2021年09月27日

playlist - 9.26.2021

M1 : Ma petite maman / コシミハル
M2 : Domino / コシミハル
M3 : アッチェルはおかんむり / 片岡知子
M4 : 秘密の旅 -Voyage secret- / コシミハル



今週は、レギュラーゲスト<岡田崇さん><コシミハルさん>をお迎えしての音楽夜話。
9月15日に発売となったコシミハルさんの新作「秘密の旅」を聴きながら、
同日15日に行われた4年ぶりの公演の舞台裏などを・・・。


コシミハル/秘密の旅 好評発売中!
https://columbia.jp/artist-info/koshimiharu/








スキマの国のポルタ


『スキマの国のポルタ』オリジナルサウンドトラック/アナログ盤 10月20日発売!


普段、ぼくが選曲している少しヘンテコで可愛らしい音楽に興味を持っていただけているリスナーの方には大推薦のサントラ盤です。
「ぼくの運営しているリル・デイジーというレーベルは、アメリカの作曲家・発明家レイモンド・スコットの『RaymondScottSongbook』という作品集を発表する際に発足したレーベルです。インターネットの普及によってあらゆる音楽へのアクセスが可能になり、ネットの世界が全てと思ってしまいがちですが、まだまだ歴史に埋もれてしまってアクセスできないままの“未知の音楽”はたくさん存在します。リル・デイジーは、そんな“未知の音楽”の中からレイモンド・スコットやハル・ハーゾン、ジャン=ジャック・ペリーなど、ぼくが生涯をかけて研究対象としている作曲家・編曲家を発掘して後世に遺していくことを目的としています。その研究対象の中に、何の違和感もなく「片岡知子」という音楽家が加わりました。それは予想外のような、必然のような。。不思議な感覚です。」岡田崇(10月20日発売/インスタントシトロン10”EP『Lullaby in Winter』ライナーノーツより)
このサントラ盤を、彼女の命日である10月20日にリル・デイジーからレコードでリリースできる奇跡に感謝し、たくさんの方々のところにトモちゃんの音楽が届くことを祈っています。(きっとポルタとロバロバが届けてくれるはず)
https://lildaisy.theshop.jp

*音楽家・片岡知子の代表作! 名作アニメ『スキマの国のポルタ』(原作・絵:荒井良二)のオリジナル・サウンドトラック盤が夢のアナログ化!!
*絵本作家・荒井良二の原作と絵を和田敏克監督によりアニメ化、NHK Eテレで放送された『スキマの国のポルタ』。平成18年度(第10回)文化庁メディア芸術祭・優秀賞を受賞するなど高い評価を受けたこの作品の世界観に大きく貢献していたのが、片岡知子(インスタント シトロン)が手がけた音楽でした。音楽家・片岡知子の代表作と呼ぶべき内容でありながら『スキマの国のポルタ』DVD-BOX(2008年)のセットとして一度CD化されたのみだったオリジナル・サウンドトラックを、片岡自身が愛してやまなかったアナログレコードで発売!

「荒井良二さんの描く絵には、すでにメロディがあり、
 和田敏克さんの動かす画には、もうリズムが刻まれています。
 ですので和田さんの書き上げた絵コンテを拝見すると、
 とても自然に音楽が浮かんでくるのです。
 そして素敵な演奏家さんたちの力を借りてスキマの国の音楽を仕上げました。
 でも聴きかえしてみると圧倒的にアタフタしているような曲が多いのですね。
 ノンビリポルタには沢山アタフタして頂いちゃいました。」(片岡知子)
posted by daisy holiday at 01:34| daisy holiday 2021