2014年07月14日

playlist - 7.6.2014


Opening TM:Minute Merengue/Harry Breuer
M1 : Ain't Nobody Here But Us Chicken/Sanford Clark
M2 : I've Got A Pocketful Of Dreams/Jean Sablon
M3 : Harry/Nilsson
M4 : ぼくの伯父さん/中島潤
M5 : To Each His Own/Eddy Howard & His Orchestra
M6 : Goodbye, Cruel World/James Darren
Ending TM : The Song Is Ended/Stanley Black


「え?・・コンビニの・・食べ物が・・喉にいい..?!」


今週はゲストわんさか!--細野晴臣と、その仲間。どうぞ!「岡田崇です」「こんばんは、コシミハルです」「鈴木惣一朗です」--あれ?(惣一朗くん)いるね?!ラジオ久しぶりだよね。「何年ぶりだろうな〜?」--そういえば岡田くん、ずいぶん昔、、リー・ヘイゼルウッド(Lee Hazlewood)特集やるって言って。今日もできないよ。笑。でも、片鱗を聴かせてもらおうかな。>>岡田さん(以下O)「Sanford Clarkで、細野さんも最近ライブでやっていますが」--♪1”Ain't Nobody Here But Us Chicken”---なんとも覇気のない(笑)>>(O)「発売されなかったみたいですよね」--あ、やっぱりね〜。こりゃあいくらなんでも、元気ないだろっていう(笑)冗談にきこえちゃう。でも面白いけどね。この人の『A Cheat 』という曲をやってますけど。Lee Hazlewoodはプロデューサー?「そうですね。『A Cheat』の作曲はLee Hazlewoodの奥さん、ナオミ・フォード(Naomi Ford)と共作で」--で、ギターがアル・ケイシー(Al-Kaissie)?「です」--そうね、今後の特集でまた、おいおい。・・さて?最近メガネかけたんだね、ミハルちゃん。>>ミハルさん(M)「え?時々かける。度は入ってないんですけど(笑)」--え〜っ?最近そういうの流行ってるんだよね>>惣一朗さん(S)「メガネっ子だ」--なんで?「紫外線対策」--あそうか、素通しかと思ってた。>>(S「それキャイ〜ンじゃん。天野くん(笑)」--いいね、突っ込み!鈴木くんは突っ込みがいいんだよ。>>(S)「そこだけ誉められますね(笑)」(一同笑)ははは!--じゃあミハルちゃん>>(M)「ビング・クロスビーの"ポケットいっぱいの夢"っていう、それのフランス語版で、Jean Sablonとジャンゴ・ラインハルト(Jean Reinhardt)で--♪2” I've Got A Pocketful Of Dreams”」---なかなかよかったですね。・・さて!>>(S)「微妙な盛り上がりですねこれ〜(笑)」--盛り上がらなくていいんだよ。順番に行ってるだけ。なに、盛り上がりたいの?>>(S)「番組って盛り上がりを見せるとこでしょ?一般的に(笑)」--そんなこたぁないよ。静かに静かにとね・・。>>話題は変わり>>『マッスル・ショールズ(MUSCLE SHOALS)の映画『黄金のメロディ マッスル・ショールズ』、7/12にモーニング&レイトショー。これは観に行かなきゃいけない。見たんでしょ?
(S)「ぼくまだです。最近『インサイド・ルーウィン・デイヴィス』は観てきました。
いい音楽映画がどんどん来るんで。Muscle Shoalsなんて、ぼく...新米だから・・」
--新米?!(笑)
「ポール・サイモンぐらいのもんですよ。何ですか、Muscle Shoalsって?」
--ぼくはね、ステイプル・シンガーズ(The Staple Singers)で。
ミュージシャンとしてMuscle Shoalsのスタイルをやろうって言ったのが
Tin Pan Alleyっていう林立夫、鈴木茂と・・
(S)「知ってますよ(笑)」
--新米だから知らないと思った(笑)
ドラムスの林立夫が観て『絶対観ろ』と。
予想通りというか自分たちは音だけ聴いてやってたじゃない?
やっぱり観ると「なるほど!」と思うことがいっぱいあるって。
スタジオ、周りになんにもないって有名だね、スタジオしかない場所。

>>>惣一郎さん選曲は
「今、細野さんに返してもらったHarry Nilsson『FLASH HARRY』
というアルバムの中から♪3 ”Harry”という曲を」
--....ぼく?!

[聴き終わって]--なるほど。どういうことこれ?
(S)「あっはっはっは!この『FLASH HARRY』って、
Nilssonが晩年で本当はもう一作あるんですけど一応ラストという感じで。
まあ景気づけなんじゃないですかね?自分自身への...」
--この頃 Nilssonはどんな状態だったの?
「だいぶドリンキングな・・」
--声でない?
(S)「あんまり調子が良くない時なんだけど。
トラックはヴァン・ダイクが手伝ったりしていいトラックが結構あるんですよ。
エリック・アイドル(Eric Idle)っていうパロディの人が。[モンティ・パイソン( Monty Python)]
イギリス流のジョーク的な感じでHarryを盛り上げてる感じですかね」

--その後、Harry Nilssonは亡くなっちゃうんだよね。
(S)「"東京ムラムラ"というイベント、25年くらい前、あれぼくも手伝ってて。居たでしょ?(笑)
Harry Nilssonを呼ぼうと。オファーしたんですよね。
そしたら『5万円のディナーショーじゃなきゃやらないよ』と言われて。
それで来なかったんですけど、その後、亡くなっちゃったからね。観てみたかったですね〜」

--でもね、痛々しくて。声が出ないNilssonはね、、
(S)「細野さんはまだ声、イキがいいですね。タバコは関係ないですかね?」
--タバコはパバロッティも吸ってたから。
(S)「パバロッティってオペラの人でしょ?!」
--ああいう人たち皆吸ってるんだよ。
(M)「いつも言ってますね。それね。
コンビニとかファミレスがいいんじゃないの?」
--どういうこと?!
(S)「え?・・コンビニの・・食べ物が・・喉にいい..?!」
--好きとかっていうんじゃない、必要として・・
(S)「サンドイッチとかでしょ?」
--今も食べてるけどね。サンドイッチはうるさいよ、ぼく。悪いけど(笑)
(S)「サンドイッチが喉にいいなんて初めて聞きましたよ(笑)」
--そんなこと言ってないよ!(笑)
お酒はやっぱりアルコール、焼けるじゃない?声帯がね
気をつけてね!あ、歌わないか。
歌わなきゃ!岡田くん!
(O)「お!やっちゃいますか!」
--なんか植木等っぽいな今(笑)
さあ〜ぼくはもう音楽かけないから。どうぞ。
(O)「え〜っ」
(S)「無茶ぶり多いですねー。こんなでしたっけ?」

>>岡田さん選曲「この間までジャック・タチ映画祭やってまして。[*再上映は7/4で終了]
"ぼくの伯父さん"の細野さんが一番最初に買ったという、中島潤さん・・」
--あっ!あったの?ウレシイ〜〜ッ!
ぼくが見つけられなかったやつだ(笑)
♪4 ”ぼくの伯父さん”
--すんごい。ホント手に入らなかったんだ、これ。
(O)「ぼくもずーと探してて、ようやく・・」
--すごいね〜、何の力なんだそれは?(笑)
小学校6年の時に『ぼくの伯父さん』観て、帰りに親に買ってもらったシングルがこれだからね。
今聴くといいわ、やっぱり。歌詞が好き。
作詞は薩摩忠さん、アレンジが平岡精二さん。
バッキングは平岡精二クインテット。ヴィブラホン。

>>ミハルさん選曲--Eddy Howard & His Orchestra--♪5 " To Each His Own"

--なんかかけようかなぼくも。なんにしよう。
最初に戻って。え〜・・戻んない、やっぱり。何が聴きたい?
(S) 「なんだこの番組!(笑)細野さん一応ホストでしょ?
メインパーソナリティ、その自覚が足りないんじゃない?(笑)」
--足りないよね、、怒られちゃうよね。先週もかけましたけど、
中学生の頃に聴いてた James Darren、3曲くらいヒット曲があって。
他のを聴くとジャズシンガーなんだね、基本的には。
そういう人が当時ポップスをやり出して。
♪6 "Goodbye, Cruel World"



posted by daisy holiday at 00:00| daisy holiday 2014