2016年10月28日

playlist - 9.25.2016


Opening TM:Minute Merengue/Harry Breuer
M1 : Dark Eyes/Toots Thielemans Trio
M2 : Moonray/Koshi Miharu
M3 : バライーバ/生田恵子
M4 : RETRATO B:Ernesto Nazareth/Jacob Do Bandolim
M5 : Kiss/Marilyn Monroe
M6 : Que Sera, Sera/Luis Mariano
Ending TM : The Song Is Ended/Stanley Black


ふふ〜ぅん!今、分かったことがあるな。
ミハルちゃん、、マリリン・モンローだね?やっぱり。



今週は久々のいつものメンバーで。--落ち着くねー、このメンバーね。もう9/25で。「もうすぐ・・笑。」--クリスマスはどうでもいいんだけど(笑)正月だよ、もうすぐ・笑。岡田くんからまた…訃報が届いて。"トゥーツ"シールマンス(Toots Thielemans)また1人消え、2人消えと、寂しい限りですけど、、(岡田さん 以下 : O)「50年のToots Thielemans Trioの演奏で♪1"Dark Eyes"」--いいっすね。(O)「あんまり50年代の録音ってCDとかになってないですね。」--あんまり聴いたことない、そういえば。オーソドックスだね。”上手い人っていう感じ…(笑) (O)「トゥーツは口笛とかもうまいですね。」--惜しい人だ。(O)「レイモンド・スコットのシークレットセブンにも、メンバーとして入ってましたし。」--さて!そこにおしますミハルコシさん。なんかライブありますよね?(ミハルさん 以下:M)「初の…ビルボードライブ。10/31大阪、11/1東京。(2ステージずつ!)」--マダム・クルーナーシリーズですね。(M)「そうです。トリオで。」--そうすっとね、ぼくは11/2にブルーノートがある。ミハルちゃん、少し出てもらうからね。大丈夫なの?ぼくだったらダメだけどね~。昔(ビルボードで)2ステージずつ2日間やって、大変だった。。>>>悪魔の譜面台のお話>>>(M)「ビルボードのチケット発売は、9/27から。是非皆さん!いらしてください。ではアルバムのタイトル、♪2"Moonray"を。」


(O)「それでですね、この『MOONRAY』のアナログ盤が、
  11/9にジェットセットから、発売されることになりましたので。ぜひ!」」
[なぜか小さな声でお話するミハルさん&岡田さん・・]
--このひそひその感じ、なにかな?笑 なんだろな、この。なんだかな、これ。
リスの寄り合い…?ナニ?笑  
ぼくかけますよ。東京バイヨン娘ね。
(O)「お。生田恵子さん」
--この間見つけて、こんな人がいるんだぁと思って笑そしたら岡田くんも見つけたんだね?」
(O)「宝塚の方ですね、もともと。」
--そうだったんだ〜?50年代にレコーディングしてるんでしょ?
(O)「ブラジルに51年に行ったんですよ。日本人の芸人さんとかいろんな人とブラジルで興行して。
  そこで、ルイス・ゴンザーガ(Luiz Gonzaga)っていうバイヨンの偉い人の指導を受けて。
  その方々の楽団でレコーディングもして、バイヨンとは何かを習得して、東京に戻ってきて・・」
--参っちゃうなぁ〜!バイヨンバイヨンて言ってるの、ぼくだけかと思ったら…!あははは!
(O)「その後、氷川きよしが…"虹色のバイヨン"っていうのを(笑)」
--そうだ、あったあった!笑
(O)「どの辺がバイヨンなんだかイマイチわからなかったんですけど(笑)」
--演歌系にバイヨンて息づいてるんだね?脈々と。笑。
(O)「51年なんてねぇ、ボサノヴァなんかもできる前ですからねぇ。」
--そうだよー。すごいね〜。
1951年の、これはブラジルでレコーディングしてるのかな。
リオデジャネイロビクター管弦楽団って書いてある…(笑)
ビクターの人がそういう名前かと思ったら、ブラジルのオーケストラですね。
♪3"バライーバ(Paraiba)"

--生田恵子さん--”東京バイヨン娘”と言われてた。なんか、インド歌謡みたいな感じだよね・笑
(O)「そうですよね笑。当時23歳ですね。」
--今はどうしてらっしゃるんでしょうね? (O)「もうお亡くなりになってるんですかね、、。」
--全然知らなかったよね。
まあ、ぼくたちのやってることも、、全然知らなかったって言われる…(笑)…だろうね。
バイヨン。(♪バイヨンのリズムを歌う細野さん)これはやっぱり、演歌に親和性があるというかね。
ハバネロもね。歌謡曲によく使ってた。
(♪ハバネロのリズムを歌う細野さん)ラテンとね、合うんだね。

>>>岡田さん選曲>>>
(O)「ブラジルの方を。Jacob Do Bandolimという方で、バンドリン奏者です。
  64年の録音で♪4"RETRATO B:Ernesto Nazareth"
  ラダメス・ニャタリという人が書いた曲です。」


--素晴らしい。ブラジルはサンバの前にね、ショーロっていうね。デリカードとか、、

(ミハルさんに向かって)
--どうぞ?ナニをぼーっとしてるんだろ(笑)?
(M)「いや、いいなぁと思って、ちょっと・・」
--この3人、みんなミュージシャンだから、聴いちゃうんだね。
音楽がかかると、黙っちゃうんだよね。習性として(笑)どんな音楽でも聴いちゃうんだね。

>>ミハルさん選曲>>マリリン・モンロー(Marilyn Monroe)で♪5 "Kiss"

--ふふ〜ぅん!今、分かったことがあるな。ミハルちゃん、、マリリン・モンローだね?やっぱり。
(M)「え?なんなの?なに?笑」
--モンローって囁くように、クルーナーじゃない?あんまり他にいないじゃん。
こういうタイプの人って、マリリン・モンローしかいないような気がする。
ミハルちゃんがそれだぁん…
(M)「わたし…マリリン・モンローなんですか?」
[一同笑]
--なんかでも、念頭にあるでしょ?
(M)「好き。すごく好き。キュートで、可愛い。で、音楽すごい…ね、いい。」
--意外と、いいものがいっぱいあるよね。♪”ププッピドゥ”だけじゃないんだよね。

>>>細野さん選曲>>>
--ルイス・マリアーノ(Luis Mariano)っていう人はどんな人なの?(とミハルさんに聞く)
メキシカンなんだけど、フランスでやってたんで・・
ティノ・ロッシとかとよく並べられたっり。
(M)「すっごい明るい人で。ジャコ・ヴァン・ドルマルの『八日目』[1996]で、音楽が。」
--ちょっとなんかこう、、ドラッグクイーン系なのかしら?
(M)「そうだね。」
--そのルイス・マリアーノが、ミハルちゃんもやってるけど
♪6"ケ・セラ・セラ"("Que Sera, Sera")やってるので



□□□コシミハル□□□
Madame Crooner au Billboard 「マダム・クルーナー6」

コシミハル(Chant, Accordéon, Glockenspiel, Piano)
フェビアン・レザ・パネ(Piano)
渡辺等(Contrebasse)
山口新語(Batterie)

【ビルボードライブ大阪】
10/31(月)
1stステージ 開場17:30 開演18:30
2ndステージ 開場20:30 開演21:30
サービスエリア¥6,900-
カジュアルエリア¥5,900-(1ドリンク付き)
[ご予約・お問い合せ] ビルボードライブ大阪 06-6342-7722
〒530-0001 大阪市北区梅田2丁目2番22号 ハービスPLAZA ENT B2

以下のURLからもチケットをご購入いただくことができます。
http://www.billboard-live.com/pg/shop/show/index.php?mode=detail1&event=10214&shop=2


【ビルボードライブ東京】
11/1(火)
1stステージ 開場17:30 開演19:00
2ndステージ 開場20:45 開演21:30
サービスエリア¥7,000-
カジュアルエリア¥5,500-(1ドリンク付き)
[ご予約・お問い合せ] ビルボードライブ東京 03-3405-1133
〒107-0052東京都港区赤坂9丁目7番4号 東京ミッドタウン ガーデンテラス4F

以下のURLからチケットをご購入いただくことができます。
http://www.billboard-live.com/pg/shop/show/index.php?mode=detail1&event=10213&shop=1




posted by daisy holiday at 00:00| daisy holiday 2016