2020年05月03日

playlist - 5.3.2020

M1 : Minute Merengue / Harry Breuer
M2 : A Trumpeter's Lullaby / Ralph Marterie & His Orchestra
M3 : China Boy / Lenny Dee
M4 : Powerhouse / The Beau Hunks Sextette
M5 : Toy Trumpet / Miharu Koshi
*コント「ポンポン蒸気」細野晴臣 / 東榮一 / 岡田崇
*Gaia Message / James Lovelock
M6 : Holiday for Strings / Fred Waring & his Pennsylvanians
M7 : Sound your "A" / Richard Maltby & his Orchestra
M8 : Alley Cat / Harry Hosono & The Chow Chow Cats
M9 : Lover / Les Paul & Mary Ford
M10 : Anna / Frankie Carle
M11 : Crazy Rhythm / The Three Suns
M12 : Three O'Clock In The Morning / Bert Kaempfert & His Orchestra

細野さんのワンマンDJでお送りする「手作りデイジー= Stay Home」も#4に!
今週は番組およそ20年間を振り返る特別編!・・・お聞き逃し無く。


Minute Merengue / Harry Breuer


XYLOPHONIA / Harry Breuer


A Trumpeter's Lullaby / Ralph Marterie & His Orchestra


China Boy / Lenny Dee


Lenny Dee on Nashville Now - Folsom Prison Blues


オランダのBASTAレーベルからリリースされていたThe Beau Hunks Sextetteによるレイモンド・スコット曲集2W『Celebration on the Planet Mars』『Manhattan Minuet』は、2018年にリル・デイジーから日本盤をリリースしました。オリジナル・クインテットの演奏を限りなく忠実に再現し、最高のレコーディングが実現されています。
The Beau Hunks Sextette / A Tribute to Raymond Scott / Li'l Daisy 2018


Raymond Scott Songbook』は、2013年に7年の歳月を経て完成した日本初のレイモンド・スコット作品集。レイモンド・スコットのほぼ未発表音源32曲を集めたディスク1と、細野さんミハルさんはもちろんのこと、Jean-Jacques Perrey、ベルヴィルランデブーのBenoit Charest、Cabo San Roque、徳武弘文さん、上野耕路さん、岡村みどりさん、星野源さん、ハーモニカ・ライナーズさんなどなど国内外のミュージシャンによる新録レイスコカバー集のディスク2に、資料満載の100ページブックレットなどをパッケージしたボックスです。
Raymond Scott Songbook / Digest Part.2


Daisyworld pt.2: Gaia and Daisyworld


Holiday for Strings / Fred Waring & his Pennsylvanians


Sound your "A" / Richard Maltby & his Orchestra


Alley Cat / Bent Fabric


Lover / Les Paul & Mary Ford


Les Paul & Mary Ford Absolutely Live


Anna / Frankie Carle


El Negro Zumbon (Anna) - Silvana Mangano


The Three Suns - Stumbling / Bye Bye Blues


Crazy Rhythm / The Three Suns


Three O'Clock In The Morning / Bert Kaempfert & His Orchestra


選曲メモ:https://www.instagram.com/stories/hosonoharuomi_info/
Daisy Holiday Stay home on holidays 5.3(Sun) 2020
今回は2002年4月から始まったデイジー・ホリデーのタイトル音楽などを中心に選曲しました。20年続いたと発言しましたが、1998年の "Daisyworld" 開始から数えました。では、どこにも行けない休日を過ごす皆さんが「脳内ホリデー」を楽しめますように!

01 Minute Merengue / Harry Breuer
初期のデイジー・ホリデーでかなり長い間流れていたタイトル音楽。当時の仲間たちがワイワイ参加してます。"Daisyworld"と行っているのは、なんとBrian Wilsonで、この頃ぼくはシカゴの自宅で行われた会見に参加し、その場で声をいただいたんです。ハリー・ブリュアと発音してますが、ブロイアーが正しいのかもしれません。その昔、音楽誌では新進のBob Dylanを「ボブ・ダイラン」と表記してた。では、バハラッハとは誰?
02 A Trumprtter's Lullabye / Ralph Marterie & His Orchestra
1998年から2002年までJ Waveで放送された "Daisyworld"はデイジーホリデーの原型です。当時は同じ名前のレーベルも始めていて、ポストテクノ的な新音楽に力を入れてました。でも番組ではこのテーマ音楽やスリーサンズなどの軽音楽も欠かせませんでした。今回のような「一人作り込み」も時々やってたのを思い出します。
03 China Boy / Lenny Dee
2000年前後の時期に一時期使用していたテーマ音楽で、中古LPを手に入れて以来の愛聴曲です。
04 Powerhouse / The Beau Hunks Sextette
レイスコことレイモンド・スコットはデイジーホリデーの中核になるほど大事な音楽です。レギュラーの岡田崇くんはレイスコのコンピレーションまで制作した第一人者です。ボー・ハンクスはオランダのレーベル、BASTAで一連のレイスコ関連アルバムを制作していた音楽集団です。
05 Toy Trumpet / Miharu Koshi
同じくレイモンド・スコットの名作です。インスト曲ですがこれに歌詞をつけて歌ったのが、ハリウッドの人気子役だったシャーリー・テンプルでした。その英語の歌詞をフランス語にして歌ったのがコシミハルで、2013年、岡田崇制作の "Raymond Scott Songbook"に収録されてます。
06 コント「ポンポン蒸気」
番組ではデイジーワールド時代からコントをいっぱいやってたんです。このコントは東榮一くんがプロットを書いたもので、2008年に制作したアルバム「デイジー・ホリデー」に収録されました。最近は番組から離れていた東くんは残念ながら3月18日に逝去され、惜しい人材を失いました。ここに謹んで追悼させてください。
07 Gaia Message / James Lovelock
現在100歳になられるラブロック博士は「ガイア仮説」を1960年代から提唱していました。1980年代にニュー・サイエンスのブームで脚光を浴び、「地球生命体」というアイディアが広く知られるようになったのです。その中で比喩として使われたのが "Daisyworld"というシミュレーションでした。ヒナギク(Daisy)の花の色が多種多様なことが、地球に降り注ぐ太陽の光を調節し、地球の気温を安定させるという仮説。これに興味を持って番組とレーベルのタイトルにしたのです。2001年に来日した時、スタジオにお招きしてメッセージを残してくれました。とても謙虚で品のいい学者ですが、人類の行く末を割と悲観的に予測していて、温暖化防止に原子力発電を支持したり、最近(100歳!)では人類サイボーグ化という予測を発表したり、物議を醸すことも多い。このメッセージでは最後に「美しい地球よ、どうか人類を許し、存続させてください」という願いを真摯に述べてます。
08 Holiday for Strings / Fred Waring & his Pennsylvanians
デヴィッド・ローズの代表曲をオリジナルに劣らぬ丹念な編曲で聴かせてくれるフレッド・ワーリングは、世界大戦を挟んでラジオやテレビのショー番組を持ち、成功を収めた音楽家で、合唱を広めたことも知られてます。
09 Sound Your A / Richard Maltby & his Orchestra
リチャード・マルトビー(モルトビーとも)は1955年に映画「黄金の腕」(The Man With the Golden Arm)のカヴァーで大ヒットし、自分もラジオでよく聴いてました。ダンス音楽からノヴェルティまで幅広い才能で、ローレンス・ウェルクのアレンジャーも務めました。1991年没。
10 Alley Cat / Harry Hosono & The Chow Chow Cats
2010年に六本木ミッドタウンで店内音楽を担当し、それをまとめたアルバム "Promenade Fantasy"を出しました。その中に収録されたアリー・キャットのオリジナルは1962年のベント・ファブリック (Bent Fabric) で、1950年にジャズのレーベル "Metronome Records"を設立したデンマークのピアニストです。現在95歳!このチャウチャウ・キャッツは高田漣、伊賀航、浜口茂外也、そして鍵盤は自分です。
11 Lover / Les Paul & Mary Ford
レス・ポールはギブソンのエレキギターで知られるギタリストですが、「宅録」「マルチ・レコーディング」などの創始者でもあり、テクノ精神旺盛なイノベーターでもあります。ポップスに多大な貢献をしました。
12 Anna / Frankie Carle
フランキー・カールはカクテル風からブギウギまでを華麗に弾きこなすピアノの名人で、グレン・ミラー楽団で1939年に大ヒットした "Sunrise Serenade"はカールの曲です。"Anna”は原題が"El Negro Zumbón"で、1951年にシルバーナ・マンガーノ主演の映画「アンナ」の挿入歌としてヒットしました。自分もカヴァーしてます。
13 Crazy Rhythm / The Three Suns
1928 年のブロードウェイ・ミューカル用に書かれた曲。数多のジャズ・プレイヤーが演奏する人気曲で、日本でも「クレイージー・キャッツ」がバンドのテーマ音楽として演奏していました。それで僕もこの曲を知ったわけです。スリーサンズは番組で最も多くかける音楽かもしれません。
14 Three O'Clock In The Morning / Bert Kaempfert & His Orchestra
ベルト・ケンプフェルトはドイツのポピュラー音楽界の重鎮といえます。何しろビートルズがハンブルグにいた1961年、ポリドール・セッションとして知られるレコーディングのプロデューサーだったんです。ぼくの通った高校では放課後に「愛の誓い (Till) 」がかかり、毎日聴いていた音楽です。「星空のブルース (Wonderland by Night) 」などヒット曲多数。さて、今晩はこれで閉店、またのご来店を。
posted by daisy holiday at 19:42| daisy holiday 2020

2020年04月26日

playlist - 4.26.2020

M1 : Trav'lin' Light / Peggy Lee
M2 : A Dream Is a Wish Your Heart Makes / The Jubalaires
M3 : Love's Old Sweet Song (Just a Song at Twilight) / Heidi Talbot
M4 : Cutting Branches for a Temporary Shelter / Penguin Cafe Orchestra
M5 : Attention Tokyo / Sketch Show
M6 : Spoons / Stock, Hausen & Walkman
M7 : Cadillac / 細野晴臣
M8 : I'll Never Forget the Blues / Sidney Bechet & Mezz Mezzrow
M9 : Somewhere a Voice Is Calling / Kimmie Rhodes

細野さんのワンマンDJでお送りする「手作りデイジー= Stay Home」も#3に!
今週もめくるめく音楽の旅にいざないます。・・・お楽しみに。


Trav'lin' Light / Peggy Lee


Trav'lin' Light / Anita O'Day


A Dream Is a Wish Your Heart Makes / The Jubalaires


A Dream Is a Wish Your Heart Makes / Ilene Woods


Love's Old Sweet Song (Just a Song at Twilight) / Heidi Talbot


Cutting Branches for a Temporary Shelter / Penguin Cafe Orchestra


Penguin Cafe Orchestra


Attention Tokyo / Sketch Show


Stock, Hausen & Walkman - Organ Transplants #2 (full album)


La dolce vita. Nino Rota


I'll Never Forget the Blues / Sidney Bechet & Mezz Mezzrow


Somewhere a Voice Is Calling / Kimmie Rhodes


選曲メモ
https://www.instagram.com/stories/hosonoharuomi_info/
M1 : Trav'lin' Light / Peggy Lee
1942 song composed by Trummy Young and Jimmy Mundy with lyrics by Johnny Mercer
旅の明かりだと思っていたら「身軽な旅」だった。でも哀しい失恋の一人旅。

M2 : A Dream Is a Wish Your Heart Makes / The Jubalaires
「夢はひそかに」(1950)ディズニーのシンデレラから。願った夢は叶う。これ、もちろんカバー。
M3 : Love's Old Sweet Song (Just a Song at Twilight) / Heidi Talbot
「なつかしき愛の歌」1884 by James Lynam Molloy from "The Beautiful Old - Turn-of-the-Century Songs" produced by Garth Hudson, 2013
アイルランドの唱歌は日本でも昔から愛されてきた。子どもの頃から聞いていたからか、強い郷愁を感じる歌。
「黄昏に静かに愛の
 懐かしい
 歌が流れ
 愛の
 懐かしい
 こころ
 よい歌が流れる」

M4 : Cutting Branches for a Temporary Shelter / Penguin Cafe Orchestra
サイモン.ジェフスは掛け替えのない才人。来日時に見て感動しました。惜しくも他界し、今は息子さんが後を継いでいる。
M5 : Attention Tokyo / Sketch Show
東京に注意!
M6 : Spoons / Stock, Hausen & Walkman
1990年代はラウンジやモンド、あるいはサンプリングも流行っていたけど、その中で異色のユニットが彼ら(二人組)だ。サンプリング・コラージュのセンスが抜群で、実験的なのにポップな陽気さが特徴。来日した時にCAYで一緒になったことがある。
M7 : Cadillac / 細野晴臣
2010年にミッドタウンのエレベーター・ミュージックを選曲した際に、それをコンセプトにしたアルバム『Promenade Fantasy』を制作。その中の1曲。これはプログラミングで作ったが、その後、キネマ旬報90周年のライブで生演奏した。カバーをして気づいたが、Nino Rotaの原曲には敵わない。
M8 : I'll Never Forget the Blues / Sidney Bechet & Mezz Mezzrow
録音年は不明だが40年代に間違いない。ウディ・アレンの映画『ミッドナイト・イン・パリ』で印象的な音楽もシドニー・ベシェだったが、その曲("Si tu vois ma Mère")に通じる哀愁が好き。
M9 : Somewhere a Voice Is Calling / Kimmie Rhodes
ガース・ハドソンのプロダクション。M3と同じアルバム収録。1901年に作られた歌だが、第一次大戦の1914年にレコーディングされ、良好した。聞けば聞くほど深く染み込んでくる。
「夕暮れ、陸と海に落ちる影、どこかから・・声が私を呼んでいる。愛する人よ。私はあなたを夢見て・・どこかで声が私を求めている。」
posted by daisy holiday at 21:47| daisy holiday 2020

2020年04月19日

playlist - 4.19.2020

M1 : The Continental / The Three Suns
M2 : Bye Bye Blue / Tchan Tchou Vidal
M3 : In A Station / The Band
M4 : It Was Sad When That Great Ship Went Down / 細野晴臣
M5 : Voce Seconda (Remixed Haruomi Hosono) / Ennio Morricone
M6 : In A Mist / Red Norvo
M7 : Supermarket / Michel Glasko
M7 : That's All / Lewis Sisters
M8 : A Foggy Day In London Town ~ Nice Work If You Can Get It / Larry Adler
M9 : Stardust / Frank Sinatra with Tommy Dorsey
M10 : Lull In A Rain / Everything Play

今週も細野さんのワンマンDJで「手作りデイジー= Stay Home」(スタッフもなしの作り込み)をお送りします。#02もめくるめく音楽の世界へ・・・お楽しみに。

The Continental / The Three Suns


The Three Suns - Stumbling / Bye Bye Blues


Paul Tchan-Tchou Vidal - Bye Bye Blues - Paris 1953


In A Station / The Band




The Titanic (When That Great Ship Went Down) / Pete Seeger


Gavin Bryars - The Sinking Of The Titanic (1975, Obscure)


Voce Seconda (Remixed Haruomi Hosono) / Ennio Morricone


Beiderbecke/Norvo - In a Mist


In A Mist / Bix Beiderbecke (1927)


Red Norvo Trio 1958


Supermarket / Michel Glasko


Jacques Tati's Playtime (1967) - trailer


That's All / Lewis Sisters


A Foggy Day In London Town ~ Nice Work If You Can Get It / Larry Adler


A Foggy Day - Fred Astaire


STARDUST / FRANK SINATRA / Mark Warnow Lucky Strike YOur Hit Parade (1943)


Stardust / Frank Sinatra with Tommy Dorsey
posted by daisy holiday at 19:28| daisy holiday 2020

2020年04月13日

playlist - 4.12.2020

M1 : Young At Heart / Cyrille Aimée
M2 : Lean On Me / Bill Withers
M3 : Help Me / K.D.Lang
M4 : Desdemona’s Lament / barbara lawson
M5 : Bonjour Monsieur Hulot / Alice & Dan Lacksman
M6 : Going In A Field / David Kitt
M7 : Smoko Memories / 細野晴臣
M8 : 2021 / Vampire Weekend Feat. Danielle Haim
M9 : Happy Talk / Don Shirley
M10 : Daisy Bell / Wack-A-Doo

今週からしばらくは、細野さんのワンマンDJで
「手作りデイジー= Stay Home」(スタッフもなしの作り込み)をお送りします。
#01は・・・お楽しみに。


Young At Heart / Cyrille Aimée


Young At Heart / Frank Sinatra


Young At Heart / Dean Martin


Bill Withers - Lean On Me (1973 live)




Joni Mitchell - Help Me (1974)


Desdemona’s Lament / Jerry Lewis "Visit to a small planet"


Bonjour Monsieur Hulot / Alice & Dan Lacksman


Les vacances de Monsieur Hulot (trailer)


TELEX We are all Getting Old


Going In A Field / David Kitt


Death Cab For Cutie MMT Stage Only Version Bonzo Dog Doo Dah Band


細野晴臣-映画 『NO SMOKING』 サウンドトラック [Trailer]




Vampire Weekend - 2021 (Official Audio)


Happy Talk / Don Shirley


Happy Talk / Captain Sensible


Daisy Bell / Wack-A-Doo


Hal 9000 sings Daisy
posted by daisy holiday at 01:27| daisy holiday 2020

2020年04月04日

playlist - 4.5.2020

M1 : You Belladonna You / Jesse Davis
M2 : ひこうき雲 / 荒井由実
M3 : Sake Rock (Mono Version) / Martin Denny
M4 : Flowers / Tin Pan
M5 : ウォーカーズ・ブルース / 細野晴臣



ゲストに<林立夫さん>を迎えての音楽夜話。そのA。
感染防止対策(あくまでも個人的な)の情報を交換しつつ、本編へ。
お話は、アッコさん、ユーミンさんとの出会い〜あのTin Pan再開の話まで。


https://www.rittor-music.co.jp/product/detail/3119317109/


You Belladonna You / Jesse Davis


黙って座ってじっと聞け〜ネイティブアメリカン音の旅〜






The Muscle Shoals Sound


Martin Denny "Quiet Village" from Hawaii Calls


Martin Denny : Exotica Music - Interview / Documentary.


Otome-San / Arthur Lyman Group / 1964


Sake Rock / Martin Denny






Queer Notions / Tin Pan
posted by daisy holiday at 23:13| daisy holiday 2020