2016年12月09日

playlist - 11.20.2016


Opening TM:Minute Merengue/Harry Breuer
M1 : Take It Away, Leon/Leon Mcauliffe
M2 : South American Way/Carmen Miranda
M3 : Knockin' On Heaven's Door/Bob Dylan
Ending TM : The Song Is Ended/Stanley Black


伊賀航ショウ!…来年も続くのか?!


先週に引き続き『伊賀航ショウ!』>>>まずは細野さんの真似から・・笑>>>最初のゲストは高田漣さん>>>「伊賀くん、『伊賀航ショウ』の頻度がさ、どんどん高くなってないですか?この番組の中で(笑)」「う〜ん、僕もなんかね、それをちょっと危惧してるっていうか。ヤな流れになってるぞっていうね〜。スパンが短くなってるのが気になる!」>>>漣さん紹介「担当楽器は~~弦楽器ですかね、いろいろ。」「多すぎてね、ほんとに。どうやってそんなに覚えたんですか?」「最初っから、、父親とやってたミュージシャンの人たちは、だいたい皆いろんな楽器をやる人たちだったんですよ。それが当たり前だと思ってたから。ギター始めた時に近くにマンドリンもあったし、steel guitarやる人もいれば、くじらさんみたいにトランペットやるわヴァイオリンやるわみたいな人もいるし。だから、同時で覚えてくのが当たり前だったんだよね。」「チューニングとか、違うじゃないですか。そういうのを、楽器を持っただけでパッとやるのがすごいな〜、って僕、いっつも思ってました。」「笑。語学をすごく覚えるのがうまい人って、同時に色んな言葉を覚えるって言うじゃないですか?だから自然と、その楽器持ったら、その脳になるっていうか。」「その脳いいですねぇ。」「フフフフ!伊賀くんのベースだってさ、エレキとウッドベースは全然違う楽器じゃない?」「楽器はね、違うんだけど、チューニングは同じだからね?いや〜…近づきたいもんですね!」「笑・なんか今日は持ち上げられる・・?あははは!」


漣さんの最近の大変な?話
「InterFMの企画のLIVE MAGIC! で、伊賀くんにも 手伝ってもらったんですけど、
 高田渡のアルバム『ごあいさつ』を全曲演奏するっていうのライブをやって。
 ほぼずっと歌いっぱなしだったりして、しかも、普段”高田渡トリビュートライブ”でやってない曲
 父も人前でたぶん歌ったことがないような曲も多かったから。
 それを覚えて、しかもライブがほぼ曲間なしでどんどん、どんどん歌うみたいな感じで。
 さすがに最後の方、喉もかれてくるし、自分の体力の無さ、体力の限界?
 千代の富士みたいですけど(笑)を感じましたね。」
~中略~
伊賀さん「面白かったですね〜。また来年も出られたら。」
漣さん「そうですね。すごい面白かったし、ぼくもいろんなアーティストみれたり。」
伊賀さん「セッションとかやったんだよね?」
漣さん「本当にセッションですね。普通、セッションって言う名の取り決めがあって
    リハーサルとかしてるけど、本当にギリギリまでわかんなくて(笑)
    まあでも、そういうのできるのがブルースの良さだから、うん。」
>>>漣さん選曲>>>
Leon Mcauliffeというスチールギター奏者の♪1"Take It Away, Leon"


漣さんの夢の話
「僕、むちゃむちゃ悪夢見るんですよ。細野さんがよく言うホラー映画見るのと
 ちょっと似てるんだけど、子供の頃からやたらと、逃げる夢ばっかり。
 二階の窓から飛び降りて逃げたりとか、そんな夢ばっかり見てて。
 でも、ある日、それを夢の中で楽しめばいいって思い出したの。
 それからは、誰にも追いかけられてないのに夢の中逃げたりするの、が趣味になっちゃって。
 そのうち、怖い夢とか変な夢を記憶するのが楽しくなってきちゃって。
 夜中とか朝見て、面白い夢でも忘れちゃうでしょ?それを覚えておく方法を見つけたんですよ。
 起きた時(見た瞬間)に、一回、頭の中で反芻するの。
 (そのあと)寝ちゃったりしても一回定着させておくと数時間後に起きても覚えてるんですよ。」
伊賀さん「へええええー!なに、漣くん、夢をコントロールしているね?!」


漣さん「子供の頃からよく見たのは、崖から落っこちる。峡谷になってて、
    ふぁーって飛んでるんだけど必ず崖の途中に止まり木みたいのがあって、そこに止まるの。
    で、必ずなんだけど夢じゃないや、それは、止まった瞬間にだいたい寝るの。
    小学校くらいからずぅ〜っとそれ見てて。寝る瞬間っていうの。
    だいたいそれ見ると、ああやばいもう寝るなって思う。」
伊賀さん「えええ〜。今も見るの?」
漣さん「みるみるみるみる。ぜんぜん」
伊賀さん「え?あんなにグデングデンに酔っ払ってても見るの?笑」
漣さん「あ、そういう時は見ない・笑」
[2人で爆笑〜]

漣さん選曲
「最近の細野さんの新レパートリーなんですけど」
Carmen Mirandaの♪2 "South American Way"

漣さん「たまたまこの間、ウッディ・アレンの『ラジオデイズ』を見ていたら
    その中で流れてて。なんか聴いたことあるなと思ってた、
    なんて話をしていたら細野さんが。」

→細野さん登場〜(遅れ登場?)
伊賀さん「大トリの細野さんが登場しましたっ。」
--いやいやいや・・・なんかすごい、順調らしいね。伊賀くんのDJが。
伊賀さん「いえいえいえ…そんなことないですよ~。自分では何喋ってるのかわかんない。。」
--ぼくもわかんないよ。
[一同笑]

>>>細野さんの最近の面白かったこと>>>
--やっぱりね、ボブ・ディランが面白くて。早く言えよ、と。
[一同爆笑]
--なに逃げ回ってたんだどう?あの沈黙のあと、断るのかと思ってたの。
そしたら『嬉しい』って。ふはははは!コケたね。歌も歌っていいなんて言ってる・笑
なぁんだ、早く言えばいいのに。いろんな話が飛び交ってたよね。
ひと騒がせなね?までも、面白かったね。
伊賀さん「そうですね、ハイ。あ、いい話ですね〜。」
--そうすか?笑

>>>細野さんの夢の話>>>
--結構見てるよ。いろんな夢をもう一生ずっと見続けてきて、だんだん少なくなってるけど
いっちば〜ん、印象に残ったのは、『揚げ物合戦』
タイトルまでついてたよ、夢にね。
(→詳しくは『ほぼ日刊イトイ新聞』細野晴臣夢日記にて過去連載)

伊賀さんの今朝見たアンプが燃えちゃう夢の話や
細野さんのライブ前に見る、いや〜な夢の話でひとしきり盛り上がりました。

そして・・伊賀さんの夢。
「リハとかレコーディングで細野さんに会う一週間前とか三日前に細野さんの夢を見るんですよ。
 細野さんが出てくる夢を何回か見て。僕、それなんでだろうなっていっつも思うんですけど・・」
--ぼくなにやってるの?
「普通なんです。なんかこう、ギター弾いてたりとか・・」
--それはね、、、予知夢だよ。


細野さん選曲>>>やっぱりBob Dylan>>>♪3 "Knockin' On Heaven's Door"



posted by daisy holiday at 00:00| daisy holiday 2016