2015年11月30日

playlist - 11.22.2015


Opening TM:Minute Merengue/Harry Breuer
M1 : Didn't It Rain/Amy Helm
M2 : Vaya Con Dios/Line Renaud
M3 : Beyond The Sea/Jeff Lynne
M4 : The Night You Took Me To Barbados In My Dreams/Libby Titus
M5 : Honey Suckle Rose/Gus Viseur
M6 : Exciting/Bill Wyman
Ending TM : The Song Is Ended/Stanley Black


もう自分が年取ったなんて言ってらんないなぁ!上には上がいて。


今週は岡田さん&ミハルさん>>>近況報告。岡田さん(以下:O)「色々と忙しかったのが、ようやく落ち着いて…今は、オランダにいます。」--あ〜ここにはいなんだ?笑。 (O)「レコードフェアが。」--レコード好きだねぇー、ほんっとに(笑) 食べれたら、もう全部食べちゃうだろうね?(O)「アミューズメントパークみたいな。」--そこに世界中からいっぱい人が来るわけね?皆んな岡田くんみたいなタイプがね?笑。(O)「おじいちゃんおばあちゃんも多いですけどね。背中の曲がったおばあちゃんがカート持って、ガンガン歩いてレコード掘ってますからね・笑」ミハルさん(以下:M)「それ誰でも行けるんですか?行きた〜い。」(O)「ぜひ。アンティークフェアも一緒に併設してるので、すごいですよ。二日間丸々行っても見きれないんで。」--一緒に行ったらぁ〜?ミハルさん近況:「CD発売になったので、ね?来年どうしようかな?って考えながら。早い?もうクリスマスだしね。」--ぼくはねぇ、物理学に凝ってて今。量子論とか。超ひも理論。もう面白くて面白くて(笑)今真っ只中だよ、その、スイスにあるセルンっていう…なんて言うのあれ。ぐるぐる回るやつ。粒子加速器ね。あれで超次元を見つけようとしてるんだよ。この世は3次元じゃないんだと。10次元くらいある(笑) なんでかな?と思ったら、アインシュタインが一般相対性理論の論文を発表してから11/25で100年なんだね。そういうことがあるのかもしれない。そんなことをわきまえつつ・・あっははは!音楽を聴いていきましょうか。


(O)「じゃ1曲目はですね、エイミー・ヘルム(Amy Helm)というですね…」
--ヘルム!
(O)「ヘルムといえば…」
--リヴォン・ヘルムの娘さん?初耳だよ。
(O)「ソロアルバムを最近出したので。」
--初めてかな?そりゃちょっと聴きたい>>♪1"Didn't It Rain"

--なるほど。なるほどな。ってゆー感じ(笑)
(O)「お母さんがリビー・タイタス[Libby Titus]で、リヴォンとは
  (Amyが)6歳くらいの時に離婚して、その後Dr.Johnにすごい可愛がられて。」
--やっぱりね。リズムがDr.Johnだよね。

ミハルさん選曲>>Line Renaud--♪2"Vaya Con Dios"

--この歌手、初めて聞くな。どんな人?
(M)「Line Renaudは、"パリの空の下"とか"フルフル"とか、たくさんの曲を作っている人で…」
--オリジナルなの?
(M)「はい。まだご存命で、活動もしていて」
--じゃあ、ミハルちゃんとおんなじだ。
(M)「(同意して)そおなんですね。」
[一同笑]
--ふーん、それはすごいね。なんで知られてないんだろうね?
(M)「ね?長い間シャンソンが聴かれなくなってきてるから・・」

--ぼくの番。じゃあ最初と2曲目の間をとって。
今の人なんだけど♪3"Beyond The Sea"を歌ってますよ。Jeff Lynneです。


--いやいや、すごいな、この音圧!笑。その前の曲の差がすごすぎて。
怖いよね、そぉ〜っとかけてね、これ(笑) びっくりしちゃった。最近の歌すごいわ。

>>岡田さん選曲
(O)「さっき話に少し出た、Libby Titusの77年のアルバムから。
  ハース・マルティネスの曲をやっているので…」
--亡くなっちゃいましたよ、、ハース…つい先日というか先月。
♪4"The Night You Took Me To Barbados In My Dreams"

--そうか、こういう感じか。ぼくはあんまり知らなかったですね。いいですよね。
(O)「今の曲はロビー・ロバートソンがプロデュース。作曲がハース・マルティネス。」
--それで思い出したけど、ビル・ワイマン(Bill Wyman)の新作が
長門くん曰く、ハースのような感じだったと。まあ後で聴いてみようかな。

--はいっお待たせしましたぁ。
ミハルさん>>「♪5"Honey Suckle Rose"という有名な曲をですね、ミュゼットで」
--横からぐんって来るよねえ?脇腹をガンっとくるよねぇ・・選曲が。はい。
(M)「Gus Viseurというベルギー生まれのアコーディオニスト。
  ジャンゴ・ラインハルトなどとも共演していた人です。」

--いいですね!横っ腹をぐっとくるというよりも、
こちょこちょってくすぐられる感じね。うふふふふって感じですよね? 笑


--さて、ビル・ワイマンが新譜出すんで
日本の新聞社のインタビューで 『ハリー細野知ってる』って言って
その新聞社から連絡あった・笑。『本当か?』って(笑) 本当です、んふふふ。
ストーンズの楽屋に、キヨシローと訪ねてったっていう。ビル・ワイマンのお世話をしたって(笑)
その人が、ソロを出したと。ちょっと怖いけど、聴いてみようかな・笑
日本盤、全部日本語タイトルなんだよね、、笑
>>>日本語タイトルを読み上げる>>>"お前に捧げるメッセージ"…
"彼女はただの友達さ"/"満足できない"/"彼女は最高"・・

これにしようかなっ ♪6"ワクワクするぜ!"[Exciting]

--今聞いたところによると、ビル・ワイマン、79歳?!すごいね〜!いつの間に…。
もう自分が年取ったなんて言ってらんないなぁ!上には上がいて・笑
お年寄りが増えてるってミハルちゃん言ってたけど、その通りだよ(笑)
世の中ほんと増えてるから(笑)ぼくもその一人ですよ。
そういうわけで
老人の番組、また来週お送りします。



posted by daisy holiday at 00:00| daisy holiday 2015