2013年08月17日

playlist - 8.12.2013


Opening TM:Minute Merengue/Harry Breuer
M1 : Feel Like Making Love/Marlena Shaw
M2 : Summer In the City/Quincy Jones
M3 : Rock Steady/Aretha Franklin
M4 : O Marie/Daniel Lanois
M5 : Twilight/Rick Danko & Garth Hudson
Ending TM : The Song Is Ended/Stanley Black


稀な例・・稀なショウ


暑い夏をいかがお過ごしでしょうか。ボクは海に行きたいです。毎日スイカを食べてますね、おいしくて。今日は最近観たライブの音楽などをかけていきたいと思います。8月なってビルボードライブにわんさか。最初にピーター・バラカンがゲストに呼んだチャック・レイニー(Chuck Rainey)の話で明日マリーナ・ショウ(Marlena Shaw)だよって言われて「え、じゃあ!」って観に行ったんですよね。Chuck Raineyぼくは初めて観たんですけど、ベーシストです。もちろんMarlena Shawはかつてよく聴いてた、素晴らしいシンガーです--"Feel Like Making Love"--これはロバート・フラックの歌。'75のヒットだったかな。すごくいい感じでもライブでもやってまして、Marlena Shawはいい年の取り方をしていて素晴らしかったですね。声も渋くて。年取るとよくなるという、稀な例・・稀な(マレナ)ショウですね。ぼくはそもそもチャック・レイニーというベーシストにかなり影響うけていて、タイミングのとり方、あるいはフレーズ、あるいは音の出し方とかね。でも観た事はなくて、いつもレコードで影響されてたわけで。初めてやっと観れましたね。とてもスマートで元気な先輩。あらゆる良いR&B、ソウルミュージックのバッキングをつとめてて、Marlena Shawの時は一緒にデヴィッド・T.ウォーカー(David T. Walker)/Guitar、ハーヴィー・メイソン(Harvey Mason)/Drums。いい仲間たちと一緒にやってたわけですね。最初に「おや?すごいな」と思ったのが、Quincy Jonesのセッションで"Summer In the City"というThe Lovin' Spoonfulのヒット曲、グラディー・テートがドラムスだったんですね、珍しく。チャック・レイニーのベースがすばらしい--"Summer In the City"--1973年のセッション。Chuck Raineyといえば、ぼくにとってはアレサ・フランクリン(Aretha Franklin)のセッションです。一連のヒット曲がだいたいはChuck Raineyのセッションだったんですけど、ドラムスがバーナード・パーディー(Bernard Purdie)というコンビだったのが、かなり素晴らしかったんですね。その一番影響されたリズミックなAretha Franklinのナンバー"Rock Steady"-
-彼女自身の作詞作曲で、1971年に発表してその時にぼくはラジオで聞いてて、興奮した覚えがあります。
先々週だったか、ダニエル・ラノワ(Daniel Lanois)がやったんですよね。
Daniel Lanoisはかつてニューオリンズにも住んでてスタジオをやってた、
そこに(Bob)Dylanが来たりしてたんです。
プロデューサー傾向が強い人でブライアン・イーノと初期の頃はよくやってました。
2005年に狭山のライブに出た時・・大雨の日。久しぶりのライブで、それから今に至るわけですけど。
それを観てた伊藤銀次さんから「まるでDaniel Lanoisみたいだった」って言うんですよ。
ぼくはちゃんと聴いてなかったし、ステージも観たことないんで「ふぅ〜ん」と思って、
やっと、つい先日観ることができました。
で、どうだったかというと、どこが似てるんだろう?って(笑)
全然共通点がないような気がするんですよね。
今回のライブはフジロックだったので、たぶんロックのモードが強かったんでしょうね。
エレキを弾いてました。
Daniel Lanoisのイメージはぼくはアコースティックだったので
それをピックアップして聴いてみたいと思います--"O Marie"

--この感じでこの間のライブやってましたよね。Daniel Lanoisがプロデュースした人はすごいですよね。
Dylan/ピーター・ガブリエル/ロビー・ロバートソン/ネヴィル・ブラザース・・すごいな。
エミルー・ハリス/ウィリー・ネルソン/シネイド・オコナー/ニール・ヤングそしてU2と。
かなり有能なプロデューサーなんでしょうか。まだよくわかってないですね、ぼくは。
・・さあその翌日に来日したのが、ガース・ハドソン(Garth Hudson )。
The Bandのキーボードの一番年配の人です。
リヴォン・ヘルムが亡くなって、その前にリチャード・マニュエル、リック・ダンコという
重要なメンバーも亡くなっています。
残っているのが、ロビー・ロバートソン、もちろん重要な人ですけど、
そしてそのガース・ハドソン。ガースが自分のバンドで来日したんですね。
かなり大入り満員で、知ってるミュージシャンがいっぱいいました。
The Bandの面影をみんな求めているのかどうか。
今日はライブバージョンで、
まだ生前のRick Dankoと2人でやった--"Twilight"--Rick Danko & Garth Hudson

posted by daisy holiday at 00:00| daisy holiday 2013