2013年09月02日

playlist - 8.26.2013


Opening TM:Minute Merengue/Harry Breuer
M1 : 2355氏、帰る/細野晴臣
M2 : 悲しみのラッキースター/青葉市子と細野晴臣
M3 : Mbube/Solomon Linda & The Evening Birds
M4 : Wimoweh/The Weavers
M5 : The Lion Sleeps Tonight/Tokens
M6 : The Lion Is Awake/Sammy And The Five Notes
Ending TM : The Song Is Ended/Stanley Black


『ライオンは寝ている』


細野さんワンマンDJでお届け。夏の佳境も少し越えて秋の気配もどこかに・・先週ぼくは北海道、札幌から車で海の方へ行って。『ライジングサンロックフェスティバル』に行ってきました。毎年やってるのは知ってましたし、すごく評判のいいフェスティバルで、バックステージのご飯が美味しいよ〜と聞いててやっと参加できた。ところが、北海道、珍しく低気圧が居座ってて、道南と言われる地区は稀にみる豪雨がひどかったですね。そんなような話はまたあとで。『2355』っていうのが・・TVでやってますけど、CDになったのでここでかけられる。2355からぼくの歌で-”2355氏、帰る”--2355のCDのちょっと前に発売されたばかりの青葉市子ちゃん--ライジングも一緒に出てくれました。最近よく一緒にやってますが、なんか相性が合うんですね、声が。低〜い声と高い声が。不思議な相性・・その青葉市子ちゃんとセッション一緒にやってCDになったんですね。『ラヂヲ』というCDからぼくの曲で--“悲しみのラッキースター”--ライジングサンの話--とある報道の人が、ネットでリポート書いてまして、近藤康太郎という人ですね--いろんな本を出してらっしゃる方ですけど--観てて、ぼくが出て来て「真打ち登場」と書いてありますね。「若いバックバンドを引き連れて」と。そんな若くはないんですけどね、ぼくが年とってるだけであって(笑)。みんなベテランですもう今となっては。高田漣、伊賀航、伊藤大地と。ゲストに青葉市子さん。「古いアメリカンポップス、ブルース、フォークを演奏する低くて渋くてアンティークな」ぼくの声だということで。--要点はね、勉強してんだと、ぼくは、日々。古い音楽とかね、誰も知らないようなものをやってるんだと。おじいちゃんが勉強してるんだということで、若者も勉強しなと、いうことなんでしょうかね。ありがたいことです。
あ!岡田くんきたのね?いいとこに来たね。まあちょっと聞いてて。

BS-TBSたまたま観てたら、いい番組あるんだよね。『SONG TO SOUL
随分前だけどThe Supremesの歴史やってたり。最近ではLos Lobosとか。
掘り下げるわけ、ちょっとBBC的な。
で、『ライオンは寝ている』特集やったんだよ、寝耳に水の。もう忘れかけてた。
ところが、掘り下げるとすごいことになってて。
トーケンズ(Tokens)がフューチャリングされてて。『ライオンは寝ている』で大ヒットして。
1961,2年だったかなぁ?ずいぶん古い時代ですけど。その後Tokensは一発屋みたいだったんで
でも、アルバム買ったらサーフィンやってんだよね(笑)ビーチボーイズみたいなことになってるわけ(笑)
みんなまだ元気で。ぼくより年上な感じですけど、まだやってるみたい。すごいね。
「メンバー変わらずやってるんですかね?」
--なんかね、中心人物は変わってないみたいよ。
それで『ライオンは寝ている』の歴史をやってて、最初に作った人、これ1930年代かなんかに作ったんじゃないかな?
南アフリカの、、なんていうとこ?ホラ、第九地区がある・・ホラ!
・・ヨハネスブルクだ(笑)
ソロモン・リンダ(Solomon Linda)という才能ある南アフリカの人なんですけど、
その人がズールー族の伝統的な音楽をレコーディングして、即興的にハミングしたメロディーが
Tokensのメロディーになってるという・・その原曲があるんで、聴いてみましょうか?
「ん」で始まる “ンブゥベ”という曲です。
"Mbube"-Solomon Linda & The Evening Birds

--"Mbube"ていう曲を、アメリカでは、アラン・ローマックス--採集家、フォークの--
が目をとめてというか耳をとめて(笑)ピート・シーガーに紹介したんだよね。フォークシンガーのね。
50年代かな。で、ピート・シーガーはこれを聞いて
”uyimbube"(ズールー語)を"Wimoweth"って聞いちゃったのね。聞き間違えて(笑)
"Wimoweth"という曲にして、自分たちでやってたわけ、The Weaversで。
それを聞いたのがTokens(笑)
The Weaversのジャズ風のバージョンがあるので聞いてください。
"Wimoweth"-The Weavers-

--Tokensの、ヒューゴ&ルイージプロデュースバージョン
"The Lion Sleeps Tonight"

--1939年でしたね。最初のソロモン・リンダによって作られたのは。
Tokensは1961年大ヒット。ずいぶんロングセラーだったみたいですね。
もともとソロモン・リンダが作った時は、アフリカのライオン狩りで
狩りの勝利のおめでたソングみたいな感じだったみたい(笑)
最後におまけで。たいした曲じゃないんだけど。
”ライオンは起きている”という曲がある(笑)
やっているのはサミー&ファイブノーツです。ではまた来週〜!
"The Lion Is Awake"-Sammy And The Five Notes



posted by daisy holiday at 00:00| daisy holiday 2013