2018年07月15日

playlist - 7.15.2018

M1 : Kangaru / Jóhann Jóhannsson
M2 : I Love How You Love Me / The Paris Sisters
M3 : Laura Palmer's Theme / Angelo Badalamenti
M4 : Rosemary's Baby Main Theme / Krzysztof Komeda & Mia Farrow
M5 : いつか夢で (Once Upon A Dream) / Lana Del Rae
M6 : Follow Me / John Barry



久しぶりの細野さんのワンマンDJで、ツインピークス・リターンズのお話から、
先日訪れたイギリスの話などを曲と共にゆったりと。


メッセージ(吹替版)


『ツイン・ピークス』DVD予告編


Dream Lover / The Paris Sisters


Angelo Badalamenti explains how he wrote "Laura Palmer's Theme"


Norman Mailer's "Tough Guys Don't Dance" trailer


ROSEMARY'S BABY [1968 TRAILER]


コシミハルさん公演情報!
コシミハルさんが芸術監督・音楽監督・特別出演を務める公演『フォリー・バレリーヌ「秘密の旅」』が、今週18日19日に渋谷区文化総合センター大和田 6階 伝承ホールにて行われます!
極秘情報によると、SWING SLOWやレイモンド・スコットの楽曲も使用されるとか!?
どんな振り付けになっているのか楽しみですね!!
是非、お誘い合わせの上、ご覧にいらしてください!! 
詳しくはこちらをご覧ください。



いつか夢で (Once Upon A Dream) / Lana Del Rae


Follow Me / John Barry


告知コーナー
ボー・ハンクスの業績、それはレイモンド・スコットの真髄を現代に蘇らせたことです。
廃盤になっていた名盤がこの日本でリリースされるとは、
(失われた秘伝のレシピが公開されるような、)
秘密めいた快挙です
細野晴臣

デイジーホリデーのリスナーにはお馴染みのアメリカの作曲家レイモンド・スコット。90年代からその再評価が始まりましたが、その一翼を担ったオランダの“ドキュメンタリー”オーケストラ「The Beau Hunks」による"カートゥーン・ジャズ"と呼ばれる30年代のレイスコ楽曲を原曲に忠実に蘇らせた名盤2タイトルを、リル・デイジーからリイシューしました。音源自体は配信・ストリーミングでもお聴きいただくことが出来ますし、1994年、1996年に発売された当初輸入盤で入手された方もいらっしゃると思います。リル・デイジーのCDは、CDというより本に近いかな。英語/日本語のバイリンガル仕様で両タイトルともブックレットの内容がめちゃくちゃ充実していて改めて読んでみて色々と再発見もあります。『火星人のどんちゃん騒ぎ』の方には、オリジナルのブックレットには掲載されていない脳波を音楽に変換する未来を予言したレイスコの新聞記事も掲載。レイスコの面白さを再確認させてくれる内容となっています。パッケージにまたお金をかけ過ぎてしまったので、少しでも直販で購入していただけると助かります。アマゾンや武蔵小山ペットサウンズ、京都・誠光社、渋谷タワーのパイドパイパーハウス、ハイファイ・レコード・ストアなどでも取り扱ってます。是非、ブックレットを読みながらレイスコのヘンテコ・ノベルティ音楽をお楽しみください!
リル・デイジーとは“daisyworld discs”の意志を引き継ぐべく、2013年に発足した小さなレーベルです。今後もデイジーホリデーでご紹介しているような“未知の音楽”の研究発表をCDのパッケージで発表していく予定です。お楽しみに!(岡田崇)

The Beau Hunks Sextette / LI'L DAISY promotion video


posted by daisy holiday at 16:12| daisy holiday 2018

2018年07月09日

playlist - 7.8.2018

M1 : 野ばら / コシミハル
M2 : Pasio / World Standard



ゲストに、World Standardの鈴木惣一朗さんを迎えての音楽夜話〜そのB(最終回)〜
鈴木さんが監修し、年内の発売を予定している「ノン・スタンダード・レーベルBOX」(仮)と「銀河鉄道の夜(完全盤)」の為に行ったインタビューの模様を3週にわたってお送りしています。最終週となる今週は、、、時系列で当時を振り返ります。


冬のノフラージュ / ミカド


Beyond The Blue Horizon / The Three Suns


コンタック600 CM


野ばら / コシミハル


本日話題の登ったコシミハルさんが芸術監督・音楽監督・特別出演を務める公演『フォリー・バレリーヌ「秘密の旅」』が、来週18日19日に渋谷の伝承ホールにて行われます!
是非、お誘い合わせの上、ご覧にいらしてください!! 
詳しくはこちらをご覧ください。
https://www.chacott-jp.com/news/mottochacott/others/detail004970.html

La Suno Kaj Dalio / WORLD STANDARD


はい、今週も冒頭にザ・ボー・ハンクス・セクステットのレイモンド・スコット・カバー集の告知コーナーをちらりとさせていただきました。
一家に1枚、ぜひよろしくお願いしま〜す!

ボー・ハンクスの業績、それはレイモンド・スコットの真髄を現代に蘇らせたことです。
廃盤になっていた名盤がこの日本でリリースされるとは、
(失われた秘伝のレシピが公開されるような、)
秘密めいた快挙です
細野晴臣

The Beau Hunks Sextette / LI'L DAISY promotion video

posted by daisy holiday at 02:00| daisy holiday 2018

2018年07月01日

playlist - 7.1.2018

M1 : メイン・タイトル(銀河鉄道の夜より) / 細野晴臣
M2 : ジョバンニの幻想(銀河鉄道の夜より) / 細野晴臣
M3 : Body Snatchers (Special Mix) / 細野晴臣



ゲストに、World Standardの鈴木惣一朗さんを迎えての音楽夜話〜その⓶〜
鈴木さんが監修し、年内の発売を予定している「ノン・スタンダード・レーベルBOX」(仮)と「銀河鉄道の夜(完全盤)」の為に行ったインタビューの模様を3週にわたってお送りしています。 2週目となる今週は、、、


銀河鉄道の夜 予告編


カレル・ゼマン監督「悪魔の発明」トレイラー


ボー・ハンクスの業績、それはレイモンド・スコットの真髄を現代に蘇らせたことです。
廃盤になっていた名盤がこの日本でリリースされるとは、
(失われた秘伝のレシピが公開されるような、)
秘密めいた快挙です
細野晴臣

はい、今週も突然振られてのザ・ボー・ハンクス・セクステットのレイモンド・スコット・カバー集の告知コーナー。いやはや・・
一家に1枚、いや2枚。よろしくお願いしま〜す!

デイジーホリデーのリスナーにはお馴染みのアメリカの作曲家レイモンド・スコット。90年代からその再評価が始まりましたが、その一翼を担ったオランダの“ドキュメンタリー”オーケストラ「The Beau Hunks」による"カートゥーン・ジャズ"と呼ばれる30年代のレイスコ楽曲を原曲に忠実に蘇らせた名盤2タイトルを、リル・デイジーからリイシューしました。音源自体は配信・ストリーミングでもお聴きいただくことが出来ますし、1994年、1996年に発売された当初輸入盤で入手された方もいらっしゃると思います。リル・デイジーのCDは、CDというより本に近いかな。英語/日本語のバイリンガル仕様で両タイトルともブックレットの内容がめちゃくちゃ充実していて改めて読んでみて色々と再発見もあります。『火星人のどんちゃん騒ぎ』の方には、オリジナルのブックレットには掲載されていない脳波を音楽に変換する未来を予言したレイスコの新聞記事も掲載。レイスコの面白さを再確認させてくれる内容となっています。パッケージにまたお金をかけ過ぎてしまったので、少しでも直販で購入していただけると助かります。アマゾンや武蔵小山ペットサウンズ、京都・誠光社、渋谷タワーのパイドパイパーハウスなどでも取り扱ってます。是非、ブックレットを読みながらレイスコのヘンテコ・ノベルティ音楽をお楽しみください!
リル・デイジーとは“daisyworld discs”の意志を引き継ぐべく、2013年に発足した小さなレーベルです。今後もデイジーホリデーでご紹介しているような“未知の音楽”の研究発表をCDのパッケージで発表していく予定です。お楽しみに!(岡田崇)

The Beau Hunks Sextette / LI'L DAISY promotion video


posted by daisy holiday at 18:00| daisy holiday 2018