2014年09月05日

playlist - 8.31.2014


Opening TM:Minute Merengue/Harry Breuer
M1 : 東京ラッシュ/セニョール・ココナッツ
M2 : ファム・ファタール/大貫妙子
M3 : 風の谷のナウシカ/坂本龍一+嶺川貴子
M4 : イエロー・マジック・カーニバル/ヴァン・ダイク・パークス
M5 : 銀色のハーモニカ/坂本美雨+蓮実重臣
Ending TM : The Song Is Ended/Stanley Black


人より百倍くらい好きなのかもしれないね、音楽。


暑い夏がもう終わって、秋ですね。とうとう今年も海にも山にも行かなかったんですけど。そんなこと言ってる間に災害がすごいんで、、、呑気に遊んでられないという日本列島でした。もうずっとボクは原稿チェックに追われてて、音楽を聴く暇がなかったんでつにネタを揃えることができなかった・・こういう時は自分の音楽かけるに限るなと。めったにかけないんで。といっても、人様にやっていただいた僕のカヴァーを>>>まずはセニョール・ココナッツ。2008年の『細野晴臣STRANGE SONG BOOK』より--♪1”東京ラッシュ”--1978年のソロ『はらいそ』からですね。セニョールといえば、サンチャゴに居るAtom Heartのラテンのユニットです。最近チリで地震があったり、翌日はペルー、その頃またカリフォルニアで地震があったり・・ロサンゼルスは大丈夫だったのかなぁ?そこにいるキミ!まずは自己紹介して。「晴臣殿の従姉妹の息子のユージンと申します。」--ロス生まれのロス育ち。[夏休みで日本に来ていて、ラジオ収録を見学中突然話をふられたユージンくん]--さっきね、ボクが買った赤いトランペット吹いてもらったら、す~ごくいい音がして。びっくりした。トランペット、名手なんだね!「一応、中高大とやってます。」--なんかソロ吹いたりするんでしょ?「高校最後の年に、200人でやるショーの一番最初に吹くソロをやらせてもらって」--すごいじゃん!ぼくのバンドに入れたいんだけど(笑)でもかなり年の差がある(笑)楽しみにしてるよ〜。さて、同じくSTRANGE BOOKから、大貫妙子が歌ってる♪2”ファム・ファタール”
---原曲より数段、良くしてくれたアレンジでしたね。
これを僕が歌ったのは28歳くらいかな〜?まぁ若いですよね。
ユージンくんいくつ?
「20歳になったばかりです。」
--若いよね〜〜っははは。これからなんだよね?これから何をするかっていう・・
「これから・・・わからないですね〜」
--自分もわかんないままここまで来ちゃったから。
「すごいとこまで」
--すごくもないんだけど、好きなことやってればこうなるっていう見本だよ。
「それも、才能ですよ、やっぱり」
--才能があるかどうか、自分では未だにわからないね。
好きなことやってるっていうのが一つの才能かもしれないね。
人より百倍くらい好きなのかもしれないね、音楽(笑)
音楽の聴き方がやっぱり異常だから。色んな音楽を聴いて育ってきたんでね。
いっぱい聴くといいと思うよ〜〜!
今の音楽あんまり聴かなくてもいいくらいだよ(笑)
まーとりあえず今日はしょうがない、ボクの曲聴いてて(笑)

トリビュート盤より坂本龍一&嶺川貴子さんのコラボ
♪3”風の谷のナウシカ”
--これは2007年に出た、わたくしのトリビュートされたアルバムdisc1。

この[トリビュートアルバムの]中で一番びっくり、驚いた、というか嬉しかったね。
光栄だと思った楽曲が”イエロー・マジック・カーニバル”
これはなんと、Van Dyke Parksがアレンジして、ヒジョーにクレイジーな
楽曲に仕上がりました。これこそVan Dyke Parksという。
♪4”イエロー・マジック・カーニバル”

--今聴くとこれまたびっくり驚いちゃう。
Van Dyke Parksが『Discover America』を作った頃のような、
ホントに混沌とした素晴らしい世界を表現してくれました。

どお?ユージンくん
「スチールドラム、すごい、好きです。」
--Van Dykeはロス、同じ街に住んでるよ。
弟子になった方がいいかも。いいなぁ、羨ましいな〜ロサンゼルス。

ユージンくん、1年後くらいにまた会いましょうね。

最後に
蓮実重臣くん&坂本美雨ちゃんの歌で
安田成美さんに作ったシングル第2弾を取り上げてくれました
♪5”銀色のハーモニカ”


posted by daisy holiday at 00:00| daisy holiday 2014