2018年01月07日

playlist - 1.7.2018

M1 : Tic-Tac-Toe / Hugo Winterhalter and His Orchestra
M2 : Voyage A Cuba / Emile Carrara Orchestra
M3 : Bye Bye / Ranny Sinclair
M4 : Come / Jain
M5 : Bounce of the Sugar Plum Fairies / John Kirby Sextet
M6 : Les Etoiles / Melody Gardot



レギュラーゲスト<岡田崇さん><コシミハルさん>を招いての音楽夜話。
お正月気分が抜けない?3人のゆる〜いトークはまだまだ続きます。
最後には、もう一方、ご挨拶に。


Tic-Tac-Toe / Hugo Winterhalter and His Orchestra


Voyage A Cuba (Miami Beach Rhumba) / Irving Fields Trio


Ranny Sinclair / Another Autumn - A Modern Harmonic Industrial Film Short


Bye Bye / Ranny Sinclair


Come / Jain


Bounce of the Sugar Plum Fairy / John Kirby Sextet


Bounce of the Sugar Plum Fairy (Dance of the Sugar Plum Fairy) / Plexophonic


Sugar Rum Cherry (Dance of the Sugar-Plum Fairy) / Duke Ellington


Les Etoiles / Melody Gardot
posted by daisy holiday at 02:23| daisy holiday 2018

2018年01月01日

playlist - 12.31.2017

M1 : What Are You Doing New Year's Eve? / Dick Haymes and Les Paul
M2 : Just A Gigolo / Joe Mooney Quartet
M3 : New Year's Eve In A Haunted House / The Beau Hunks Sextette
M4 : Unforgettable / Nat King Cole
M5 : 青空(My Blur Heaven) / 大津賀八郎



レギュラーゲスト<岡田崇さん><コシミハルさん>を招いての音楽夜話。
明けてお正月となる2018年幕開けの放送は? まさかのPC忘れで、、、
最後は、初笑い音源(へたジャズ!)で。


What Are You Doing New Years Eve? / Dick Haymes and Les Paul Trio


Just A Gigolo / Joe Mooney Quartet


2月にボー・ハンクス・セクステットがレイモンド・スコットの1930年代のカートゥーンジャズと呼ばれるクインテット作品を中心に完全再現した、永らく廃盤となっていた名盤2作品を、リル・デイジーから日本語対訳付き、新装特殊パッケージでリリースします!
・Celebration on the Planet Mars ・Manhattan Minuet
ジャケットはジム・フローラのイラスト↓でこんな感じ! お楽しみに!!




Powerhouse / The Beau Hunks Sextette


New Year's Eve In A Haunted House (Raymond Scott) / Stu Browns Twisted Toons


Unforgettable / Nat King Cole


最後に2018年初笑いとしてお送りしたのは浅草オペラの迷テナー、大津賀八郎の「青空 My Blue Heaven」でした。大晦日にぐらもくらぶからリリースされたCD『へたジャズ! 昭和戦前インチキバンド 1929−1940』に収録されています。
6年前にSP盤のCD復刻を意欲的にしているレーベル「ぐらもくらぶ」のイベントで聴いたこの「青空」。あまりの酷さ、いや、カッコよさ?にクラクラして主催者の保利透さんに「戦前にこんな音源があるなんて!こういう音痴レコードを集めてコンパイルしたら面白いんじゃない?!」なんてテキトーなことを言ってしまってから時は経ち、本当にCDになってしまいました。戦前の日本のジャズはたくさんの復刻CDが発売されていますが、こんなレコもあったのです!これもまた日本の戦前ジャズの一側面。ジャズが何かなんて知ったこっちゃない初期衝動を記録した貴重な音源たち。真面目な方にはオススメしませんが、興味のある方は是非。



・リル・デイジー・ショップでもお取り扱いしております!

・アマゾン
・流通元のメタカンパニーでは特典CDRがもらえるそうですよ。
posted by daisy holiday at 01:30| daisy holiday 2017

2017年12月23日

playlist - 12.24.2017

M1 : Santa Claus Will Be Here / Cara Stewart / Lee Hudson Orchestra
M2 : Sleigh Ride In July / Bing Crosby
M3 : Winter Wonderland / Johnny Mercer
M4 : Jingle Bells / Ondrej Havelka a jeho Melody Makers
M5 : The Christmas Song / Nat King Cole
M6 : All I Want For Christmas (Is My Two Front Teeth) / Nat King Cole
M7 : Silent Night / Gondo's Carol Brass Ensemble



レギュラーゲスト<岡田崇さん><コシミハルさん>を招いての音楽夜話。
クリスマス当日となった今年は、なにか特別な、、、と思っていたんですが、、、
いつも通り?です。

クリスマスソングたっぷりの30分でお楽しみください。


1曲目にご紹介したCara Stewartをご存じの方はほとんどいらっしゃらないと思います。
アメリカには40年代頃からソングポエムという文化があったそうで、タブロイド紙やコミック雑誌の後ろの広告ページには、
「歌詞求む!有名作曲家、編曲家、ミュージシャンに協力して下さい。
 査定は無料。すぐ送って下さい。一攫千金も夢じゃない。」
などと書かれていて、実際に歌詞を送ると、あなたの歌詞はヒットする見込みがあります!レコードにする価値があります!そのための費用として〇〇ドルを送ってください。という返信があり、実際にお金を支払うと、歌詞に曲がつけられ専属歌手が歌ったレコードが届くという仕組み。もちろん、この中からヒット曲が出たことはありませんでした。
Cara Stewartはそんなソングポエム系の歌手で、リー・ハドソン率いるスタジオに所属していました。リー・ハドソンのスタジオは、数多く存在したこの手の音楽スタジオの中では最高級の設備を備えたもので、自社レーベルは持たずにプロダクション制作のみに専念していたため、他のレーベル/スタジオよりも楽器・機材に経費を使うことが出来たようです。
リー・ハドソン社の広告には、
「ピアノ、ベース、ドラム、リズムギター、リードギターとCARAの歌で16.75ドル!4ヴァイオリン/8ヴァイオリンのオプションも承ります!」
と謳われていました。リー・ハドソンのサウンドは、ヴァイオリンでレス・ポールのような多重録音をしていたDanny Guglielmiのサウンドにも似ていて、ちょっと変わっていて数多あるソングポエムレコードの中でも突出しているのですが、メロトロンの前身とも言えるチェンバリンという楽器を使用してるのもその特徴の一つだと思います。
最初にその存在を知った曲「Our Space Ship」も聴いてみてください〜
Our Space Ship / Cara Stewart


1971年放映のビング・クロスビーのクリスマス・プログラムもお楽しみください〜
Bing Crosby and the Sounds of Christmas (1971)


チェコの粋人、オンドレイ・ハヴェルカは、PVも最高でございます〜
Jingle Bells / Ondřej Havelka


ついでにライブ映像も、お楽しみください〜
White Christmas / Ondřej Havelka


The Christmas Song / Nat King Cole


ついでに、エド・サリヴァン・ショーでのチップマンクスのクリスマス・ソングもどうぞ〜
The Chipmunks Song (Christmas Don’t Be Late) / Alvin and the Chipmunks


最後にお送りしたのは、今回の放送のおしゃべりのバックでも流れていたゴンドウトモヒコさん率いる管楽器六重奏「Gondo's Carol Brass Ensemble」による『サイレント・ナイト』。
素敵なクリスマスアルバムなのです。ジャケットデザインは僕が担当させていただきました。ゴンドウさんとは高校生の時に僕の実家で泊まり込みで一緒にデモテープを作った仲。約30年後にこうして一緒に仕事が出来るとは感慨深いなぁ〜と、しみじみ。
ではでは、皆さま、素敵なクリスマスをお過ごしください〜(岡田)
Gondo's Carol Brass Ensemble "Silent Night | Album Digest"
posted by daisy holiday at 22:15| daisy holiday 2017