2017年12月17日

playlist - 12.17.2017

M1 : Botanic Panic / Kristofer Maddigan
M2 : Rudolph the Red-Nosed Reindeer / 細野晴臣
M3 : Kindergarten Flower Pageant / Ghost Train Orchestra
M4 : Yuki-ya-konko / Swing Slow



レギュラーゲスト<岡田崇さん>との音楽夜話。
来週のクリスマス本番を前にちょっとクリスマス気分を、、、。
ご存知お笑い好きな細野さんにいま来ている芸人は?
なななな〜なななな〜、、、。


Cuphead Announcement Trailer | Xbox One | Windows 10 | Steam


New Cuphead Gameplay From Gamescom 2017


Cupheadのアナログサントラの仕様はこちらでチェック!
Cuphead Soundtrack LP Unboxing and Review


iam8bit.jp ここで買えるよ!


ジョイマン「ラップで輪唱」


ゴッドタンフジモンのジョイマンwwジジイ芸人キレ悪選手権E 20171118




ブライアン・カーペンター氏率いるGhost Train Orchestaの最新作からAlec Wilderの”Kindergardn Flower Pageant”でした。これはAlec Wilder Octet時代の作品で30年代後半レイモンド・スコットがセンセーショナルを起こしていた時、”レイモンド・スコットのような音楽は作れないか”と問われたワイルダーができるよ!と発言したことに端を発して書かれた楽曲群をオクテットで録音、米コロムビアからリリースされたもの。フランク・シナトラがワイルダーを支持していて、シナトラ式にワイルダー作品集も制作されている。ワイルダーはアメリカ音楽評論家としても確固たる地位を確立していて、「American Popular Song: The Great Inovators, 1900-1950」という著作はアメリカポピュラーソングを語る上でリファレンスとなっています。活動、私生活共に映画になりそうな人物。
Ghost Train OrchestraのCDはリル・デイジーのサイトでも絶賛発売中です!

Ghost Train Orchestra in the studio


Good Morning,Mr.Echo / Swing Slow



posted by daisy holiday at 06:49| daisy holiday 2017

2017年12月11日

playlist - 12.10.2017

M1 : Confess / Patti Page / George Barnes Trio
M2 : Peg O’ My Heart / Jerry Murad's Harmonicats
M3 : Brazil / Les Paul
M4 : The Sheik of Araby / Sidney Bechet's One Man Band
M5 : Crazy Rhythm / Dorothy Collins / George Barnes / Raymond Scott
M6 : Three Motown Electronium Adaptations by Hoby Cook / Raymond Scott



レギュラーゲスト<岡田崇さん>との音楽夜話。
<Patti Page>でスタートし、<Les Paul>、<Harmonicats>などの楽曲を紹介しつつ、
エコー成分などの研究や当時のレコーディング技術などについてのお話を。
最後は<Raymond Scott>の不遇な時代に、、、。



話に登場した田中勝則さんの解説も内容もすんばらしいディスコロヒアからリリースのパティ・ペイジのCDは、こちら

パティ・ペイジによるボーカル多重録音による「告白」。伴奏はジョージ・バーンズ。
エンジニアはビル・パットナム。
Confess / Patti Page and the George Barnes Trio


同じスタジオで、パットナムによって録音されたハーモ二キャッツの録音では、スタジオの入っていたシカゴ市民オペラ劇場の大理石張りの男子トイレにマイクとスピーカーを設置して得たエコーが取り入れられた。
Peg O’ My Heart / Jerry Murad's Harmonicats


多重録音のパイオニア、レス・ポールとパットナムとは情報交換をする間柄であったという。
Les Paul Documentary part 5 0f 5


The Sheik of Araby / Sidney Bechet's One Man Band


レイモンド・スコットの奥さんでもあるドロシー・コリンズとジョージ・バーンズによるシングル「Crazy Rhythm」。この時期バーンズはレイスコが出演していたお茶の間の人気番組『Your Hit Parade』でギターを弾いていた。パットナム、レイスコと最新の録音現場に居合わせ、このあとレス・ポール邸に居候することになるバーンズについてはもっともっと掘っていきたいですな。バーンズの1946年のオクテット作品も必聴ですヨ。
Momma Dont Allow it / Dorothy Collins and Raymond Scott Hit Parade Orchestra / George Barnes


最後は、時代との折り合いがつかなかったレイモンド・スコットのMOTOWN時代の記録を。
今年発売された電子音楽集『Three Willow Park』から。
Three Willow Park promo / Raymond Scott



「Angel On My Shoulder」at 札幌市教育文化会館 大ホール
〜細野晴臣“リリース記念ツアー”スペシャルムービー企画「昨日の1曲」





PR

自分へのクリスマス・プレゼントを何にしようかお悩みの方へ。
リル・デイジー・ショップでCDやLPはいかがですか?
レイモンド・スコットの最新電子音楽集『Three Willow Park』LP/CD好評発売中です!
チェコの粋人オンドレイ・ハヴェルカのCD/DVDもオススメですし、
ブライアン・カーペンター率いるGHOST TRAIN ORCHESTRAの最新作もサイコーっす。
GOTYE監修のジャン・ジャック・ペリーのレコードもスペシャル感あってイイかもね。

試聴はタダだし、是非お試しを!
http://lildaisy.theshop.jp





posted by daisy holiday at 01:26| daisy holiday 2017

2017年12月02日

playlist - 12.03.2017

M1 : Do You Wanna Jump, Children? / Leo Watson / Gene Krupa and His Orchestra
M2 : The Man With The Mandolin / Leo Watson and His Orchestra
M3 : Wire Brush Stomp / Gene Krupa and His Orchestra
M4 : Caravan / Shay Torrent
M5 : The Dark At the Top of the Stairs / David Carroll and His Orchestra
M6 : Be Doggone Sure You Call / Jane Turzy Trio with Remo Biondi Orchestra



レギュラーゲスト<岡田崇さん>との音楽夜話。
先日の中野サンプラザでのコンサートのお話に続き、
<Leo Watson><Gene Krupa><Shay Torrent>などの楽曲を紹介。



今日は細野さんの新譜『Vu Ja De』の1曲目「Tutti Frutti」にまつわることで、横道に外れていきたいと思います。
参照音源として、ジーン・クルーパ楽団の演奏で「Tutti Frutti」を、歌はレオ・ワトソン。
Tutti-Frutti (1938) / Gene Krupa & Leo Watson


もう1曲。
Do You Wanna Jump, Children? / Gene Krupa, Leo Watson


レオ・ワトソンはスピリッツ・オブ・リズムという楽団をテディ・バンと組んでいた人物。昔『デイジーワールドの集い』で16フィルム映画を上映した際に、フィルム版ジュークボックス“パノラム”用のフィルムとしてご紹介した目玉のカンターことエディ・カンター主演のAlabamy Boundにも出演していました。
Tom Tom / The Four Spirits of Rhythm


お送りしたジーン・クルーパ楽団のギタリストはレモ・ビオンディ(Ray “Remo” Biondi)。
クルーパとビオンディ共作の曲がこちら。
Wire Brush Stomp / Gene Krupa Small Combo


あまり知られてないビオンディですが、その名前を知るきっかけとなったレコードがこちら。
シャイ・トレントはシカゴ・ホワイトソックスのスタジアム・オルガニストとして活躍した人物。このバッキングでマルチ弦楽器奏者として参加しているのがビオンディでした。
Caravan / Shay Torrent at The Hammond Organ


9月10日のA~Zのコーナーで紹介されたJane Turzy盤の「Good Morning Mr. Echo」。
その伴奏を担当していたのがビオンディ楽団。マーガレット・ホワイティングのバージョンが有名な曲ですが、こちらがオリジナル。UREIやユニバーサル・オーディオといったスタジオ機材を産み出し、現代の音楽スタジオの基礎を作ったひとりと言われるエンジニアのビル・パットナムの作曲で、まぁエコーの開発とともに生まれた曲な訳ですね。
Good Morning Mister Echo / Jane Turzy with Remo Biondi Orchestra


もう一曲、そして、とりとめもなく、また来週に続きます。。。
Guitfiddle Glide / Remo Biondi & His Orchestra



「Tutti Frutti」at 都久志会館
〜細野晴臣“リリース記念ツアー”スペシャルムービー企画「昨日の1曲」




「El Negro Zumbon (Anna)」at NHK大阪ホール
〜細野晴臣“リリース記念ツアー”スペシャルムービー企画「昨日の1曲」


posted by daisy holiday at 04:42| daisy holiday 2017