2022年09月18日

playlist - 9.18.2022

M1 : You're the Boss / Elvis Presley
M2 : Ti Paule / Alexandre Stellio
M3 : Ti Paule / Lola Martin
M4 : Prelude to a Kiss / Johnny Mathis
M5 : いつか王子様が Un jour mon Prince viendra/Someday My Prince Will Come / Henri Salvador



今週は、レギュラーゲスト<岡田崇さん>と<コシミハルさん>を迎えての音楽夜話。
細野さんが気になっている曲「Ti Paule」についての考察と
伝説の歌手/コメディアンについてのお話です。


You're the Boss / Elvis & Ann-Margaret(1963)


ミハルさん選曲のエルヴィス・プレスリーのこの曲は、作家コンビ「リーバー&ストーラー」の楽曲で、オリジナルはLavern Baker & Jimmy Ricksの1960年録音、1963年にプレスリーが映画『Viva Las Vegas』のために共演のAnn Margretと録音。3曲録音されたうち映画では使用されたのが別の1曲のみでこの曲はお蔵入りに。1991年に発売されたCD『Elvis Presley Sings Leiber & Stoller』で初収録されたそうです。どうりで聴いたことないはずだ。

You're The Boss ft Miranda Kerr / Bobby Fox (Official Video)


You're the Boss / LAVERN BAKER & JIMMY RICKS (1960)


Ti Paule / Alexandre Stellio


Ti Paule / Henri Salvador


Ti Paule / Lola Martin


Exposition Coloniale de Paris-Vincennes / 1931 / Films Pathé 1931


Prelude to a Kiss / Johnny Mathis


Un jour mon Prince viendra/Someday My Prince Will Come / Henri Salvador


Henri Salvador SINGS LOUIS ARMSTRONG CAB CALLOWAY AND DUKE ELLINGTON


Maladie d'Amour / Henri Salvador


A Saint-Germain Des Prés / Henri Salvador



告知コーナー
楽しくて可愛くてヘッポコで、ちょっぴり切ない。
『みいつけた!』『たまこまーけっと』などで知られる
音楽家・片岡知子(インスタントシトロン)による“ネコード”登場!





『ネコとミーシャのアルバム』片岡知子  10月20日発売!

リル・デイジーのサイトで予約受付中! lildaisy.jp

昨年好評を博したインスタント シトロンのアナログ再発シリーズ<instant cytron retrospective 1995-2002>に続き、片岡知子によるネコ企画アルバムが彼女の命日でもある10月20日に10インチ・アナログ盤とCDで発売決定!
アナログ盤A面には未発表曲のほか、アニメ『キルミーベイベー』のキャラソンCDに提供した「空き地と野良猫」のセルフカバーなど、彼女が手掛けたネコにまつわる楽曲を5曲収録。
B面には、犬のぬいぐるみの「ミーシャ」がパリを散歩する絵本『ミーシャのパリ散歩』のために書き下ろした楽曲4曲を収録。
ジャケットには、1940〜50年代のコロムビアやRCAビクターのアートワークを数多く手掛けたジム・フローラが描き、有名なネコード(ネコジャケのレコード)『MAMBO FOR CATS』の元となった原画(片岡知子所蔵)を使用。
ネコ好きでネコード・コレクターでもあった彼女の作品集は、やっぱネコードじゃなくちゃね!
https://www.110107.com/instant_cytron

レイモンド・スコットのキラキラで小粋なジングル全集、
リル・デイジー限定プレス(2LP)で、好評発売中です! 


レイスコが1950〜60年代にかけてTVやラジオのCMに提供したジングル、インスト、デモ、アウトテイク等の集大成。マー・サウンド・アーカイヴに保管されているレイモンド・スコット・コレクションのマスター・テープ音源使用!



・妄想オビ(デザイン:森本書店) ・16Pブックレット(翻訳:松永良平)
・特製アザー・ジャケ/(ライナーノーツ:岡田崇)
・オリジナル・アートワーク:Javier Garcia

スキマの国のポルタ(オリジナル・サウンドトラック盤)
音楽:片岡知子 

アナログ盤 試聴&開封の儀



リル・デイジーから『スキマの国のポルタ』オリジナル・サウンドトラック盤(音楽:片岡知子)&インスタントシトロン・スペシャル10インチ『ララバイ・イン・ウィンター』が発売になりました!一家に1枚、いや2枚、なにとぞ、よろしくお願いしま〜す!

片岡知子さんは稀に見る音楽家でした。
想像を超えた仕事量を抱えていた彼女に比べ、自分がいかに暇で怠惰かと思ったことさえありました。そしてその仕事ぶりはひとつとして手を抜くことなく、自らの音楽的趣向を生かした完成度を達成していました。そして我々が敬愛するレイモンド・スコットに誰よりも近づこうとしていたのが驚きです。ぼくのような音楽三昧のミュージシャンより、さらに音楽に没頭し音楽に人生を捧げて生き抜いた人だと思います。
細野晴臣

片岡知子さん=トモちゃんの作品は
どれも可愛くて、楽しそうで、日本人離れしたメロディラインは
レコードの中の古い時代の音楽とトモちゃんのハートが直接繋がっていたからなのではないかしら?と思っています。

中でも「アッチェルはおかんむり Accelle Gets Angry」。
この曲はドラムとチェンバロとバイオリンが転がるように追いかけっこをする中でベースとヴィブラフォンはクールな横顔、その間を電子楽器がピヨヨ〜ンっとつむじ風のように通り過ぎる。
そうして仕舞いにはクスっと笑ってしまう。
夢中にさせておいて、お嬢さんが背筋をピンと伸ばして、まっすぐに進んでいくようなイメージがありました。

大げさな顔をしない小さなびっくり箱のような音楽を沢山作ってくれた可憐でおしゃれな音楽家、トモちゃん。
これからも続いて発売されるということで、とても楽しみにしています!!
コシミハル

『スキマの国のポルタ』の音楽に寄せて

なんと楽しい音楽でしょう。
片岡知子さんの作り出した音楽と音を聴いてると
チャッカポッコと楽しく働ける。
おもちゃ箱をひっくり返したようなと、よく言いますが、
この音楽のようなおもちゃ箱があったら、湯船にして浸かりたい。
爪楊枝でもくわえて。
労働促進と休息入浴が混ざり合って、同時に聴こえてくるような、
なんとも素敵でイカした作品群です。
いつも、いつまでも聴いていますよ。知子さん。
鈴木慶一 moonriders

リル・デイジーのサイトで発売中! https://lildaisy.theshop.jp
posted by daisy holiday at 06:02| daisy holiday 2022