2022年03月31日

playlist - 4.3.2022

M01 : Cry Me a River / Julie London (1955)
M02 : Witch Doctor / David Seville~A.K.A. The Chipmunks (1958)
M03 : Summertime Blues / Eddy Cochran (1958)
M04 : Rubber Ball / Bobby Vee (1960)
M05 : Sit Down I Think I Love You / Mojo Men - Buffalo Springfield (1966~67)
M06 : Anything Goes / Harpers Bizarre (1967)
M07 : Simon Smith and the Amazing Dancing Bear / Harpers Bizarre (1967)
M08 : Simon Smith and the Amazing Dancing Bear / Harry Nilsson (1969)
M09 : Simon Smith and the Amazing Dancing Bear / Randy Newman (1972)
M10 : Sail Away / Randy Newman (1972)
M11 : I'm In Great Shape / I Wanna Be Around / Workshop / Brian Wilson
M12 : Laurel Canyon Blvd / Van Dyke Parks (1967)
M13 : Pig Meat / Ry Cooder (1970)
M14 : How Can You Keep Moving / Ry Cooder (1972)
M15 : Midnight At The Oasis / Maria Muldaur (1973)

今週は、月頭恒例の細野さん完全監修制作の「手作りデイジー」です。
長かった60年代の旅を終え?今回は「バーバンクとレニー・ワロンカー」で。


Burbank & Waronker Family

Julie London - Cry Me a River (1956)

女はそれを我慢できない(The Girl Can't Help It / 1956)より
アーサー・ハミルトン作曲で、映画『Pete kelly’s Blues』の挿入歌として作曲されエラ・フィッツジェラルドが歌う予定でしたが採用されず、その映画の監督兼主演をしていたジャック・ウェッブが勿体無いと離婚したばかりの元妻のジュリー・ロンドンに歌うことを薦めたとか。ジュリー・ロンドンがリバティ・レコードで吹き込むようになった経緯は、ジャック・ウェッブと離婚後に交際していた当時の彼氏で後に結婚することとなるリバティ・レコードの看板アーティストのボビー・トゥループ(Route 66の作者)との関係から。

Witch Doctor / David Seville 1958

ムシ声ノベルティーの雄、チップマンクスのアイデアの元となった大ヒット曲『ウィッチ・ドクター』。エド・サリヴァン・ショー出演の時点ではこのようにチップマンクスのキャラクターは登場しません。

The Alvin Show - The Witch Doctor

1961年から放映されたチップマンクスのアニメ『ALVIN SHOW』から。丸メガネをかけたブルーの衣装を着たシマリス、サイモンの名前は、もちろんサイモン・ワロンカーの名前からいただきました。

Patience & Prudence: Tonight You Belong To Me, 'Live' on The Perry Como Show

リバティ・レコードのドル箱スターといえばもう一組、Patience & Prudence。ペリー・コモ・ショー出演時の映像をどうぞ。彼女らのお父さんはマーク・マッキンタイアという人物で、チップマンクスの生みの親デヴィッド・セヴィルの音楽面を全面的にサポートしていた右腕的存在。彼女らのデビューもセヴィルの発案だとか。
Patience & PrudenceのCDはリル・デイジーのオンラインショップで販売中なので気になる方は是非〜https://lildaisy.theshop.jp

Summertime Blues / Eddy Cochran (1958)


C'mon Everybody / Eddie Cochran


Rubber Ball / Bobby Vee (1960)


More Than I Can Say / Bobby Vee


Sit Down I Think I Love You / The Mojo Men


Sit Down I Think I Love You / Buffalo Springfield


Anything Goes / Harpers Bizarre (1967)


Simon Smith & The Amazing Dancing Bear / Harpers Bizarre


Simon Smith & The Amazing Dancing Bear / Harry Nilsson


Sail Away / Randy Newman


The Beach Boys - Smile - I'm In Great Shape / I Wanna Be Around / Workshop (Stereo Wilson Edit)


Laurel Canyon Blvd / Van Dyke Parks


Pig Meat / Ry Cooder


How Can You Keep Moving / Ry Cooder


Midnight At The Oasis / Maria Muldaur


Jim Kweskin Let's Sing Out, Ep 93 – 22 Feb 1966


Walkin' One & Only / Maria Muldaur with Dan Hicks


Lenny Waronker: former A&R man & President of Reprise & Warner Bros. Labels
posted by daisy holiday at 03:53| daisy holiday 2022

2022年03月27日

playlist - 3.27.2022

M1 : Go Around / Shuta Hasunuma & U-zhaan
M2 : Guess Who / Shuta Hasunuma & U-zhaan
M3 : Good News / Shuta Hasunuma & U-zhaan



今週は、ゲストに<蓮沼執太さん>と<U-zhaanさん>を迎えての音楽夜話。
今年2月にリリースされたアルバム<Good News>を聞きながら、近況や思わぬBad News?を。


Go Around / Shuta Hasunuma & U-zhaan


【高齢者講習】運転免許更新の認知機能検査の本番問題@


Guess Who / Shuta Hasunuma & U-zhaan


若林忠宏 インドの太鼓言葉:Tabla Bol


若林忠宏:Very Old Recording:Piano Improvisation


lata mangeshkar / QADAR JAANE NA -LATA JI- RAJINDER KRISHAN - MADAN MOHAN ( BHAI BHAI 1956 )


Charanjit Singh - Raga Bhairav (1982)


R.D. Burman - Mukti (1977) - Dance Music


The lord Speaks Promo


Good News / Shuta Hasunuma & U-zhaan


Shuta Hasunuma & U-zhaan : LIVE at Pioneer Works, New York 2018


Shuta Hasunuma Philharmonic Orchestra - M28
posted by daisy holiday at 03:47| daisy holiday 2022