2014年10月24日

playlist - 10.19.2014


Opening TM:Minute Merengue/Harry Breuer
M1 : バイ・バイ・ベイビー/久保田麻琴と夕焼け楽団
M2 : My Mama/REI
M3 : Dr. O's Rag/濱口祐自
M4 : Black Works/Black Wax
Ending TM : The Song Is Ended/Stanley Black


Live Magic!〜その弐〜


先週に引き続き10/25,26に行われるPeter Barakan's LIVE MAGIC!のフェス当日に販売されるパンフレット用に設定されたインタビューの一部を。Peter Barakanさん&久保田麻琴さんとの3人の音楽談義です>>>(バラカンさんがLive Magic!に)2人を選んだ理由>>>--Peter[以下P]「細野さんにはまず、絶対に声をかけようと思った。それは、この前も話したと思うんですけど、40年前日本に来た頃から、好きなバンドがいるとだいたい細野さんが関わってるから(笑)初期のYMOはちょっと外れたけど(笑)」--細野[以下H]「あははは!知ってるよ(笑)」--P「ずーっと気になるミュージシャンでもあるし、もちろん一緒に仕事してた時期もあったし、今またすごく心にささるアルバム作ってくれてるからね。これはもう考えなくてもいいっていう感じだった。やってくれるかどうかだけ問題だったわけ。麻琴さんはね、ミュージシャンとしてというよりも、最初はBlack Waxを是非誘いたいというのもあって、濱口祐自というギタリストも誘いたい。どっちも彼がプロデュースしてるし、最初はそういう関わり。でも細野さんが出てくれることになったから、じゃあ、あの15年前のハリー&マックを少しでも、お客さんの前で再現できれば...これはお客さんも喜ぶだろうし。お2人に別々に聞いてみたら『お〜いいんじゃない?』っていうような・・(笑)」--H「まだ...当人同士は話してない(笑)」>>>ハリー&マックのお声がかかったことについてはどうですか?>>>--H「えもう、すぐできるもんね?」--麻琴[以下M]「・・・かなぁ〜?(笑)」--H「前、京浜ロックでやったじゃない?あんな感じで。あの時もあんまりリハやらないで、ば〜っとやったよ。だいじょうぶ。ついこの間も吉祥寺で...[注:今年6月に行われた『THE LAST BAUS〜さよならバウスシアター、最後の宴』のイベント]」--M「ちょっとだけね。Peterも1日トークで来てくれたけど、細野さんが1日トークで、Black Waxがライブアトラクション。濱口祐自がゲストで、細野さんに頼んだらベース弾いてくれて。だったらちょっと歌ってみようかなってね。」--P「ぼくが見た日、細野さんはいなかったんだけど1曲歌いましたね。」--H「何歌ったの?」--M「もう咄嗟に即興みたいな(笑)」--H「即興?!笑」--M「まぁだいたいTravellin' Moodかバイ・バイ・ベイビーかってなるんですよね、なんとなくね。」--H「うんうん、なるほど」--M「バイ・バイ・ベイビーは細野さんが作ったんだよね。」--H「あの〜、一緒だよ。一緒に作ったんだよ」♪1"バイ・バイ・ベイビー"
P「う〜ん、なぜアメリカのルーツミュージックなのかって言われると困っちゃうけど(笑)」
M「イギリス人なのにね(笑)」
P「まあねぇ(笑)The Rolling Stonesが悪いんですよ、だいたい(笑)
The Rolling Stonesのおかげでアメリカのルーツミュージックにすごいのめりこんだもんだから」
M「イギリス色は濃いけど、彼らのルーツは確かにブルースとか黒人の音楽ですよね。」
P「彼らは今考えれば、ソウルの曲もやってるし、ゴスペルの曲もやってるし、
なんだかんだ色んなことやってるから。
リスナーのリクエストも含めて、ぼくの"Barakan Morning"で
一番かかるってるのがストーンズ、不思議と。
そんなに毎回意識して取り上げてるわけじゃないけど」
M「ストーンズ率高い?」
M「やっぱりね、リクエストが圧倒的に多いね。」
M「ビートルズの3倍くらい?ははは」
P「3倍とまではいかないけど(笑)なんか多いのよ。
日本側からもね、やっぱりね、そういうアメリカのルーツミュージックの影響受けてる
面白いミュージシャンが色々いるから。
今回、濱口祐自にしてもそうだし、中村まりとかね、まだ21歳のReiちゃんとかね。
みんなね、若い世代。」
M「英語で上手にブルース歌うよね、彼女」
P「だから、若い世代でもね
そういう音楽をちゃんと継承させてる人たちがいるっていうのは面白いと思う。」
>>>♪2"My Mama"--Rei

>>>若い世代がアメリカンルーツミュージック方向に向かっていることについて
何が魅力なのか?
などを話しつつ、さらに脱線しまくりトーク←これが面白い!→が続きますが
これまたLive Magic!のパンフでお楽しみください!


posted by daisy holiday at 00:00| daisy holiday 2014