2012年11月21日

playlist - 11.19.2012


Opening TM:Minute Merengue/Harry Breuer
M1 : Light Up/Buster Bailey & His Rhythm Busters
M2 : Cuban Boogie Woogie/Bob Zurke
M3 : Fools Rush In/Tommy Dorsey & His Orchestra
M4 : Special Delivery Stomp/Artie Shaw & His Gramercy Five
M5 : Dinner Music For A Pack Of Hungry Cannibals/Bob Hamilton Trio
Ending TM : The Song Is Ended/Stanley Black


"Swingしなけりゃ意味がない"


岡田さん、ミハルさんと。(OpenningBGMを聞きながら)いつもと違うでしょ?先週から音源かえたの。前の音源がひどかすぎて(笑)最近の音源ってCDごとに違うからね〜。回転も違うよこれ、ちょっとアップテンポになってる。当時モノラルじゃない?・・位相が変なんだよね、どーゆーこと?ちゃんとして欲しいんだけどね。それを(ちゃんとしたのを)探すのが大変、、先週もswingガンガンかけちゃったんで、今週もそんな感じで岡田くん何かありますかね?岡田さん選曲は・・Buster Bailey & His Rhythm Busters”Light Up”--さらっとね、あっさりとした、、。じゃぼくもswingかけますけど、さっき岡田くんが持ってきてくれたコピーのメモがあるんですけど、何ですかこれは?「写真週報という内閣情報局というところが出していたものがあって、1943年に"米英レコードをたたき出そう"という」恐ろしい・・"敵性音楽"ね。「1000枚以上のJAZZのレコードがリストアップされて、それを供出しろと」(*写真を見ながら)「リヤカーがあって、着物を着たお嬢さんがたが・・」みんなJAZZ聴いてたんだよね。中にはレイスコも入っているという。「リストの中にしっかり入ってました。」そんな時代だと、このラジオ続けられないよなぁ(笑)「今みたいなの、かけられないですよね」いやぁ恐ろしい時代があったということでね。瀬川さんなんか大変だったんだろうなぁ。どっかの国の音楽禁止とかね、米英だと困るよね。細野さん選曲--”Cuban Boogie Woogie”−Bob Zurke--この頃のブギウギってそういえばみんな四つ打ちですね。踊ってたんでしょうね。このブギウギのピアノを聴くとね、発表せずにはいられないんですけど、昔っから一緒にやってたティンパンの頃からやってた唯一無二のピアニスト、佐藤博くんが急逝されて..。今レコーディングやっててピアノ弾いてもらおうと思ってたんですけど、代わりがいない。元気だったのに、、なんでだろうと思っちゃう。ぼくと同世代。思えば去年の日比谷公会堂でやってもらって以来、お互い忙しくて、なかなか会えなくて。残念です。自分でピアノ弾くしかないけど、ああいう風に弾けないから。佐藤博スタイル、勉強します。またそのうち、どんな曲を一緒にやってたかかけます。ミハルちゃんどうぞ--「クラシックにします?か?」イヤだけど、、ヤじゃないよ(笑)だって今せっかくswingしてるんだからswingで行こうよ〜"swingしなけりゃ意味がない"って言うじゃん、ね?ソフィア・コッポラの『マリーアントワネット』が再映されていたので観たというミハルさん--「あの映画、音楽は全部今のロック、ニューウェーブとか懐かしいのがかかるんですけど、その中で“Fool‘s Rush In” もかかってて」今日はこの番組でも何度かかけているんですがやはりTommy Dorseym定番で。
.......岡田くんは泣いたりするの?...アハハハ(笑)
「そんなに泣かないですね〜」
映画観ててどお?「いや〜泣かないですね〜」笑う?「笑いはしますよ」笑
ミハルちゃんはどうなの..?「わたし、、泣くよ。今は寂しいですね。やっぱり母がいなくなっちゃって」

ぼくは大木を見たりするとね。大自然に対して「ありがとう!」って。
「あ〜また地球規模の話に...(笑)」
なんでこの話をしたっかっていうと、映画見てるとふいにくるときがあるの。
自分がやっぱりミュージシャンだなと思うんだけど
ベニーグッドマン物語』はまだ売れない時代、巡業してボールルームで演奏してると
踊ってたカップルたちがステージに集まってきて聴き出すってとこにホロっときちゃう
「そうだよね〜そうだよね〜」身につまされるっていうのか。よかった、よかった!と思うわけ
グレン・ミラー物語』ではグレン・ミラーが数年会ってなかったGFに連絡して強引にペンシルバニアに呼び寄せる
"ペンシルバニア65OOO"っていう、のちに曲になったやつ、その電話番号を言うときにぐっとくるわけ。
「そうだよね〜、これは曲になるよね!」って(笑)
やっぱりミュージシャンなんだなと思うんだよね

泣くといいらしいよ。
でもぼくは笑う方がいいと思う
.....コチョコチョコチョコチョって・・・笑
ほら笑った!
・ ・なぁにこの時間は?(笑)すっかり、番組だって忘れてたよ・・

岡田さん選曲 Artie Shaw
♪4”Special Delivery Stomp”
このジャズのマイナーわりと多いじゃない?
アンドリューシスターズの曲とかね、、、ど忘れしちゃった。

短調は中東っていうか、ユダヤ系の人が好むじゃない
Jazzの世界はユダヤ人もいっぱいいて、才能あるんで広げてったわけだよね、革新的なことを。
ベニーグッドマンもそうだし。ハリウッド映画の世界もそういう人いっぱいいて、、

高校、大学の頃に好きな曲の作曲を全部調べていったらほとんどユダヤ系ですよね
特に1番影響されたのがロバート・ジマーマン("Robert Allen Zimmerman"これが本名)ですよ
さあ、だれでしょう?---ボブ・ディラン。

一つ派手にいきたいですね、レイモンド・スコットの曲やってます
----Bob Hamilton
♪5”Dinner Music For A Pack Of Hungry Cannibals“


・・佐藤博さんのご冥福をお祈りします・・





*写真
posted by daisy holiday at 00:00| daisy holiday 2012