2015年04月02日

playlist - 3.15.2015


Opening TM:Minute Merengue/Harry Breuer
M1 : It's My Party/Lesley Gore
M2 : Judy's Turn To Cry/Lesley Gore
M3 : Never Let Me Go/Jane Monheit
M4 : Hit The Road To Dreamland/Jane Monheit
M5 : Everybody's Talkin'/Madeleine Peyroux
M6 : Follow/Susi Hyldgaard
Ending TM : The Song Is Ended/Stanley Black


Lesley Gore


久々、細野さんワンマンです。2/16、レスリー・ゴーア(Lesley Gore)が亡くなったんですね。68歳っていうから、ぼくと同じ年…世代ですね。1963年、ぼくが中学生(実際は、、細野さん当時16才です)だった時にレスリー・ゴーアも中学生だったんでしょう。♪1"It's my party"が大ヒットして、ラジオでずっと聴いてました。アレンジャーがクインシー・ジョーンズというのが売り物だった。2分14秒くらいのポップソングですが当時はそういう短い歌がいっぱいありましたね。Lesley Gore、その次のヒット曲もよく聴いてました--♪2"Judy's Turn To Cry"--1963年。この頃ぼくはラジオの米軍放送、トップ20をずっと聴いてて、こういう曲を聴いてたんですが。シングル盤買うまでにはいかなかったんですよね。なぜかというと、しょっちゅうかわってて覚えちゃうわけですから。でも時々レコードショップに行ってシングル盤探すと、邦題と原題があまりにも違うんでどの曲かわからなくなっちゃうんですね。"It's my party"、日本では『涙のバースデイパーティ』"You Don't Own Me"--『恋と涙の17才』とかね。"That's the Way Boys Are"--『恋を夢見る17才』、"Maybe I Know" "Sunshine, Lollipops, and Rainbows"--こういったヒット曲は原題のまま出てました。邦題と原題の違いについては、映画でも同じ。中にはまともなのがあるんですよね。最近みたDVDの中では『わたしを離さないで』[2010年]ちょっと暗い映画で、、その音楽が結構、重要なんですよね~。それが謎の音楽なんですよ。続きを読む
posted by daisy holiday at 00:00| daisy holiday 2015

2015年03月18日

playlist - 3.8.2015


Opening TM:Minute Merengue/Harry Breuer
M1 : Wai Wai Wai/Sheena
M2 : Oldsmobile Rock/Sheena & The Rokkets
M3 : Indian Heart/Sheena & The Rokkets
M4 : Think/Sheena & The Rokkets
Ending TM : The Song Is Ended/Stanley Black


ゲスト:日笠雅水さん~その2 ”裏細野”


先週に引き続き、日笠雅水さんがゲスト。--先週シーナの曲かけてて、ぼく入り込んじゃって。またシーナの音楽をいっぱいかけちゃおうかなと。でもその前にマーコの個人的なね、歴史の中で"音楽"ってすごい大事じゃない?自分で音楽はやらないけど、音楽を生む側のいいポジションにずっといたんだよね。「自分はできないけど、本当に才能のある人の、なんでもいいからお手伝いがしたいと思って、細野さんの事務所に電話したんですよね。」--なぜボクなんだか、まだピンとこないんですけど。。だって、沢田研二の大ファンじゃない?「そうです。ストーンズとジュリーで音楽に目覚めたんです。」––でしょ?そういう人がなんでボクんとこに来るのかなぁ?笑 「高2のあたりで"表ジュリーの裏細野"という状態になり(笑)細野さんの音楽をすごく好きで聴くようになったんですよね。ニッポン放送でオールナイトニッポンのアシスタントのアルバイトをさせてもらって、それを辞める時に、日本の音楽、誰が一番才能があるかとニッポン放送のレコード室に籠って聴いて、それは、絶対、やっぱり絶対!細野さんだと思って。」--ありがとう〜。すごいね、なかなかないことだよね。今までの人生でそういうことって、マーコくらいだよ。そういう気持ちで入ってきてくれたのはね。「みんな言わないだけで、みんなそうじゃないかしら。」––でも"表"の沢田研二のファンはず––っと未だに続いてて、必ずライブは行くでしょ?沢田研二から見るともう『あ、あそこにいる!』ってわかるんでしょ?きっと。「いや、お互い視力が下がったので…(笑)ステージと客席っていう距離はずっとその距離で。」--それをキープしていたいわけね?つまり(沢田研二さんの)事務所に行って手伝わなかったんだから。ねぇ?「いつかお役にたちたいと思って細野さんの事務所で修行して…」––関係ない!あははは(笑)あ!踏み台だ!ハハハハ。いいんだよぼく、踏み台大好き!Mだから(笑)続きを読む
posted by daisy holiday at 00:00| daisy holiday 2015

2015年03月12日

playlist - 3.1.2015


Opening TM:Minute Merengue/Harry Breuer
M1 : Lazy Crazy Blues/Sheena & The Rokkets
M2: Help Me/Sheena
Ending TM : The Song Is Ended/Stanley Black


ゲスト:日笠雅水さん~その1


今日は1年ぶりに恒例の、日笠雅水先生ですね(笑)「どうも〜!日笠雅水です。マーコです」--長〜い付き合いですね。「40年くらいですね」--人生、長く生きちゃって、そろそろって感じですよ、ぼくは。「いやいや、まだまだ生きましょ!」--なんかあの…同世代がね、消えてくんで…。そう、シーナが、逝っちゃいまして。あの時、雨の日、葬列に参加してきましたけど、マーコと会えなくって。「あの…細野さんを誘導しようと思ってたんですよ、元マネージャーとして守ろうと思って」--すごい人だったからね。「そしたら電話も約束していたのにかかってこなくて」--ごめんごめん!バタバタしてて。「で、幸宏さんに『細野さん何だか来れないみたい。電話かかってこないんですよ』って言ったら傍にいた人が『あっ、細野さんもうご焼香なさってお帰りになりました』」--(笑)冷たい人間なんだよね〜。。「そしたら幸宏さんが『マーコ、細野さんよっぽど大変だったんだよ』」--まあね、車つけるのも大変だったんで。。ものすごい人で、帰り際も車が心配でね。早く戻ろうと思っちゃって、もう電話する元気がなくて...。もちろん鮎川くんと娘さんたちには挨拶したけどね。>>>あの~…1年前はどうだった?この番組に出て。何話したかも覚えてないよね?「1年前はYMOの結成秘話のような話をしたんだと思いますよ。どんな風にメンバーが決まっていったのかとか」--そうかそうか。じゃあもうそういう話はしないで。いつもなんで呼ぶかっていうと、予言を承りたいんだよね(笑) 予言って言うと大げさだよね。予想、かな?「期待、というか、希望」--世の中の手相を占うっていうね。「世の中の手相を占う?千手菩薩様の手相を見せるみたい。世の中の手相はわからないし、そういうことはやっぱりこんなにひどい状態ですしね、残念なことがいっぱいありすぎるけど、だからそういうことはわからないし考えません。楽観的にもなりきれないし悲観的にもなりたくないしね。じゃあ私の希望をね…。続きを読む
posted by daisy holiday at 00:00| daisy holiday 2015

2015年03月03日

playlist - 2.22.2015


Opening TM:Minute Merengue/Harry Breuer
M1 : Stiff Lace And Old Charcoal/Raymond Scott & His Secret Seven
M2 : Mad About The Boy/NoëL Coward
M3 : Going Concern/The Grosvenor Studio Orchestra
M4 : The Hungry Count/Raymond Scott & His Secret Seven
M5 : Bal, Petit Bal/Francis Lemarque
M6 : Winter Sunshine/George Melachrino & His Orchestra
Ending TM : The Song Is Ended/Stanley Black


自立心?


ミハルさん、岡田さんと3人です。––久しぶりのメンツで。といっても話すことが何もないという...無口な人たち。そんなこたないか。何か話題あるでしょ?岡田さん...「ないですよ!あははは(笑)」ないんだやっぱり!そちらは? ミハルさん...「もうすぐ春ですね」--あ〜動物的な、、発言だったね(笑)「猫を飼ってる人がね、猫が最近外に出たがるんですって。猫の方が早く春を感じているのではないだろうかというね」––それ発情期でしょ!>>UPされてた動画の話>>大雪の日に、猫が出たがってガラス窓に張り付いているので出してあげたら、5秒で戻ってきちゃったって(笑)寒がりだから(笑)>>1曲目は岡田さん>>「前にお話したレコード、届きまして。Raymond Scott & His Secret Seven。43年の録音で、Vディスクというレコード––米軍が戦地の兵隊の慰安用に作ったもの––12インチで、78回転。30枚をセットにしてレコードと蓄音機をパックにしたものをパラシュートで落としてた、当時。」––プレイヤーまで!あそう〜?♪1"Stiff Lace And Old Charcoal">>いいですね。相変わらず。でもこの曲初めて聴きますね。「この曲自体はレイモンド・スコット・ソングブックにThe Captivators名義のver、ラジオ音源を入れてるんですけど、これはスタジオ盤。Vディスクは43年〜49年まで作られてました。」––米軍基地に、、まぁほとんどヨーロッパだろうね、飛行機で落としていったわけね。一体どんな戦場で聴かれてたのかね?そこにあるVディスクは。兵士たちが聴いてたわけだ。...岡田くんは飛行機運転(操縦)できないの?「できないですね(笑)、残念ながら(笑)」––もしできたら、空から自分のソロとかプレーヤー付きで落とすといいんじゃないの?「新しいプロモーションですね(笑)」––いいよねえ。拾った人しか聴けないって。続きを読む
posted by daisy holiday at 00:00| daisy holiday 2015

2015年02月27日

playlist - 2.15.2015


Opening TM:Minute Merengue/Harry Breuer
M1 : My Funny Valentine/Chet Baker
M2 : Blue Skies Are Around The Corner/Jack Hylton & His Orchestra
M3 : That Lucky Old Sun/Bob Dylan
M4 : Cop Show Theme/Dickie Ogden, Mike Fisher, Neflwurzl
M5 : Twighlight In Turkey/Ambrose & His Orchestra
M6 : Blue Skies Are Around The Corner/Ambrose & His Orchestra
Ending TM : The Song Is Ended/Stanley Black


ぽっぽっぽっと、ともしびが灯っているような部屋が好き


今週もワンマンDJ!2月になって、15日ですか…。駆け足で時間が経っていくような感じで。今日も1人でやっていきますが、昨日はバレンタインデーでしたっけ。っていうことは、バレンタインの曲をかけなきゃいけないね。じゃあ、♪1“My Funny Valentine”チェット・ベイカー(Chet Baker)の、トランペットと歌です。Chet Baker、トランペット吹いてませんでした。多分、手に持ってるんじゃないかなと思いますけど…格好いいトランぺッターですよね。まあ、晩年はちょっと寂しかったんでしょうけれど。ええ~そうですね、徒然なるままに、と。色々世間は大騒ぎなんですけど。1月のイスラム国の話題とか、あるいは…殺人事件が多いですよね。そんな中で日常生活はどんなもんかっていうと、例えば、電球が切れたんで、買いに行くとしますよね。すると、どれを買っていいのか?と…昔ながらの白熱電球っていうのがなくなっちゃいましたので…2〜3残っている所もあるんですけれど、もう製造していないんじゃないかな、と。LEDですよね、今。そのワット数が分からない。で、とにかく明るいのが嫌なんで…ぽっぽっぽっとともしびが灯っているような部屋が好き...という細野さんの日常生活の葛藤話がひとしきり続き>>>続きを読む
posted by daisy holiday at 00:00| daisy holiday 2015