2015年06月22日

playlist - 6.14.2015


Opening TM:Minute Merengue/Harry Breuer
M1 : Sound Of Music With UA/Towa Tei
M2 : Cookie Thumper!/Die Antwoord
M3 : Life Is A Trip (Mo' Horizons Mix)/Gypsy Brown
M4 : Keep Your Hand On Your Heart/Hadda Brooks
M5 : Freebeez/The Freebeez
M6 : Somebody's Watching You (Full Band Version)/Little Sister
M7 : N.O.W./Uptown Funk Empire
M8 : 銀輪は唄う/ゲルニカ
Ending TM : The Song Is Ended/Stanley Black


今、ハモりっちゃいましたけど(笑)


今週はTEI TOWAさんをゲストに迎えて。--久しぶりですけど、アルバムが出るんですよね?「7/29に【CUTE】というアルバムが。8枚目です。」--もっと出してると思った!で、まだ本当は全部聞かせられないんだよね?早すぎてね。「でも、配信が7月アタマくらいにあるんで、自社サイトで。」でも音は聴きたいからチラチラかけていい?>>♪2"Sound Of Music"「これはとっておきだと思います。」--これはぼくベース弾いてるんですけど、そこまでかけるかどうか>>>[どアタマを聴いて]--これは、UA?「そうです。アタマの音は、UAを録った後に中華街に行ったら、しゃべってるのが面白かったんで。UAがなんとかって言ってるような気がしたんで、慌ててiPhoneで録ったんですけど(笑)」>>>「はい!ベースが入ってきたところで!編集、もちろんしなかったですけど。」--ほんと?ぼくが自分でしたからね、あははは!ほとんど一発録りなの、これ。「あ!さすがですね。使わせてもらうスタートポイントは悩んだんですけど、細野さんがシンベも悪くないよという・・」--やっぱりね、曲にシンベ合ってるじゃん?ねえ?「ありがとうございます。シンベからの、、ヒューマンなね、だんだんこう、人間になりた〜い!みたいなそういう…」--あ〜、そういう世界なんだね。これ、詞は誰が書いたの?「これ、一応作詞作曲…」--お!そうなんだねぇ!「ちょっと、上達しませんか?」--ポップになってきた。ますます!「自分で誘導しちゃったけれども(笑)詞を最近褒められるんでちょっと調子に乗っちゃいましたけど。」
--だから、DJなんて自称してるけど・・
「自称はしてないですよ?!代理店の人がDJってつけてるんじゃないですかね?(笑)」
--ま、DJじゃないよね。
「"印税生活者"って書いて欲しい…いや、細野さんを前に…ほんとに(笑)」
--全然生活できないよ(笑)やっぱり歌謡曲書かないとねっ。
DJの仕事ってのはやっぱりやってるんでしょ?
「2年前くらいから意識的に減らしまして。クラブDJは基本的にはセミリタイア。
 温泉があったりすれば、ちょっと特別手当がありますけれども(笑)
 ちょっとクラブがもう50にもなってというか、そんな無理しなくていいかなっていう。」
--だいたい、クラブってぼく最近全然行ったことないけど、あるんだね?
「一応あるみたいですね、若者たちが、ワッショイワッショイっていう (笑)」
--そこでどういう音楽がかかってるの?
「ちょっとかけてみましょうか。先ほどの"Sound Of Music"でも言いましたけど
 『人間になりた〜い!』じゃないですけど、AIの話で、チャッピーって映画がやばかったっす。」
--観たんだもう?早っ〜!あの監督大好きなのよ!
(二人で)『第九地区!』
「今、ハモりっちゃいましたけど(笑) 」
--ハモりっちゃい?(笑)  観たい!!
「そのチャッピーの中で、主役2人がミュジシャンなんですよ。ラッパーというか。
 全身刺青入ってる2人組カップルなんですけど、結構いい人そうだなって演技を
 見てて思ったんですね。去年のアルバムからいっぱい使われてるんですけど。
 聴いてみましょう>>Die Antwoord--♪2"Cookie Thumper!"」

--検索でうろついてて、Funk音楽にぶちあたって。
 全然知らない人たちの音楽が面白かったんで。最近なのか、なんにもしらない。
 『FRESH OUT THE BOX』というアルバム。
♪3"Life Is A Trip"--Gypsy Brown

--ま、一番いいとこは終わっちゃったけどね (笑) 
「ぼくはとりあえずさっきの、声が面白かったんで
 声といえば、だいたいご飯の時は、声ないジャズのプレイリストか
 ジャズボーカルとか聴いてますけど
 これ、細野さんにお聴かせしたか記憶ないんですけど・・」
♪4"Keep Your Hand On Your Heart"--Hadda Brooks
>>聴きながら>>
「ジャズじゃないですけどね、ビミョーに。ブルースですか。」
-- 聴いちゃうね。好きなんだこういうの。この声聴いたことあるけど、だれ?
「Hadda Brooksっていう…」
-- 全然知らなかった(笑)
「これ、一番 ”ご飯率”高いっていうか。ゴーヤチャンプルーとか。
 ちょっと沖縄っぽく聴こえたり、最初のフレーズとか」
--ご飯に合うんだ?(笑) 

選曲に悩む細野さんに「細野さんの考えてらっしゃるFunkを聴きたい」
--ドイツ人なんだよ。The Freebeezっていう。
♪5"Freebeez"

「やっぱりクラブミュージックのEDMって
 ダッキングかけたブリブリブリブリいってる痛い音楽の反動で
 こういうことやってる人たちが数年前から…特にヨーロッパ多い。」
--ヨーロッパ多いね!最初聴いた時、昔のFunkだと思ってたわけ(笑) 
「ただ、立たせるエンジニアリングというか音とかが、ちょっと今っぽい感じ。」
--そこが面白い。
「細野さんのもだって、『HoSoNoVa』とか、すごい音が
 音圧が今のでありながら昔のマイキングみたいな。」
--そうなんだよ、それが楽しかったよ。96kでやってたからね、ははは!
「そもそもそこが。レンジが違うという(笑) 
 ちょっと前に出たスライの未発表集は聴かれました?」
-- あ!聴いてないよ〜!聴きたい。
♪6"Somebody's Watching You"--Little Sister

-- じゃあねぇ、そうくるならねぇ。笑
 これ…ずっと聴いてて。>>♪7"N.O.W."--Uptown Funk Empire

--これは〜…知らない人!あははは!
「すごい好きですね。あの〜、なんだろ。
色んな意味での "野望のないジャミロクワイ"みたいな(笑)」
--ジャミロクワイって野望ありそうだよね、確かに(笑) 
 なんかこういう人が増えてるっていうのがね。だから探すと面白いよ。
 ちょ・・っとだけユニークなんだよね。

「この番組で、細野さんが80年代に作った音楽を今の若い人は聴いてるんですかね?
この番組でかけてます?あんまり?じゃあ、かけましょう。細野さん関連ということで。」
>>テイさん選曲かかる>>
--[聴いて]誰だろう?なんだかわかんないや〜(笑) 

「ゲルニカです。シングルカットした曲ですよ。\ENレーベルから出てた、、
 30年ぶりくらいに聴いて、フレッシュでした、アルバム。」
--そうかぁ。そうやって聴いてみなきゃダメだなぁ。ぼくもなぁ。
 いや〜、あの頃新鮮だったなゲルニカ。なにもかも。
 今ね、テストパターンをちょっとリサーチしてるわけ。あの頃出した。
 それの未発表とか散逸してて。今ちょっと調べてるとこ、岡田くんと。
「岡田くんはもうホント、探偵みたいですね。」
--ホント!看板作った方がいいよね。『岡田探偵社』

「ゲルニカとしてのビジュアルと音楽の歌詞とのインパクトっていうのは、すごかった。」
--ユニークだったねー。うん。いいチームだったな〜。
「あんまり音楽を知らなかった時期で、テクノポップ、YMOで入って・・」
--ゲルニカってテクノじゃないからね?触れちゃったわけだね、そこにね。そりゃびっくりするわ。
 えーっと、そろそろ時間だ。この続きはまた来週〜
posted by daisy holiday at 00:00| daisy holiday 2015