2015年06月08日

playlist - 5.31.2015


Opening TM:Minute Merengue/Harry Breuer
M1 : Down The Road A-Piece/Ray Mckinley Trio
M2 : Beat Me Daddy, Eight To The Bar/Major Glenn Miller & The American Band
M3 : Dive Bomber/Pete Johnson
M4 : The House Of Blue Lights/Ella Mae Morse
M5 : Scrub Me Mama With A Boogie Beat/Andrews Sisters
M6 : Boogie Woogie Bugle Boy/Woody Herman
M7 : Bass Gone Crazy/Albert Ammons
M8 : The Joint Is Really Jumpin' Dowan At Carnegie Hall/Judy Garland
Ending TM : The Song Is Ended/Stanley Black


「跳ねるようで跳ねない」


今週は細野さんワンマン。--最近ライブでまたブギウギを増やそうかなと色々聴いて。♪1"Down The Road A-Piece"という名曲をやろうかどうか今考えてるとこです。フレディ・スラック(Freddie Slack)のキーボードとレイ・マッキンレー(Ray Mckinley)の歌で>>--Freddie Slackという人は、ウィル・ブラッドレー(Will Bradley)っていうビッグバンドのピアニストで、ある時からブギウギに入り込んだみたいで。そもそもブギウギは30年代くらいからあるんですけど、白人たちに影響を与えたのはやっぱり、その後ビッグバンドにうつって、のきなみ有名なバンドがブギウギをやり始めて。そうすると時代は戦争になって。日本とアメリカが戦ってる時代ですけど。戦争中のこのアメリカの洗練された、ん〜、底力っていうんですか。それを聴くたびに、なんていうんだろう?取り憑かれてます。呪われた音楽。…そこまで言うと言い過ぎですけど。フレディ・スラックはホント素晴らしい。もともとピート・ジョンソン(Pete Johnson)、アルバート・アモンズ(Albert Ammons)、ミード "ルクス" ルイス (Meade "Lux" Lewis)…そういう黒人たちがやり始めたピアノの音楽なんですけど、白人たちがやり出すとそこに洗練ていうのがでてきて。ビッグバンドは本当に面白い音をいっぱい出してますね。特にこのWill Bradleyというビッグバンドは面白いですね。続きを読む
posted by daisy holiday at 00:00| daisy holiday 2015

2015年06月03日

playlist - 5.24.2015


Opening TM:Minute Merengue/Harry Breuer
M1 : Ecstasy/Ben E. King
M2 : Save The Last Dance For Me/The Drifters
M3 : Such a Night/The Drifters
M4 : Lover Please/Clyde Mcphatter
M5 : Raindrops/Dee Clark
M6 : Hey Baby/Bruce Channel
M7 : When a Man Loves a Woman/Percy Sledge
M8 : Run To Him/Bobby Vee
M9 : Spanish Harlem/Ben E. King
Ending TM : The Song Is Ended/Stanley Black


1961年


細野さんワンマン。--早いもので、そろそろ半年になっちゃいましたけど。この番組では岡田くんとよく「もうすぐクリスマスだねっ?」と言ってることが、本当になってきつつあります。ベン・E・キング(Ben E. King)が4/30に76歳で亡くなって。"スタンド・バイ・ミー"(Stand by Me)は日本人なら誰でも知ってるっていうような曲なんで、敢えてここではかけませんが。Ben E. Kingは、元々ドリフターズ(The Drifters)のリードシンガーだったんですね。二代目なんですね。一代目がクライド・マクファター(Clyde McPhatter)という、これまたすごくユニークな歌手だったんですけど。The Drifters のサウンドを受け継いで"Stand by Me"も最初はThe Drifters用にリーバー&ストーラーとBen E. Kingが共作したんですけど。ソロになって、1961年に大ヒットしてヒットチャート4位までいったという。。そのBen E. Kingの中で、ぼくはこれもいいんじゃないのと思う曲があるので聴いていただきたいと思います--♪1"Ecstasy"--サウンドは"Stand by Me"、それからその前のThe Driftersの時代のサウンドを引き継いでいますけど、そのThe Driftersの大ヒット、同じくBen E. Kingのリードボーカルで"ラストダンスは私に"これは1958年ですね--♪2"Save The Last Dance For Me"---ドリフターズで検索すると日本のコミックバンドなんていうのも出てきちゃいますけどねっ?! The Driftersは1953年にアトランティックからデビューして、"Money Honey"という大ヒットがあるんですけど。これは色んな人がカヴァーしてますね。初代のリードボーカルはクライド・マクファター。ハイテナー、なかなかユニークなボーカル。The Drifters の初期の50年代のヒット曲でクライド・マクファターのリードボーカル♪3"Such a Night "、これはプレスリーがカヴァーして大ヒットさせました。続きを読む
posted by daisy holiday at 00:00| daisy holiday 2015

2015年05月27日

playlist - 5.17.2015


Opening TM:Minute Merengue/Harry Breuer
M1 : Don't Know Why/原田知世 Feat. Jesse Harris
M2 : Night And Day/原田知世
M3 : If You Went Away/原田知世
M4 : I've Just Seen A Face/原田知世
Ending TM : The Song Is Ended/Stanley Black


最近聴いた中で5本の指に入る!


今週は 原田知世さんをゲストに迎えて。--いつも、3月11日に会ってたんだよ?ね〜…:知世さん(以下 T : )「そうですよね。偶然にも…なぜか、11日には会ってますね」--今日の収録も11日ですからねぇ。3/11は本当印象的な日だから。忘れられないんだけど、一緒に居たんだよね。T :「自然教育園。この間久しぶりに行きました。あの時入れなかったので、母を連れて一緒にゆっくり散歩しようと思って。何十年ぶりかに中に入りましたが、やっぱり気持ちいいですね!」--ということで!いつも変わらぬ知世ちゃんですけど、、(笑) >>カヴァーアルバム『恋愛小説』を発売した原田知世さん>>これからツアーなんでしょ? T :「そうです。細野さんも…」--ね、おんなじ時期に。ぼくはリリース延びて、何にも出ないのにツアーだけやるっていう。はははっ(笑)ええと、『恋愛小説』から早速。ジェシー・ハリス(Jesse Harris)でいっちゃっていいかな?♪1"Don't Know Why"--(Jesse Harrisと)どうやって知り合ったんですか? T :「伊藤ゴローさんがよくJesseさんとお仕事されていて、レコーディングのかなり終わりの時に、Jesseさんと別のお仕事でメールのやり取りをしていて、『きみの曲やったよ、聴いてみて』って送って『すごくいいね』って言ってくださって。それでゴローさんが『良かったら一緒にー歌ってくれないかな?』みたいに言ってくれて。それでもう三日後くらいにはNYから送ってくださったんです。最初はデュエットのはずじゃなかったんですけど、最後の最後でこんな嬉しいサプライズが起きて。…で…まだお会いしたことがないです(笑)」--あ、会ってないの?!(笑)そういう時代だよね、今ね。続きを読む
posted by daisy holiday at 00:00| daisy holiday 2015

2015年05月15日

playlist - 5.10.2015


Opening TM:Minute Merengue/Harry Breuer
M1 : Sidewalk Shuffle/Steve Gibson & The Red Caps
M2 : 39 De Fievre/Caterina Valente
M3 : Bogi Bogi Bogi/Lata Mangeshkar & Shamshad Begum
M4 : Swing Out Uncle Wilson/The Three Ppeppers
M5 : Wann Die Glocken Hell Erklingen/Gerhard Wendland
M6 : Singe, Singe Gitano/Lys Assia
Ending TM : The Song Is Ended/Stanley Black


わんわん


今週はミハルさん&岡田さん。--こんばんは、細野晴臣です>>>「ホソノハルオミデス」>>>[変な声が、、?!] これ…今日のね、スペシャルアイテム(笑)…まあ後で紹介します。まず1曲目は、戸惑う岡田さんから>>>(O)Steve Gibson & The Red Caps♪1"Sidewalk Shuffle"--いいね〜、ブギウギ![変な声の正体は]最近見つけたベスト商品っていうかね、とにかくね〜紙ウサギロペみたいな声になっちゃうんだよね。(O)「虫ごえですよ、虫声」--これ、ワンワンなんだけど、出来がいいんだよね。トイプードル系のね。しゃべりながら素早く歩くんだよ。それがすごいんだよな。疲れた…あんまりうまくいかなかった、はははは!思ったより。(O)「何がなんだか、、(笑)」[人形オウム返し続き・・]--うるさいっ(笑)スイッチ切っといて!(笑)・・はい!ご苦労さまでしたー。はあ、、すみませんでした。これね、ミハルちゃんも買ったんだよね?ぼくはね、買い集めようかなと思って(笑)10匹くらいいたらどう反応するの?って(笑) すごい好奇心でてきた(笑) 最近では、"コップのフチ子さん" 以上に面白い商品だよね。…そんなことが話題で、他には何にもないという・笑。このつまんない人生が続くわけですけど・笑。さて、ミハルちゃん。(M)「カテリーナ・ヴァレンテ(Caterina Valente)で」--いいなぁ〜、好きなんだぼくは。(M)「でもフィーバーだよ、フィーバー(笑) これはね、フランス語で歌ってるの。♪2"39 De Fievre"」>>>カテリーナ・ヴァレンテは60年代にけっこう日本にいたんだよね。ザ・ピーナッツの"情熱の花"のオリジナル歌ってた、日本語で歌ったりね。「だからすごく日本の歌謡曲にも影響与えてる。」--最近聞かないけどね。「でも、イタリア人だったんだね。で、フランスで育って。」--で、音楽はユーゴ・ウィンターハルターがプロデューサーについたんで、ドイツ。活躍場所は(笑)「ドイツ、イタリア、フランス。色んな国の言葉で歌ってて。すごい、さっぱり歌ってるんですね。いい歌い方っていうか。他にいない感じ。」--思い出したね、カテリーナ・ヴァレンテ。ではね、ぼくの番だねっ。変な声のワンワンのちょっと説明>>>"ウォーキングトーキングパピー" 、日本製なんだね。>>>ぼくがかける曲はブギなんですよ。これ、岡田くん、後で何だったか質問します。タイトルは後で。続きを読む
posted by daisy holiday at 00:00| daisy holiday 2015

2015年05月09日

playlist - 5.3.2015


Opening TM:Minute Merengue/Harry Breuer
M1 : Montage/Satyajit Ray
M2 : Main To Arti Utaroon Re/Usha Mangeshkar
M3 : Lolita La Cumbiambera/Andres Landero
M4 : Mondo Bongo/Joe Strummer & The Mescaleros
M5 : Tony Vander/Toumani Diabate
M6 : Hawa Mein Udta Jaaye/Lata Mangeshkar
Ending TM : The Song Is Ended/Stanley Black


世の中には神様が宿っているような凄まじい楽器がある

細野さんワンマン--え〜、もう5月ということで連休のまっただなか。色んな休みの日がありますけど、憲法記念日は大事ですよね。最近天候不順で、桜がいつのまにか咲いて散ってくというような時期がありましたけど。雨が多くて。その雨の頃、ずっとある映画を見てたんですね。『音楽サロン』ていう1958年のインド映画、名監督のサタジット・レイ(Satyajit Ray)の作品で、ちょっと不思議な映画なんですが。日本版は出てない。数年前ですけど、エルメスの映画館(銀座メゾンエルメス)で観て、衝撃受けて。何に衝撃受けたかって言うと、そこに出てるミュージシャン、歌い手たち…古典ですけど、これが不思議な歌なんですよ・・!どんな歌かっちゅうとですねぇ[とバックにかけて]--出演者たち、シンガーたちの名前で、この一番の達人の人が出てないんですよね。御年70歳くらいに見えるんですけど、若いのかも。この歌が後で調べたら、”雨降りの歌”なんですね。ずっとこの歌聴いてたんで雨がいっぱい降っちゃって(笑)『音楽サロン』という映画、原題は読めないですね、ヒンドゥー語で。英語タイトルは『The Music Room』(Jalsaghar - The Music Room)これは外盤しかなくて、しかもブルーレイ盤だけだったんですね。色々調べてるうちにこの歌のジャンルがラーガ(RAGA)なんでラーガのジャンル、種類が、miyan ki malharあんまり聞いたことなかった。これが、雨降らしのラーガなんです。サタジット・レイ監督の映画音楽、聴いてみましょうか。『Baksa Badal 』[1970年]ていう映画のサントラ>>>♪1"Montage">>>これをキッカケに、ぼくはまたインド音楽にすごくはまって。この数日間ですけど。1978、9年だったか、横尾忠則さんに連れられてインド旅行へ。まだインドはかなりインドっぽかったんですね。音楽も街にあふれてまして、映画も観たりして。当時流行ってた曲を思い出して探し出した。その中で、『Jai Santoshi Maa』という神様ものの映画、多いんですよね神様ものは。ラタ・マンゲシュカール(Lata Mangeshkar)という女性歌手、もうほとんどこの人が歌ってるんですけど(笑)、メインタイトル聴いてください。続きを読む
posted by daisy holiday at 00:00| daisy holiday 2015