2014年08月11日

playlist - 8.3.2014


Opening TM:Minute Merengue/Harry Breuer
M1 : Latin Magic/Fabian Andre And His Orchestra
M2 : I've Got You Under My Skin/Josephin Baker
M3 : The Breeze And I/Joe Loss Featuring Cyril Grantham
M4 : A Windy Day On The Outer Drive/Lou Holden And His Disciples Of Rhythm
M5 : Dream A Little Dream Of Me/Era Mae Morse
M6 : I Wish You Love/Nat King Cole
Ending TM : The Song Is Ended/Stanley Black


おたく?そちら?


今日はまた久しぶりにレギューラーのお2人です。暑いっすね。「あっつい・・もういや、、早くクリスマスにならないかなぁ・・」--あ〜、ねぇ!そうっすよね〜。近況は?「え〜と、何してるっけかな・・?」--何にもしてなさそうだな、こりゃ(笑)「原稿のチェックをさっきしてました。川勝さんの本が8/25くらいに出るんですって。2008年に川勝さんの『ポップ寄席』というのに出て、レイモンド・スコットの話とかをしてたんですが、それがその本に収録されるということで。」--ぼくも、分福茶釜2みたいな、、9月に出ます・・そちらのお方(ミハルちゃん)近況は?「一日避暑に行きました。八ヶ岳。」--なんかライブに行ったんでしょ?小野リサさんのね。「ピアニストのフェビアン・レザ・パネさんが出演してたので遊びに行きました。ホントすごいよ、夜とかシーーンとしてて。もう気持ちよかったです。」--まあミハルちゃんちも夜シーンとしてるよね(笑)ぼくはライブに出たり。あとはちょっとゆっくりしてます。まずは岡田くん。「フェビアン・アンドレ….」--びっくりした〜(フェビアン)レザ・パネじゃなくて(笑)「"Dream A Little Dream Of Me"の作曲の方なんですけど、ガス・カーン(Gus Kahn)が作詞というのだけ知られてて、作曲の人は知られてなくて。Gus Kahnは誰とでも組んでやるってジョニー・マーサーが嫌みまじりに言ってたらしいですけど(笑)その人の『ルンバ(RUMBAS)』というEP盤を入手したのでその中から。演奏してるんですけど--Fabian Andre And His Orchestra-♪1”Latin Magic”---なるほど〜、マーティン・デニー(Martin Denny)のような。「"Quiet Village"みたいですよね。でもこの曲自体は1949年に楽譜が出てるので"Quiet Village"よりも前なんですよね。"Quiet Village"は52年でこれが53年の録音ぽいんで、(Quiet Villageを)聴いてちょっとインスピレーション、アレンジの方には・・」--ジャングルサウンドブーム、エキゾチックブームの頃だな、、。ではそこの人。「そこの〜ひと?(笑)」とミハルさん。--おたくって言うのもなんだし、ミハルちゃんはよく「ソチラ」って言われるんでしょ?(笑)今、オタクの人はソチラって言うんだね?(笑)「画伯って呼ばれてる人もいますよ(笑)」--ミハルさん選曲--「"I've Got You Under My Skin"--コール・ポーターの1936年の曲ですが、フランク・シナトラとかで皆さんはよく・・」--もう有名な曲だよね〜。「それをJosephin Bakerが歌ってます」--♪2”I've Got You Under My Skin”
--(映画)『ミッドナイト・イン・パリ』を思いだしますね。Josephin Baker。

--この間、車のラジオから流れた曲
「これなんだっけ?って言ってね。」とミハルさん。
--メロディーはよく知ってるけど、インストだとすぐ出てこないでしょ。
あれからボク1時間後にね、あ!あの曲だって思いだして。
よく考えるとそんなに好きな曲じゃない(笑)
でも子どもの頃からず〜っと聴いてるよね、そういう曲。
その曲はね『そよ風と私』これ、元がタンゴなんだね。
1929年エルネスト・レクオーナ(Ernesto Lecuona)が作曲したんですけどね。
最初は55年にカテリーナ・ヴァレンテ(Caterina Valente)でヒットして。
Joe Loss Featuring Cyril Grantham--♪3”The Breeze And I”

--一人で最近やるとファンクばっかりかけてんだけど(笑)こっちは故郷ね(笑)
じゃあ故郷のお父さん、ひとつまた、かけてください

岡田さん選曲
さっきのFabian Andre作曲、1940年の録音
Lou Holden And His Disciples Of Rhythm-♪4”A Windy Day On The Outer Drive"

--ホリデーミュージックですね〜。なんか懐かしいっすね。
TVでワイドショー見てたら、レイモンド・スコット使ってましたね。
"POWERHOUSE"だったかな〜。聴いてますよ〜ああいう人たち(笑)
「使ってくれますよね、ああいうTVの効果音の方々って。」
--驚いたのが、フラット・フット・フルージー(Flat Foot Floogie)使ってる人いたよ。
なんか旅番組みたいなので(笑)普通使わないよな〜あれ。
その、Dream A Little Dream Of Meだっけ?色んな人が歌ってますよね。
ビング・クロスビーとか。
Era Mae Morseが歌ってるの聴いていいですか
♪”Dream A Little Dream Of Me”

--あんまりいいアレンジとは思わないけど アハハハ(笑)
「Fabian Andreが二十歳の時に作った曲なんですって」
--すごいね!若造とは言えないね、それはもう。
あっちの方にはいっぱい色んな人がいるからなぁ。
そっちの方の人は、、じゃあ最後に1曲
「ソッチ?」笑
「シャンソン」とミハルさん。
--出ると思った〜
「当てる?(笑) 」
--オーシャンゼリゼ!(笑)
「シャルル・トレネの"残されし恋には"[Que reste-t-il de nos amours?]という曲があって
トリュフォーの『夜霧の恋人たち』などでも使われました。
その曲がアメリカに渡って、結構色んな人がカヴァーをしてて。
シナトラとか。
今日はナット・キング・コールのライブ版があったので」
♪" I Wish You Love"--Nat King Cole



posted by daisy holiday at 00:00| daisy holiday 2014