2014年07月22日

playlist - 7.13.2014


Opening TM:Minute Merengue/Harry Breuer
M1 : Come Get It Bae/Pharrell Williams
M2 : I'm A Slave 4 U/Britney Spears
M3 : Right For Me/Justin Timberlake
M4 : London Bridge/Fergie
M5 : Don't Start Lying To Me Now/Joss Stone
M6 : Ninety Day Cycle People/Charles Wright & The Watts 103RD Street Rtythm Band
Ending TM : The Song Is Ended/Stanley Black


今日は、つまり、こういう感じでいきますんで・・


7/9(収録日)は細野さんの?回目のBirthday!収録日はプレ祝いでまずはケーキにふぅ〜〜!と>>>今日は一人でやるつもりが、来てくれました、岡田くん。---聞いてて!(笑)適当に"合の手"打ってね。ツッコミを。>>>前にミハルちゃんと岡田くんと3人で話してた時、最近何がいいかと言う話で、ぼく全然知らないんだけど、ファレル・ウィリアムズ(Pharrell Williams)がいいって言ってなかった?岡田くんじゃないか?岡田くんが言うわけないか、ハハハ(笑)鈴木くんかな・・?あ!星野くんか!(笑)Pharrell Williams、ネプチューンズ(The Neptunes)だよね。あの〜お笑いじゃなくて。Neptunesは昔っから好きで、なぜか他には聴いてなかったような気がするくらい好きだったかな〜。Pharrell Williamsの"HAPPY"って曲がヒットしたんでしょ?で聴いてみたらそんなに好きじゃない(笑)でももう1曲ね、CMで流れてる曲が「お!いいじゃん!」って思ってたわけ。ファンクで。それがなんとそのPharrellのアルバム[『GIRL』]に入ってるので、やっぱり好きなんだなぁと思って--Pharrell Williams--♪1”Come Get It Bae”---最近では珍しいフェードアウトです。「元々FOなんですか?」--そうそうそう(笑)FOいいんだ?と思ってね(笑)ちょっと遠慮しちゃうんだよね、FOって。作る側としてはね。Neptunesのピーク、っていうかな〜、個人的にね、ブリトニー・スピアーズ(Britney Spears)なんだよね。その頃、Neptunesすごいなと思って本体のアルバムなんか聴いてみると、こてこてのヒップホップなんだよね(笑)ところがプロダクションにまわると、Britneyとかジャスティン・ティンバーレーク(Justin Timberlake)とか。ポップになるんだよね。不思議な人たちだなぁと思って。このPharrellって人は最近ソロ出したでしょ。すごいポップでウケを狙ってるなぁってわかるわけ。軽やかで。それで"HAPPY"ってのが人気があるんだよね、You Tubeとかでも。動きがいいとか言って。その・・一番すきなのがBritneyなんだよ、聴いていいですかね?ハハハ。今さらですけど(笑)今日は、つまり、こういう感じでいきますんで・・(笑)♪2” I'm A Slave 4 U”--『ブリトニー』(Britney)より2001年のヒットです
>>>この頃聴いてたのが同じくNeptunesが絡んでた
『ジャスティファイド』[Justified]というアルバム、Justin Timberlake。
このアルバムが好きなので他のはあんまり知らないんですけど
♪3”Right For Me”って好きなので聴いてください。

--素晴らしいな、このプロダクションが。最近聴かないな、こういうのね。
どうですか、岡田くん?
「新鮮ですねぇ」・笑

--では、この頃聴いてたのをもうちょっと聴いていこうかなぁと。
ファーギー(Fergie)っての聴いてましたね。グラマラスな女性シンガー。
”London Bridge” ってのが大ヒットしまして。
2006年のアルバム『プリンセス・ファーギー』から
♪3”London Bridge” -Fergie

--どうすか?「いやぁ〜・・」(岡田さん苦笑い)
--あははは!なんだか・笑。いや、今聴いてもぼくは好きだけどね。
この頃の風潮ってのは、女の子たちがチアガールっぽいんだよね。
応援歌っぽいんだよね(笑)そう思ってたの。

--他にもね〜、Joss Stoneって歌手がいますが、白人の女の子で
イギリス人・・だったかなぁ?!(毎度の『うる覚えトーク』)
すごいファンキーな声の持ち主、一番うまいんじゃないかなと思うね、そういう意味では。
2011年のアルバム『LP1』から
♪4”Don't Start Lying To Me Now”
---すげー音だな!はは。なんか音圧が高いな(笑)
最近のミックスはすごいなと思いますけど。


--最後に。
昔ね、23,4歳の頃かな、トロピカルダンディーを作る前に
この曲を聴いて触発されて作ったんですけど、歌えなくてボツにしたという・・
その元になった刺激的な音楽、初めてかけますけど
"ワッツひゃくさん・・んふふ(笑)ワンハンドレッドサードストリート"かな?
あのね、オークランド・ファンクの、
オークランド・(ファンク)サーキットと当時言われてて
スライとか。Tower Of Powerとかね。
もうちょっと地味な存在で、もっとストリートに根ざしたユニットがあったんですよね。
その人たちの♪5"Ninety Day Cycle People"
--Charles Wright & The Watts 103RD Street Rtythm Band




チラッ(吹いていいの?) いくよ〜 せーの...
はい吹きました〜おめでとう〜♪
posted by daisy holiday at 00:00| daisy holiday 2014