2011年11月14日

playlist - 11.14.2011


Opening TM:Minute Merengue/Harry Breuer
M1 : A Song For A Beats/The Beatniks
M2 : Go And Go/The Beatniks
Ending TM : Harbor Light / The Three Suns


「2人の制作の仕方は、旅、放浪みたい。」


めずらしくゲストをお迎えしました。「高橋幸宏です。鈴木慶一です。2人でTHE BEATNIKSです。」細野さん(以下H): 2人でバンド組んだんだー。幸宏さん(以下Y): 30年前にね。(慶一さん(以下K):30年で5枚アルバムだしてます---Y: 慶一は本当に働き過ぎ、死に急ぎ K: 労働好きなんですよ H: ぜんぜんそうはみえないけどね〜 まずは、新譜【LAST TRAIN TO EXITOWN】の1曲目"A Song For A Beats" H: かっこいいねーBassが。Bassはぼくが弾いているんだけどね(笑) Y: 歌詞にホソノさんのこと「harry」ってあるんですよ。K:でも、あまり気がつかれないんだよね。 ところで、
H:慶一は、昔ひとりで暮らしている頃、「室内ホームレス」って言われてたよね。
K : 今は、全然違うんですよー

2曲目は"Go And Go "
Y: ラブソンングのつもりで作ったけど、ラブソンングに聴こえない
K: それは、男交互で歌っているから
H: 2人は、そういう関係(??)って思われたりしない?
Y+K: もうどう思われても大丈夫です。

H:この曲は、beach boysの新曲みたい
Y+K: こんなお言葉を頂けるとは、嬉しい限りです。

H: 2人の制作の仕方は、旅、放浪みたい。といっても弥次喜多ね。


posted by daisy holiday at 00:00| daisy holiday 2011