2016年08月30日

playlist - 8.7.2016


Opening TM:Minute Merengue/Harry Breuer
M1 : 声なき者/Little Creatures
M2 : Komo Mai E Hea Ke Kanaka/Gabby Pahinui & The Sons Of Hawaii
M3 : 海原/Little Creatures
M4 : Albint Elchalabiya (Baion)/Fairuz
M5 : 隼飛ぶ/Little Creatures
Ending TM : The Song Is Ended/Stanley Black


ゲスト:青柳拓次さん


久しぶりに、青柳拓次くんをゲストに迎えてます。いや、実に久しぶりなんだけど。ずっと沖縄にいるから(笑)珍しいよね、こっちに来るのは。「笑。なかなか、そうですね、お会いする機会がないかと…」--フジロックに出たんですか?「最近出て、戻って来たばっかりですね。」--どうだった?「ん〜・・かなり、気持ちいい感じでしたね~。山を目の前に。」--まだ、若いんだね、ははは。とても行けないよ、ぼくは。「長時間は辛いかもしれないですけど。」--Little Creaturesで出演したわけだけど、Little Creaturesのアルバムが出ましたね。5年ぶり?しかも結成は、20年?「25年ですね〜。」--けっこうすごいわ(笑)「あっという間に。」--では、新しいアルバム『未知のアルバム』からご挨拶代わりに1曲--♪1 "声なき者"--シンプルね〜!笑。トリオだしねっ!ダビング無しでやってるわけですよね。「もうそのまま、ほとんど、はい。」--メンバー、鈴木正人くんと栗原務くんと。皆同じ年なんだよね?「そうなんです。もうず〜っと、この3人でやってますね。」--5年くらいずつ、ボチボチとアルバム出してるような印象があるけど笑。「オリンピックよりもうちょい長めの感覚で笑。」--それもいいよね〜。いい関係だよね、そういうのって。で、普段は皆それぞれ好き勝手にやってるわけでしょ?「そうですね笑。いろんなところに行ってますね~。」--青柳くんはいつから沖縄?「もう6年になりますかね~。」--今はすっかり、馴染んでるんでしょうね。どんな生活なんだろうなぁー?ちゃんとやっぱり朝起きるのかね?「朝…起きちゃいますね。夜も早く寝ちゃうし。。」--娯楽ってものはどうなってるの?「やっぱり、海・・でしょ。。あとはなんか、スパに行ったり。笑。」--まあ環境がね、娯楽の代わりっていうかね。そんな感じだよね。それで5年経つと、どんあ風に変わったんだろう?「んー。やっぱり、基地が近いとこに住んでるんで、基地のFMをよく聴いてるんですよね~。だから、アメリカのめちゃめちゃ流行ってるようなやつを浴びるように聴いてる。笑。」--意外だな!笑。「その面白さみたいのを改めて聴いて、喜んだりしてますけど。」



--Little Creaturesって90年代に作ったんでしょ?その頃って、ニューウェーブの時代かな?
「マンチェスターとか、、ストーン・ローゼズ(The Stone Roses)みたいなのが居たり
 ジャズがまた流行ったりとか、そんな時代だったと思いますね。」
--そんな坩堝から出てきたような感じがいまだにね、あるよね。
Little Creaturesを初めて聴いたのがね、湘南のオーガニックな店で音楽が流れてきてて
ついね、聞いたの。店の人に。これ誰?って。
そしたらLittle Creaturesですって言われて(笑)それ以来だよ。
「それは何年くらい前ですかね~?」
--90年代の中頃だったかな〜。
「いやぁ、ありがたいですね〜…ほんと(しみじみ)」
--めったにないんだよね、『これ誰?』って聞くの。笑
時々あるんだよね。誰がやってるんだろう?っていうような音楽だったの!

--青柳くんといえばね、 昔来てくれた時に色々面白い音楽を聴かせてくれたの。
例えば、アルゼンチンの音楽ね。すげ〜面白い音楽いっぱいあったんだよね。
最近どうなんだろう?アルゼンチン。
「最近ね、どうなんですかね〜?あんまりよく聴いてないですね〜…笑。」
--じゃあ何を聴いてるか、ちょっと興味があるんだよね。
「え〜とね、なんか声のいい方というか。そういう感じの選び方もわりとしているかもしれないですね。
 ハワイの音楽を聴いていただこうかなと思います。
Gabby Pahinui & The Sons Of Hawaiiで、♪2 "Komo Mai E Hea Ke Kanaka"」
--スラックキー(Slack-key guitar)の大御所ですね。


--いやあ、久しぶりに聴いたなぁ。久しぶりに聴くとなんか…違う印象だな。
声すごい声だな~、確かに。
「Eddie Kamaeさんというウクレレの人がこの曲はボーカルを担当してて
 Gabby Pahinuiさんていう方がリーダーのグループなんですが
 ギャビーさんが結構遊び好きな方らしく、たまたまそこにエディさんがいたので
 ちょっと歌ってみようかくらいな感じで歌い始めたらしいですね。
 で、普段はギャビーさんはわりとメインをとってるんですけど。まあその、素朴な感じというか。」
--いいねぇ。なんか、地味なものが最近やっぱり、いいなと思うね。ははは!
派手なものは信用できなっていうね。
素晴らしいものは、全部地味だなぁ。

--クリーチャーズはどうかな?ふふふふ。
「もうちょっと、地味さがまだ・・・笑」
--やっぱり、まだ若いんだね(笑)

新作から♪3"海原"

--サウンド全体が、やっぱりLittle Creaturesになってるんだよね。
やっぱりそれは意識してやってるんですか?
「そうですね〜。」
--ね?だろうな。だって、ほとんど曲書いてるんでしょ?青柳くん。
「今回はそうですね〜。いつもは割り振りしてるんですけど。今回はそういうのしてみようと…」
--っていうことは、またソロも何か準備してたりするんですか?
「ちょっと、最近ピアノが…気になっていて。ピアノを弾くのが楽しくて。」
--それは楽しみだね〜。けっこうぼく、青柳くんのソロとか期待しちゃうよ!笑。
飢えてるんだよね。面白い音楽。うふふふ。
「笑。ちょっと、、がんばります!」

>>>ライブ告知>>>詳細はこちら

--用意してもらった曲をもう1曲
「ファイルーズ (Fairuz)はいかがでしょう? 」
--おっ。よく聴いてたんだぼくは。90年代かな。最近のですか?これは。
「一番若い頃のです。」
♪3"シャラビーの娘"(Albint Elchalabiya)

--いやあ、なんか、郷愁を感じるな、これ。一番若い頃か。
Fairuzが一線の頃ってのは、まだアラブ世界がわりと、安定してたのかな〜。
今のアラブの世界で音楽がなんかあんまり聴かれないよね。
当時ぼく、90年の初頭に、パリのアラブ街に行ったりしてね。
周りのパリの人たちは気をつけろ、一人で行くなって言うんですよね。
でも、ぼく、ウォークマンにFairuzとか入れて。
あと、ウム・クルスームっていうエジプトの歌姫ね。
そういうのがあれば大丈夫だと思ってね笑。何かあったら聴かせるって。笑
宗派関係なく、みんなアイドルだったからね。
「そうですよね。アラブの歌手を皆んなで聴くみたいな感じでしたよね。」
--そういう時代だったのに、今ちょっとね、変貌しちゃって…
アラブ音楽なかなかかけられないっていう感じですよね。
「あんまり日本にも入ってきませんよね〜最近は…」
--時々イスラエルは入ってくるんだけど。
なんかやっぱり政治的な地図がね、影響されるんだろうね、音楽にもね-。

それではそろそろ時間なりましたが、もう1曲、新譜から、、
♪5 "隼飛ぶ"


■昨年11月にデビュー25周年を迎えたLITTLE CREATURES。
約5年ぶりに通算7枚目のオリジナル・アルバムリリース。
『未知のアルバム』
2016.7.13発売
¥2,500 (w/o tax)



posted by daisy holiday at 00:00| daisy holiday 2016