2013年09月23日

playlist - 9.16.2013


Opening TM:Minute Merengue/Harry Breuer
M1 : Sand/The King Sisters
M2 : 50 Ways To Leave Your Lover/Paul Simon
M3 : The Times They Are A-Changin'/Bob Dylan
Ending TM : The Song Is Ended/Stanley Black


ずいぶん年が離れてるんだけど、なんかバンド仲間って感じだよね〜。


ぼくのバンド仲間の2人、高田漣くんと伊藤大地くんが遊びに来てくれました。大地くんは初めてなんだよね、意外にも。「やっと来れた..」--なんで来なかったんだろう?(笑)・・顔ずいぶん馴染みがでてきたな、ぼく。2人とも(笑)ずいぶん年が離れてるんだけど、なんかバンド仲間って感じだよね〜。そっちから見るとどうなんだろうな?おじいちゃんとやってるみたいな、、「いや、先生みたいな(笑)」--漣くんなんかかけてよ。「いつもここ来る時は、プロモーションだったりしてなかなか自分の好きな曲をかけるチャンスがないので、今日は持ってきました!キングシスターズ(The King Sisters)っていう、キャピトルの4人組の姉妹のコーラスグループ。アレンジをアルビノ・レイがやってて。長女がアルビノ・レイの奥さんだった。アルビノ・レイ楽団の方にもThe King Sistersが入ったりしてると思う。本当にぼく(アルビノ・レイ)1番好きなペダルスチールプレイヤーなので」--それは知らなかった!「その中から”Sand”を」--いいっすね〜、この番組っぽい。最近色んな音楽かけてるからね。そういえば、大地くんとはいつ頃からやってたっけな、ぼく?「ちょうど3年半・・あれ4年半かな、、」・・もう10年くらいやってる感じ。(大地くんが)20代の頃だもんね?もうなんだろ、ベテランだよね。あははは![一同笑] 何歳からドラム叩いてるの?「15歳、高校入る時に」-ドラムセット買ったの?「買ったのは二十歳で、まずは週刊少年ジャンプをベッドの上に置いて..」--どんな音楽を聴いてドラムスやってたの?「最初はJ-pop、ミスターチルドレンとか」--そうなんだ〜最近の人だよね〜?!「親父が昔バンドやってたので、家でスティーリー・ダンをかけてたんですよね。高校3年で最初にサケロックに居たキーボードの野村卓史が==うちの親父、細野さんの大ファンで家ではよくかかってたんですけど==細野さんの音楽一緒にやろうぜって『泰安洋行』の中からって。卒業式の前日のライブで演奏・・蝶々さんとかやりました。」--大地くんはドラム一筋だよね。「何もできません、楽器は」--ドラムやれば十分、ドラマーってたいていそうだよ。林立夫も。弾くことは弾くんだろうね〜。でも見たことない。幸宏もギター弾くんだけどあんまりちゃんと見たことない。ドラマーで好きな人は誰?「もちろん立夫さんは神様みたいな感じですけど、岡地さん・・元ボ・ガンボス(BO GUMBOS)の人。外国だとデニス・チェンバーズ(Dennis Chambers)っていう」--知ってる?(と漣さんに)「はい」「もう叩きまくる人です。」–ダメだ、時代が違うな〜わかんない。「もちろんジーン・クルーパー(Gene Krupa)も大好きです」--おお〜〜〜よかった!「Gene Krupaモデルの1950年代のスネアを買った時に、細野さんのリハーサルで使おうと思ってたら、ちょうどGene KrupaのTutti Fruttiで、すごい奇跡だぁ!と思ったんです」-大地さん選曲--「スティーブ・ガッド(Steve Gadd)。もうすぐ来るんで[公演詳細はコチラ]、もちろんオレも色んな演奏聴いてて、でも生でみたことないんです。Steve Gaddの演奏でポール・サイモン(Paul Simon)の曲--”50 Ways To Leave Your Lover”」
-いや〜これを聴くと林立夫を思いだすね。同じパターンで作っちゃって。
ブレッド&バター[The Last Letter]でね。
ドラマーの影響力強かったね、当時。Steve Gaddもさることながら、バーナード・パーディ(Bernard Purdie)、
ロジャー・ホーキンス(Roger Hawkins)とかマッスル・ショールズ(MUSCLE SHOALS)とか、すごい影響された。

-最近2人はすごい忙しいでしょ?ベテラン(笑)
ぼくも30歳前の頃はスタジオで忙しかった。
まったく知らないセッションに一人だけ呼ばれるってことないの?
「たま〜にあります」--歌謡界とか。漣くんは、例えば誰?
「加山雄三さん。スティールギターで、さとう宗幸さんの『青葉城恋唄』のカヴァーを。
日本語の昔の曲のカヴァーアルバムで。普段と全然違うメンバーの方々なので結構緊張しましたね」
-ぼくの頃は筒美京平さんに呼ばれて南沙織さんだったかな、、譜面、全部おたまじゃくしがベースも書いてあって。
いきなり先生が入って来て、いきなり指揮し始めるから。すごい緊張する。
全神経を集中して勘を働かして・・(笑)
完璧にアレンジができてるんで、それをやるしかないのね。歌謡界はね。

-また漣くんなんかひとつ。
「ボブ・ディラン(Bob Dylan)のオフィシャル・ブートレッグ・シリーズから。
最近またディランを聴いてて、この番組の前にも(Bob Dylan's Theme Time Radio Hour)やってますからね。
余計にまたディランのルーツとか気になり出してて。
初期の頃のギターのイメージが強いんですけど、結構な曲をピアノで書いてることが多くて」
-意外だよね〜。
「この"時代は変わる"も、最初の出版社に渡したデモバージョンを聴いてみたらピアノだったんですね」
-すごいソングライターだね。
♪3"The Times They Are A-Changin' "

-おもしろい!ピアノが。なんでピアノでやろうと思ってたんだろうね。
「"Like a Rolling Stone"とかも最初のバージョン聴くとピアノで弾いてたり」
-ぼく初めてディランを聴いたのは高2くらいかな〜。最初は楽曲として聴いたの。
バーズやピーター・ポール&マリー、タートルズ、みんなカヴァーで大ヒットしたでしょ。
いい曲だな〜と。作曲家だぁと思ってたの。
そのあと本人の"フリーホイーリン[The Freewheelin' Bob Dylan]"ってのを聴いて、ダミ声でびっくりした。
「最近思うのは、細野さんとすごく聴いてた音楽が似てますよね」
-世代が近いから、ラジオ聞いてるとかぶるんだよね〜(笑)刺激されるよ。

-そういえば、大地くんはドンカマでやったりするの?「しますね」
どうなの、クリックでやるのは?「苦手です、正直・・」
-かつての仲間の林立夫も好きじゃなかったみたいね。
「あっても、もちろんやれるんですけど、ない方がのびのびいい演奏ができるというか」
-80、90年代ずっとクリックで暮らしてきたけど、最近捨てちゃったので(笑)
RECで使わないもんね。のびのびやってくれる方がいいから。

〜狭山の話〜
-生でやり出したの8年前から。
狭山のフェスティバル(HYDE PARK MUSIC FESTIVAL/2005年)で漣くんと伊賀くんがそこで知り合って。
SAKEROCKもその時初めて会った。
「細野さんは今日だけ歌ってもう二度と歌わないらしいぞ、という噂が流れて(笑)」
-そのつもりだったんだけど(笑)流れがね〜読めなかったよ。
本当に一回でその時は歌うのやめようと思ってたんだよ。
大雨のせいかもしれない〜なんか高揚しちゃったんだよね。
「ほんといいライブでしたね」

---告知---
漣さん「9/25(水)ビルボードライブ東京で。大地くん伊賀くんと一緒に。ゲストが細野晴臣さんで」
-(ぼく)出るんだ?!緊張しちゃうね。
そして京都音博。
-毎年出てます。3回目かな。あ!その時ぼくベース弾くんだ。伊賀くんが来ないから。

じゃあ、また来てもらおうかな!

☆高田漣さんライブ情報はコチラ

posted by daisy holiday at 00:00| daisy holiday 2013