2016年11月25日

playlist - 10.30.2016


Opening TM:Minute Merengue/Harry Breuer
M1 : 東京ブギウギ/笠置シヅ子
M2 : Beat Me, Daddy Eight To The Bar/Woody Herman Orchestra
M3 : Down the Road A-Piece/Ray McKinley Trio
M4 : Scrub Me Mama With a Boogie Beat/The Andrew Sisters
M5 : 買物ブギー/笠置シヅ子
M6 : The House of Blue Lights/Ella Mae Moose
M7 : The Joint Is Really Jumpin' Down At Carnegie Hall/Judy Garland
Ending TM : The Song Is Ended/Stanley Black


一体ブギウギとはなんだ?と、思いながらやってるんですね。


今年も押し迫ってきつつありますが。ここ最近ずっとライブをぼくはやってて、後半いつもブギウギを披露してるんですけど。一体ブギウギとはなんだ?と、思いながらやってるんですね。 日本では、昭和23年に服部良一作曲、鈴木勝という鈴木大拙の息子さんが作詞をして、笠置シズ子さんが歌った"東京ブギウギ"、これが大ヒットしたんですね。1948年。ぼくは1947年生まれなんで、そこら辺がやっぱり、原点ですね~♪1"東京ブギウギ"--笠置シズ子さんは1914年生まれ。服部良一さんは1907年生まれ。その2人の出会いが、爆発的な音楽のエネルギーを生んだんですけど、そもそも服部さんは戦前からジャズをやってましたから、戦中は非常に苦い思いをしてたと思うんですね。ジャズができなかったわけで。ですから、ジャズの代わりに南洋系の方に転化したっていうかね。検閲が凄まじかったんで。ジャズなんてのはもってのほかという時代だったんですね。その頃アメリカではブギウギが大流行りだったんですね。ですから、終戦直後に、解禁されたというのかな。開放されたんですね、服部良一のような音楽好きにとっては。爆発的にブギウギを吸収したんでしょうね?笠置シズ子がまた天才的な表現力だったんで、"買い物ブギ"とかね、色々ブギウギやってたんですけど。昭和23年にレコーディングされたんですが、その現場には米兵が観に来たそうですね。それほど、アメリカナイズされてるというかな。いろんなことが言われてますけど。でも、やっぱり、アメリカの政策というのもあったんでしょうね。ブギウギってのを使って、日本を変えていきたいっていうようなこともあったような、なかったような…。 続きを読む
posted by daisy holiday at 00:00| daisy holiday 2016

2016年11月24日

playlist - 10.23.2016


Opening TM:Minute Merengue/Harry Breuer
M1 : Carinhoso/Waldir Azevedo
M2 : A Paris /Miharu Koshi
M3 : Cucurrucucu Paloma/Caetano Veloso
M4 : Conversa de Botequim/Noel Rosa
M5 : Les roses de Picardie (Rose of Picardy)/Miharu Koshi
M6 : Bambo de Bambu/Ney Matogrosso
Ending TM : The Song Is Ended/Stanley Black


Caetano Veloso>>>心が、洗われましたね。観てよかったなあと思って。


今週はミハルさん&岡田さんゲスト--秋深しですね。急に冬になっちゃいそうなね。(岡田さん:O)「秋がなかったですね。」--台風がいっぱいきた夏でしたけど、ぼくは体調少しずつ回復しつつあって。音楽は、相変わらず…先週ちょっと横道に逸れたんですけど・笑。(O)「弾けてましたね!笑。」--いやいやいや、巻き込まれちゃって(笑)ま、今日は正常に戻して。岡田さん選曲>>>「Waldir Azevedo、"Delicado"の作者、その人のLPを最近買ったのでその中から♪1 "Carinhoso" --日本題は"優しき調べ"」--このちっちゃなギター、、「カバキーニョ。」何元なんだろ?弦弦で4弦ですね。」--この音が特徴ですよね。はあ〜やっと落ち着いたわ~。そこにいらっしゃる、マダム。マダム・クルーナー。いよいよ、ビルボード初出演ですね。おめでたいじゃないですか。今回はどんな感じで?(ミハルさん:M)「古い曲を…新しい選曲?新しいけど、古い(笑)」--レパートリー増えたわけね?なんか仕掛けがあるんでしたっけ?(M)「はい、ゲストでね、村井邦彦さんが。去年、アルファの大きなイベントが。あの時にお会いして。村井さんもすごく古い音楽が大好きで。」続きを読む
posted by daisy holiday at 00:00| daisy holiday 2016

2016年11月18日

playlist - 10.16.2016


Opening TM:Minute Merengue/Harry Breuer
M1 : PPAP/ピコ太郎
M2 : Gangnam Style/PSY
M3 : PERFECT HUMAN/RADIO FISH
M4 : Choo Choo SHITAIN/JINTAKA
M5 : Macarena/Los Del Rio
M6 : Lambada/Kaoma
M7 : Mazouk ethnie (Mazouk pike)/N'jie
M8 : Dionisio/Luis Kalaff Y Sus Alegres Dominicanos
M9 : 恋はメレンゲ/大滝詠一
M10 : Speed Merengue/Atom Heart
M11 : Merengue Njie No. 2 (Medley)/N'jie
Ending TM : The Song Is Ended/Stanley Black


俗から始まって、非常に"ethno"の世界に入っていきますが。


今日は、ちょっと俗っぽく進めていきたいと。まずは聴いてもらおうかなっ。・・・っていうわけで。♪1 "PPAP"って言うんだっけ?笑。"Pen Pineapple Apple Pen"ピコ太郎って名前でやってますけど、本当は古坂大魔王という芸人さんだということなんですけど。たまたまYouTube見てて、ハマったわけじゃないんですよ、 巻き込まれちゃって。なんでかって言うとね、色々思い出すことがいっぱいあったんですね、これをキッカケに。ぼく全然CDなんて買ったことないんですけど、ラジオでやる為に、1曲ずつですけど買ったんですよ(笑) やんなっちゃうなと…。これもね、全部聴きませんけどねっ>>>2012年のPSY--♪2 "Gangnam Style">>>これが元になってると言われてるんですけど>>>♪3 "PERFECT HUMAN"--RADIO FISH-->>>買っちゃいました、、アハハ!ラジオがなかったら買わないんですけどね。ええ。>>>ね。TVでしか観てないんですけど、CD出てるんですね>>>まあでも良くできてるなと思いますよね。テクノがここまできたんだなと、思います。>>>昨日たまたま週刊文春で近田春男のページで紹介されてて。元はオリラジとか、カンナムスタイルじゃないかと。JINTAKA--♪4 "Choo Choo SHITAIN"--赤西仁と山田孝之のユニット、ダンスミュージックですね。続きを読む
posted by daisy holiday at 00:00| daisy holiday 2016

2016年11月17日

playlist - 10.09.2016


Opening TM:Minute Merengue/Harry Breuer
M1 : If I Had A Ribbon Bow/Maxine Sullivan
M2 : Boogie Woogie On The St. Louis Blues/Charles Norman Quintet
M3 : Bugler's Dilemma/John Kirby
M4 : Merrily We Roll Along/Stu Brown
M5 : Laura/Leo Diamond & His Orchestra
M6 : Everybody's Talkin'/Fred Neil
Ending TM : The Song Is Ended/Stanley Black


なんでもない生活っていうの。それがやっぱり一番好きかな〜。


今週は岡田さんゲスト--調子どうですか?まだ若いじゃん?「あんまり調子良くないですね。」--一応若者だよね。「もう若いとも言えない歳に、、笑」--会った頃は20代だったから。「もう20年くらい経つんですから、、笑」--どういうことなんだろう?この時間の関係。タイムマシンみたい。あっという間だよね。皆おんなじように年取ってくんだね。2025年問題>>後期高齢者、団塊の世代が皆それになるっていう。自分も含めてですけど(笑)…元気な人は、ポール・マッカートニー、ボブ・ディラン、ストーンズ。日本だと誰?加山雄三だ。すごい!目標にしようかなっ。はははは。1曲目は岡田さん「Maxine Sullivanを。The New Friends of Rhythmという楽団をバックに演奏している--♪1"If I Had A Ribbon Bow"」--いいねぇ。いい録音。SP盤のアルバムを手に入れたんですか?珍しいねっ、このSP盤。「そ〜れ、ほんっとにないですよ。」--ないね。なんでこんなものが手に入るんだろう??「いっっしょう懸命~探すんですよ!笑。The New Friends of Rhythmていう楽団がそのレーベルからもう1枚SPアルバム出してて、それもすごく珍しいけど、すごいいいんですよ。シルヴァン・シュルマンとアラン・シュルマン、アラン・シュルマンはレイモンド・スコットの楽団で譜面を書く仕事をしてて。その辺で繋がってて。」--ちょっとアカデミックな雰囲気があるね。アレンジがね。じゃあぼくは…スウェーデンのジャズ--♪2"Boogie Woogie On The St. Louis Blues"…やってるのはアメリカ人じゃないかな?Charles Norman Quintet >>今調べてもらったら、アメリカ人じゃなくて、スウェーデン人だった(笑) 戦後なんだけど、ヨーロッパ中、アメリカナイズされてるんだよね、笑。ブギとか、ビッグバンドね。みんなアメリカ人みたいな感じで(笑) 日本もうそうだったんだよね。その流れを汲んでるんですよ、ぼくは。あハハハ!戦後ですから。 続きを読む
posted by daisy holiday at 00:00| daisy holiday 2016

2016年11月11日

playlist - 10.02.2016


Opening TM:Minute Merengue/Harry Breuer
M1 : Delicado/Helmut Zacharias
M2 : Dance of the Violins/MGM Studio Orchestra & Macklin Marrow
M3 : No Strings Attached/Richard Hayman & His Symphony Orchestra
M4 : Patricia/Luis Mariano
M5 : Tipitipitipso/Flo Sandon's E Quartetto Radar
M6 : Runaway Rocking Horse /Orchestre Raymonde & Robert Preston
M7 : The Happy Puppy/Bent Fabric
M8 : Ein kleiner versteckter Weg/Lys Assia
M9 : Hit The Road To Dreamland/Betty Hutton
Ending TM : The Song Is Ended/Stanley Black


Holiday music


--10月になってしまいまして、雨の多い夏でした。体調崩してる人結構多くて。自分もダルいんですけどね、音楽はダルいのは関係なく楽しくやっていきます。ホリデー・ミュージックを久々に…まずはヘルムート・ツァハリアス(Helmut Zacharias)ムード音楽の巨匠です--♪1"Delicado">>『The Golden Age of Light Music: Great American Light Orchestras』というアルバムから、MGMスタジオオーケストラ--♪2"Dance of the Violins">>同じアルバムから、♪3"No Strings Attached"似てますね。リチャード・ヘイマンオーケストラ。>>ちょっと雰囲気を変えて、歌物でラテンですけど、メキシコの、それからフランスにもいて活躍したLuis Marianoの♪4"Patricia"という有名な曲をフランス語で歌っています。>>これはペレス・プラード(Perez Prado)で大ヒットしましたね。ライ・クーダーもやってますね。>>Flo Sandon's E Quartetto Radar 女性シンガーです--♪5"Tipitipitipso" 続きを読む
posted by daisy holiday at 00:00| daisy holiday 2016