2014年07月25日

playlist - 7.20.2014


Opening TM:Minute Merengue/Harry Breuer
M1 : Birmingham Bounce/Hardrock Gunter & The Pebbles
M2 : Birmingham Bounce/Tex Williams
M3 : Gonna Dance All Night/Hardrock Gunter & The Pebbles
M4 : Artistry In Western Swing/Tex Williams
M5 : Boppity Bop/Wynona Carr
M6 : Bahama Joe/Louis Jordan
M7 : Bumble Boogie/渡辺弘とスターダスターズ
Ending TM : The Song Is Ended/Stanley Black


一体ボクは何をやるかな?ファンクかな・・ブギかな・・どっち?!


先週は1人の時に岡田くんが来ましたが、今日は、その岡田くんがメインで。よろしくね?先週のファンクじゃなくてね。「無理っす(笑)」--ムリ?そんなことはないでしょ?(笑)まずは岡田さん選曲♪1"Birmingham Bounce"---この人知ってるなぁ。誰だっけ?「Hardrock Gunter & The Pebbles」--知らねえや(笑)「レッド・フォーリーのカヴァーがヒットしてるんでそっちのが。ライオネル・ハンプトンとか色んな人がカヴァーを。これがオリジナルで1950年」--いいね。ファンクもいいが。はははは!趣味がいっぱいあるんで(笑)あれ?リー・ヘイゼルウッド(Lee Hazlewood)はどうしたんだ?笑「今日は置いてきました。」--なんで〜?「いや、(本当は)ミハルさんがいらっしゃると思ったんで、今日」--今日は来ないね。気まぐれだからね、あの人(笑)これでいいんだ?と思って。僕もそうしたいくらいだよね・笑。細野さん選曲--Tex Williamsが同じ曲やってます--♪2" Birmingham Bounce"--これはよく聴いてたよ。曲知ってたの。でも皆同じように聴こえるね(笑)Birmingham>>アラバマ州>>バーミングハム、は何があるんだろう?「炭坑、黒人が多く70%、人種差別がすごかった・・」--そういう所もブギが流行ったと。>>岡田さん選曲 「1954年サン・レコードから出てて、プレスリーが初RECする1ヶ月前に出たのかな?サム・フィリップスがプレスリーを探す時にこの人(Hardrock Gunter)も見つけてて、誘って出したんだけどプレスリーを見つけて興味を失って..という感じだったみたいです。」-♪3"Gonna Dance All Night"--Hardrock Gunter--なるほどね。今聴くといいけどね。プレスリーと比べられちゃったら大変だ(笑)古くさいなんて言われて(笑)でも、イキがいいですよね。ではね、Tex Williamsもう1曲・・失敗作(笑)50年代半ばも過ぎると、Jazzバンドも..ビックバンドなんかも実験的な方にいくわけね。煮詰まって。小難しい音楽やりたくなって。Tex Williamsもそうなんだよね。"芸術的 Westren Swing"なんていう(笑)--♪4"Artistry In Western Swing"---どうですか?「好きですけどね(笑)」--だと思ったよ(笑)この人、他の曲は"Smoke! Smoke! Smoke!"とか、コテコテのWestern Swingだよね。きっと飽きちゃったんだろうね〜(笑)まあ、やるだけはやってみようっていうね。意欲はかいますよ。>>岡田さん選曲、ワイノナ・カー(Wynona Carr)という女性、1955年---♪5"Boppity Bop"--これジャンプ(ミュージック)の人だね?『HIT THAT JIVE, JACK!』というアルバム、アナログ盤はどこで買ったんですか?「これは瀬川さんから頂いたものですね」--え!そういうものもあるんだ?へ〜〜〜っ、意外だね!

--先日、瀬川さんの90歳のお誕生日会に行きましたね。
ほんっとお元気でね。矍鑠[カクシャク]としてて。
(誕生会を)ホールでライブ形式でやって、ディキシーランドのベテランの人たちが出てね。
『ビーバップ以前のジャズが大事』なんだという。すごく為になりました。

--ジャイブがきたかと。ジャイブといえば、Louis Jordan。
ティンパニ・ファイブ(The Tympany Five)というグループをやってまして、かなりの影響力があったね。
ロックンロールに至る前の。カリプソも結構やっていました。
♪6"Bahama Joe"--Louis Jordan

--8月の一番暑い時期にライブをいくつかやるんですけど
一体ボクは何をやるかな?ファンクかな・・ブギかな・・どっち?!(笑)
「ファンク、、いってみますか?(笑)」
ファンクいってみたいんだよね。
ファンクとブギ、両方合わせるとどうなるんだろう?
ね?カントリーとファンクと。
やってる人いますけどね、ジェリー・リード。

>>>岡田さん告知
「8/1 に京都の本屋さん、恵文社[一乗寺店]で16mmの上映会をします。
恵文社の中に"COTTAGE"というスペースがあってそこでやります。
レイモンド・スコットのフィルムとか
ジャック・タチのポスターを描いているピエール・エテ(ピエール・エテックス/Pierre Étaix)の
短編映画や面白い短編アニメなど 古いものをフィルムで上映しますので、ぜひ!」

☆キャビネ・ファンタスティク in COTTAGE
2014年8月1日(金)
開場:18時30分
開演:19時00分
入場料:1500円
[詳細は→→コチラ!]
----------------------------------------

最後は岡田さん選曲
「渡辺弘とスターダスターズ♪7 "バンブルブギ"、1961年の録音です」



posted by daisy holiday at 00:00| daisy holiday 2014