2020年04月26日

playlist - 4.26.2020

M1 : Trav'lin' Light / Peggy Lee
M2 : A Dream Is a Wish Your Heart Makes / The Jubalaires
M3 : Love's Old Sweet Song (Just a Song at Twilight) / Heidi Talbot
M4 : Cutting Branches for a Temporary Shelter / Penguin Cafe Orchestra
M5 : Attention Tokyo / Sketch Show
M6 : Spoons / Stock, Hausen & Walkman
M7 : Cadillac / 細野晴臣
M8 : I'll Never Forget the Blues / Sidney Bechet & Mezz Mezzrow
M9 : Somewhere a Voice Is Calling / Kimmie Rhodes

細野さんのワンマンDJでお送りする「手作りデイジー= Stay Home」も#3に!
今週もめくるめく音楽の旅にいざないます。・・・お楽しみに。


Trav'lin' Light / Peggy Lee


Trav'lin' Light / Anita O'Day


A Dream Is a Wish Your Heart Makes / The Jubalaires


A Dream Is a Wish Your Heart Makes / Ilene Woods


Love's Old Sweet Song (Just a Song at Twilight) / Heidi Talbot


Cutting Branches for a Temporary Shelter / Penguin Cafe Orchestra


Penguin Cafe Orchestra


Attention Tokyo / Sketch Show


Stock, Hausen & Walkman - Organ Transplants #2 (full album)


La dolce vita. Nino Rota


I'll Never Forget the Blues / Sidney Bechet & Mezz Mezzrow


Somewhere a Voice Is Calling / Kimmie Rhodes


選曲メモ
https://www.instagram.com/stories/hosonoharuomi_info/
M1 : Trav'lin' Light / Peggy Lee
1942 song composed by Trummy Young and Jimmy Mundy with lyrics by Johnny Mercer
旅の明かりだと思っていたら「身軽な旅」だった。でも哀しい失恋の一人旅。

M2 : A Dream Is a Wish Your Heart Makes / The Jubalaires
「夢はひそかに」(1950)ディズニーのシンデレラから。願った夢は叶う。これ、もちろんカバー。
M3 : Love's Old Sweet Song (Just a Song at Twilight) / Heidi Talbot
「なつかしき愛の歌」1884 by James Lynam Molloy from "The Beautiful Old - Turn-of-the-Century Songs" produced by Garth Hudson, 2013
アイルランドの唱歌は日本でも昔から愛されてきた。子どもの頃から聞いていたからか、強い郷愁を感じる歌。
「黄昏に静かに愛の
 懐かしい
 歌が流れ
 愛の
 懐かしい
 こころ
 よい歌が流れる」

M4 : Cutting Branches for a Temporary Shelter / Penguin Cafe Orchestra
サイモン.ジェフスは掛け替えのない才人。来日時に見て感動しました。惜しくも他界し、今は息子さんが後を継いでいる。
M5 : Attention Tokyo / Sketch Show
東京に注意!
M6 : Spoons / Stock, Hausen & Walkman
1990年代はラウンジやモンド、あるいはサンプリングも流行っていたけど、その中で異色のユニットが彼ら(二人組)だ。サンプリング・コラージュのセンスが抜群で、実験的なのにポップな陽気さが特徴。来日した時にCAYで一緒になったことがある。
M7 : Cadillac / 細野晴臣
2010年にミッドタウンのエレベーター・ミュージックを選曲した際に、それをコンセプトにしたアルバム『Promenade Fantasy』を制作。その中の1曲。これはプログラミングで作ったが、その後、キネマ旬報90周年のライブで生演奏した。カバーをして気づいたが、Nino Rotaの原曲には敵わない。
M8 : I'll Never Forget the Blues / Sidney Bechet & Mezz Mezzrow
録音年は不明だが40年代に間違いない。ウディ・アレンの映画『ミッドナイト・イン・パリ』で印象的な音楽もシドニー・ベシェだったが、その曲("Si tu vois ma Mère")に通じる哀愁が好き。
M9 : Somewhere a Voice Is Calling / Kimmie Rhodes
ガース・ハドソンのプロダクション。M3と同じアルバム収録。1901年に作られた歌だが、第一次大戦の1914年にレコーディングされ、良好した。聞けば聞くほど深く染み込んでくる。
「夕暮れ、陸と海に落ちる影、どこかから・・声が私を呼んでいる。愛する人よ。私はあなたを夢見て・・どこかで声が私を求めている。」
posted by daisy holiday at 21:47| daisy holiday 2020