回、ご縁で1曲ミックスさせていただいたが、
トラックをバラして聞くと楽器とのじゃれあいが半端ない。
思い出したよYouTube。
ミニエレキ・ギターかき鳴らしてビートルズ曲をロックしてた5歳の子!
その頃からもう音楽の精霊に取り憑かれてたんだね。

Keep on Truckin’, KEEPON!
久保田麻琴
posted by daisy holiday at 01:19| daisy holiday 2020

2020年07月27日

playlist - 7.26.2020

M1 : Pleocene / Shohei Takagi
M2 : C.E.R.O. / cero
M3 : Bottom of Tokyo / Wool & The Pants



今週は、ゲストにceroの<高城晶平さん>を招いての音楽夜話。
3月に予定していた収録がコロナ禍で延びて・・・やっと実現しました。
「pleocene」のカヴァー、ceroの楽曲などを聴きながら、
コロナ禍での過ごし方や東京暮らしについてお話しします。


Shohei Takagi Parallela Botanica / ミッドナイト・ランデヴー


Shohei Takagi Parallela Botanica 1st Album "Triptych" 【Official Trailer #1】


Shohei Takagi Parallela Botanica 1st Album "Triptych" 【Official Trailer #2】


Shohei Takagi Parallela Botanica 1st Album "Triptych" 【Official Trailer #3】






cero 3rd AL『Obscure Ride』 発売予告映像


cero presents "Outdoors" 【Trailer #1】


cero presents “Outdoors” 【Trailer#2】


Bottom of Tokyo


Bottom Of Tokyo #3
posted by daisy holiday at 02:00| daisy holiday 2020