2014年12月05日

playlist - 11.23.2014


Opening TM:Minute Merengue/Harry Breuer
M1 : Never My Love/The Association
M2 : Mr. Soul/Buffalo Springfield
M3 : Red House/Suzy Cream Cheese : Pre-APLYL FOOL
Ending TM : The Song Is Ended/Stanley Black


SNAPSHOT DIARY


今日のゲストは高校、大学時代同級生だった、写真家の野上眞宏さん。いらっしゃい!「どうも~・・」--なんだなんだ?[緊張してる野上さん]付き添いに岡田崇くん。なんかいろいろ‥野上くん周辺が騒がしいっていうか(笑)忙しいよね。今日もやってきたんだよ?(Apple Storeで)トークショー。何が騒ぎがあるかっていうと?言って。自分で(笑)[野上さん:以下N]「野上眞宏の[SNAPSHOT DIARY]という写真集をiPadアプリで出しました。なぜアプリかと言うと、写真集は紙だから枚数が多いと対応できない。このアプリには4000枚以上入ってるので、iPad以外では対応できないということなんです。」--iPad持ってない人はiPadごと買うわけだね。[N]「そうですね...ついでにiPadを買ってもらう(笑)」--写真集の中身だけど、ぼくたちやってた、はっぴいえんどとかあの時代のものが中心なんでしょ?[N]「中心は1968年から73年くらいでその前後もちょっとあって。はっぴいえんどだけじゃなくて、東京の昔の写真とかいっぱい入れました。」--それがいいよね。しゃべるじゃん?よかったよかった(笑)野上くんとよく車で移動してたんだよね?夜、アチコチ。ウロチョロウロチョロ、大学生の頃。その頃聴いてた音楽・・さっき聴きたいと言ってたThe Associationの♪1”Never My Love”聴きましょう。>>>どうですかね?[N]「懐かしいっすね。ドライブしてる時のイメージが目に浮かびますね。」--カセットかなんかで聴いてたわけ?CDなんかないよ?[N]「FENだ。ヒット曲で、その頃。」--そうだ。ラジオをつければかかってたんだね。野上くんは今NYだけど、いつからNYに?[N]「1978年から」--随分経つね〜。もうアメリカ人、だね?[N]「考え方はちょっとそれっぽいかな。日本で時々ちょっとオレって違うな、と感じる。常識がズレてるみたいな(笑)」--それはね、学生の頃からだよ(笑)変わってないよ。まぁ、変な人だよね。岡田くんから見るとどうなの野上くんは?[岡田さん:以下O]「まあ変わった・・笑」(一同笑)--大学の頃ボクがバンドやってて、野上くんの家でジャムセッション。人の家だよ?うるさいったら、、ものすごい音出してた(笑)それをやろうよと呼びかけるのが野上くんだからね。その時に一緒にやってたのが、林立夫、鈴木茂という今に至る人たち。まだ高校生だ?!あとApryl Foolの人たち、小坂忠、柳田ヒロ。[N]「浜口(茂外也)さんも来てたね。」>>45年くらい前のこと>>半世紀たっちゃったかぁ〜。 続きを読む
posted by daisy holiday at 00:00| daisy holiday 2014

2014年11月27日

playlist - 11.16.2014


Opening TM:Minute Merengue/Harry Breuer
M1 : ハバロフスクを訪ねて/MOONRIDERS
M2 : 蒸気でできたプレイグランド劇場で/MOONRIDERS
Ending TM : The Song Is Ended/Stanley Black


MOONRIDERS


先週に引き続き、鈴木慶一さんをゲストに>>>先週は最近の活発な活動を。すごく圧倒されました。エネルギ−がすごいね?!「思い切り出してるってわけでもないんですけどね(笑)」--そりゃお互いにそうなんだけど。よく最近言われるんだよね..あの〜「お元気ですね、とか(笑)あんまり変わってないんだけどね~」--全然変わってないよ。受け身だしね。なんていうんだ?人に引っ張り出されるってこともボクは多いからね。今回も慶一サイドから、かしぶちくんのトリビュートアルバムが命日の12/17に発売されることになって。ボクも参加することになってね、これから、録るんだけどね(笑)>>ムーンライダーズ何年やったの?「2011年に活動休止だから、35年ですか。」--すごいね!一つのバンドがそのくらい続いてるって日本でいるかな?「他にもありますけどね。センチメンタル・シティ・ロマンスとか。う〜ん、メンバーチェンジなしだから、、ほとんどね。5年間休んだりもしたけども、毎年ライブやったりアルバム出して。」--かしぶちくんが亡くなったのは1年前?「そうですね。」--それは(バンドが)休止してからだよね?「そうです。2011年に休止してからですね。」>>慶一は前、映画音楽もやってたじゃない?一番忙しい時期っていうのがあったでしょ?「2012年は映画音楽と、ミュージカル。」--ミュージカルもやったの?!出て歌ったの?(笑)「いやいやいや。蜷川さんの『四谷怪談』ですね。」--う〜ん、大仕事だね。「大仕事ですよ~。わりと頻繁に稽古に行って。ミュージカル、大変ですね。」--なんか活動的に見えるよそれは!「2012年ずっとそういうことやってたので、去年バンド作ろうとか、そういうことになったんですよ。要するに自分で何かやろうと。依頼されて作るのも楽しいですけど、"音楽"っていうくらいで、楽しいんですよ。」--音楽を楽しんでる人ってなかなかあんまりいないけどね。「あのね、厳しい注文がきたときこそ、これは楽しくやろうと思うんですね。」--座頭市の音楽もやってたでしょ?「その後、北野武さんの映画は"アウトレイジ"と"アウトレイジ ビヨンド"も」--すごいね、見込まれたね。周りで一番忙しそうな人だったんだよ。皆でびっくりしてたの。あれででサッカーやってお酒飲んでタバコ吸ってるんだよって(笑)続きを読む
posted by daisy holiday at 00:00| daisy holiday 2014

2014年11月12日

playlist - 11.9.2014


Opening TM:Minute Merengue/Harry Breuer
M1 : First Session/Controversial Spark
M2 : Hello Mutants/Controversial Spark
M3 : イート・チョコレート・イート/No Lie-Sense
Ending TM : The Song Is Ended/Stanley Black


Controversial Spark


今週は鈴木慶一さんをゲストに。「3年ぶりくらいでしょうか。」--相変わらずね、元気だね?「いや〜髪が白くなる一方ですが。」--な~んかちょっと(ボクと)共通点があるよね。「細野さんも随分白くなって。しかしすごい元気そうに見えますが」--いやいや、そ〜〜お?!慶一は体、丈夫だよね〜。お酒飲んでタバコ吸ってスポーツやってるんでしょ?「音楽もやってますよ(笑)」--音楽やってるんだ?あははは!「すべて平等にやってる感じですね(笑)」--持って生まれたエネルギ−?「これは親に感謝しなきゃってことかなぁ。あとね、小中高と遅刻ばっかりしてたんですよ。毎日走ってたんですよ。これかなぁ~って気がしないでもないんですけどね(笑)急ぐから、到達点、ドア to ドアが速いんですよ(笑)そのせいか、一応丈夫ですね。」--ホントそう思うよ。いつも感心してる。えー...なんで来たの?ははは!お知らせまず聴きたいね。「色んなことを平等にやってるとは言いましたが、結局音楽が中心なので。新しいバンドを作りました。」--活発だなあ〜!「バンド作るの結構大変なんですよ、実は。かえってユニット、2人とかの方がスムーズに運ぶんですけど...」--今度はパーマネントグループでずっと続けるつもりね?紹介しますと『Controversial Spark』こりゃまた慶一っぽい名前だけど、意味は...「”物議を醸す火花”というんですよ。細野さんもいっぱいバンド名考えるでしょ?百とか二百とか。」--そこまでいかない(笑)「考えてて、例えば検索で引っかかった時に一個しかないものを選んだというかね。その昔、アニメ『聖(セイント)☆お兄さん』の音楽やったんですよ。ブッダとキリストが一緒に立川の4畳半くらいのアパートに住んでる、その話をある外国人としてたら、そりゃ外国では「Controversial(物議を醸す)」だって。それいいなぁってことでつけたんです。」続きを読む
posted by daisy holiday at 00:00| daisy holiday 2014

2014年11月06日

playlist - 11.2.2014


Opening TM:Minute Merengue/Harry Breuer
M1 : Sherry/Frankie Valli & The Four Seasons
M2 : My Mother's Eyes/Frankie Valli
M3 : Such A Night/The Four Lovers
M4 : Short Shorts/Royal Teens
M5 : Moody's Mood For Love/John Lloyd Young
M6 : My Boyfriend's Back/The Angels
M7 : Candy Girl/Frankie Valli & The Four Seasons
M8 : Can't Take My Eyes Off You/Frankie Valli & The Four Seasons
Ending TM : The Song Is Ended/Stanley Black


The Four Seasons


今週は久々に細野さんワンマンです。--『ジャージー・ボーイズ』を観に行って、やっぱりいい〜映画でしたね。最近の音楽映画の中ではピカイチ。クリント・イーストウッドって人はすごいな。本当に音楽が好きな人なんですね。The Four Seasonsの伝記ものなんですけど、ボクが中学一年、1960〜61年にかけて結構聴いてました。この番組ではあまりかけたことないですけど♪1”Sherry”--Frankie Valli & The Four Seasons、当時は単に”フォー・シーズンズ”と言ってました。映画ではニュージャージーのベルヴィルという街で、16歳くらいの若者たち、フランキー・ヴァリ(Frankie Valli)がオーディションで歌うシーンがあって。それをクリストファー・ウォーケン扮する親分がクラブで聴いてて、やけに感激するシーンがすごいよかったんですが♪2”My Mother's Eyes”のオリジナル、Frankie Valli の歌で聴いて下さい。>>>映画で歌ってた主役、Frankie Valliの役はジョン・ロイド・ヤング(John Lloyd Young)。この人はホント声が高くて、類い稀な俳優ですよね。その映画の中でFour Seasonsになる前にFour Loversという名前でやってた頃のレコーディングの素材を見つけました。プレスリーで大ヒットした♪3”Such A Night“をやってます。>>>ここでピアノを弾いてるのがボブ・ゴーディオ(Bob Gaudio)だと思うんですが、彼はかなり才能があって作曲としてずっとその後Four Seasonsを支えてくんですが、それを引き合わせたのがジョー・ペシというのちにギャング・スターというか俳優になるユニークな男なんですけど、ニュージャージーの仲間ですね、みんな。続きを読む
posted by daisy holiday at 00:00| daisy holiday 2014

2014年10月31日

playlist - 10.26.2014


Opening TM:Minute Merengue/Harry Breuer
M1 : C'est Si Bon/コシミハル
M2 : Deserted Ballroom/Hal Herzon & His Orchestra
M3 : Mam'selle/コシミハル
M4 : S'wonderful/Fred Astaire & Audrey Hepbum
M5 : The Penguin/Leith Stevens & His Orchestra
Ending TM : The Song Is Ended/Stanley Black


マダム・クルーナー3>>>告知ビデオ公開中!


今週はミハルさん&岡田さんがゲスト!--ミハルちゃんあの〜、11月にコンサートありますね。みんな来てね!って言うんでしょ?何泣いてるの?(笑)応援してるよ!>>岡田さんも「応援してますよ!皆さんぜひ。」>>>『マダム・クルーナー3』告知:「11/26(水)19:00から北沢タウンホールで、前回と同じくピアノにフェビアン・レザ・パネさん。パーカッションに浜口茂外也さん、ベースに渡辺等さん。トリオで。今回も古い曲をいっぱいやります。」--前回やらなかった曲も結構あるんでしょ?「新しい古い曲?(笑)フレッド・アステアのミュージカル・ナンバーだとか、シャルル・トレネのシャンソンなど、他にもいろいろ。」--ボクと岡田くんもいくよ?ね。毎回、映像係として。大変なんだこれが。結構疲れるよね(笑)一応カメラ2台・・(笑)じゃあね、それにちなんで音楽でもかけてみませんかね。「アルバム『Madame Crooner(マダム・クルーナー)』の中から♪1"C'est Si Bon"を聴いてください。」>>>岡田さん選曲>>>「この間、16インチのラジオ・トランスクリプション盤という大きいレコードをたくさん買ったんですけど、その中から...結構、面白いのがたくさんありましたよ。全然この人知らなかったんですけど(笑)Hal Herzonという人の♪2”Deserted Ballroom”」--なぁ〜るほどね〜、レイモンド・スコットだ(笑)これ何なんだろう?誰なんだろうね。「Harold Stanford “Hal” Herzonというクラリネット/サックス奏者で、チャーリー・バーネットとかグレン・ミラー、トミー・ドーシーとかの楽団で活躍したそうで、その後自分のビッグバンドを組んでツアーをまわるんですけど、結局ハリウッドにたどり着いて自分のスタジオ作って。ビッグバンドが衰退していって職に破れたので、タレンコ・・タレントエージェントを」--タレンコ?(笑)「ジェームズ・コバーンって‥.あの人のエージェントをやって、あの人を世に出したのがこの人みたいですね。」--そうなんだ?あの人とこの人と(笑)面白いよねぇハリウッド。続きを読む
posted by daisy holiday at 00:00| daisy holiday 2014